iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター
ホーム > 製品活用ガイド > topic > Androidデータ復元 > 誤消去してしまったAndroid内の連絡先をMacに復元する方法

誤消去してしまったAndroid内の連絡先はMacに復元可能!

Wondershare ワンダーシェアー 編集者
Jun 10,2015 19:21 pm / 編集者: カテゴリ: Androidデータ復元

日々広がる人間関係と、それに伴ってスマホに溢れる連絡先のデータ。

この人とはもう連絡を取り合っていないし、消しちゃおう、と削除ボタンを押してから「本当は消しちゃいけないアドレスだった!!どうしよう!?」となってしまったらどうしますか?。連絡先のバックアップを取る専用アプリもありますが、個人情報のかたまりを外部のアプリに通すのは少し不安ですよね。そこでおすすめしたいのがWondershare Dr.Fone for Android(Mac版)です。

誤って消去してしまった連絡先データを簡単に復元することができます。復元に必要なステップはたったの4つ。しかも画面の案内に従うだけでどなたでも簡単にできます。

以下では具体的な方法をご説明しますので、ぜひ以下無料体験版をクリックして実際にやってみてください。

Mac版ダウンロード       Windows版ダウンロード

マークしてPCで無料体験する :

Dr.Fone for Android(Mac版)で誤って削除してしまった連絡先をMacに復元する方法

ステップ1:Dr.Fone for Android(Mac版)をインストール

インストールが完了したら、このソフトを起動します。次に、USBケーブルでデバイスとMacを接続します。

デバイスを接続

ステップ2:デバイスの「USBデバック」を有効にする

Dr.Fone for Android(Mac版)が接続されたデバイスを正しく認識すると、USBデバックを有効にするようにと指示が表示されます。画面の表示に従ってデバイスを操作し、デバックを有効にしましょう。

USBデバック

ステップ3:スキャン前の準備

USBデバックが有効になったことを Dr.Fone for Android(Mac版)が認識すると、画面が切り替わります。画面が切り替わったら、スキャンする前復元したいタイプの選択ができます。全てのデータを復元したい場合、全てのデータタイプをチェックマークに入れてください。すると、Dr.Fone for Android(Mac版)が接続デバイスのデータを全体スキャンし始めます。注意:分析・スキャンが正常に完了するように、この時点でバッテリー残量が20%以上であることをご確認ください。

なお、スキャン中は絶対に接続を解除しないでください。

データをスキャン

ステップ4:プレービュー&復元

スキャン完了後、復元できるデータの一覧が表示されます。既存のメッセージ、連絡先、写真、動画などが結果一覧に表示され、削除されたものは赤字で表示されます。復元したいファイルを選択し、「復元」ボタンをクリックすると、データがPCに保存されます。PCに保存されたデータをAndroidにインポートすれば復元終了です。注意:無料体験版では復元まではできませんので、実際に復元をする場合は製品版をご購入ください。

連絡先をリカバリー

連絡先データはCSV,vCard,HTMLのいずれかの形式でMacに保存することができます。

以上で復元完了です。復元したデータはPCに保存されるので、ついでにバックアップも取ることができます。データをうっかり誤消去してしまっても安心の Dr.Fone for Android(Mac版)をぜひご利用ください。

Mac版ダウンロード       Windows版ダウンロード

マークしてPCで無料体験する :
関連トピックス
Androidで消してしまった大切な写真も重要な画像データも簡単復元
誤消去してしまったAndroid内の重要書類を簡単復元!
救世主現る!?Androidで削除してしまった写真をMacで復元する方法
この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

サイトマップ

Top