iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

京セラ(Kyocera)スマホのデータ復元マニュアル

1 京セラ(Kyocera)スマホデータ復元
2 京セラ(Kyocera)人気モデルのデータ復元

京セラ BASIOスマホのSMSメッセージを復元する方法

Dr.Fone for Android

京セラ BASIOスマホの使い勝手がいいシステムにSMSメッセージがあります。
これはどのスマートフォンでも使用できるシステムなのですが、京セラ BASIOスマホの場合は画面が大きくメッセージが見やすいという特徴があるのです。
そのため、SMSメッセージを頻繁に使用する事ができるのですが、チャットのように話せることからどんどん宛先やメッセージを増やしていく方多いと思います。

しかし、京セラ BASIOスマホを使用していると間違ってSMSメッセージを削除してしまったという事もありえるのです。
例えば、ちょっとした休憩時間にSMSメッセージを利用して友達や家族などの話していたとすると、休憩時間が終わった途端に会話をやめないといけないので、ホームボタンを押す方多いとお思います。
ですが、ホームボタンを長押しすると、アプリのメンテナンスモードになり、その状態でアプリの×ボタンを押してしまうと即削除してしまいます。

そのためSMSメッセージも纏めて誤削除してしまう可能性もあるので、安心して使用する事ができないというのが現状になります。
しかし、SMSメッセージだからこそ安心して楽しく使いたいと思っている方多いと思うのですが、その環境を作るにあたって欠かせないのが誤削除したデータを復元してくれるソフトです。
そこで復元ソフトを使用するのですが、人気のある復元ソフトとして、Dr.Fone for Androidを紹介します。

そんなDr.Fone for Androidの使用の仕方を紹介します。

ステップ1 インストール

Dr.Fone for Androidを使用するには、パソコンにインストールしてアプリケーションとして立ち上げられるようにします。

インストール

ステップ2データを分析

アプリケーションとして利用できるようになったら、次に京セラ BASIOスマホを接続して誤削除したデータも全て分析して表示してもらうようにします。

データ分析

ステップ3 プレビューそして復元

表示されたデータから自分が削除した連絡先を探すためにプレビューで中身を確認しながら、探していきます。
該当するデータが見つかったら選択して復元すると、誤削除したデータも復元する事ができるので、京セラ BASIOスマホの誤削除も怖くなくなります。

メッセージデータを復元

これから京セラ BASIOスマホを利用しようと考えている方は、誤削除した時のサポート役を確保して安心して利用できるようにしましょう。
Dr.Fone for Android自体は初心者でも簡単に使用できるので、特別な知識は必要なく誤削除した時に使用するという感覚で利用出来ます。
連絡先を誤削除すると、大事な人と連絡がとれなくなるので、もしもの時を考えてDr.Fone for Androidという復元ソフトを活用しましょう。

ホーム > 製品活用ガイド > Androidデータ復元 > 京セラスマホデータ復元 > 京セラ BASIOスマホのSMSメッセージを安心して使用

サイトマップ

Top