iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

うっかりAndroidデバイスで通話履歴を消してしまった!こんな時の強い味方

いわゆるスマートフォンがこれだけ市民権を得てしまうと、スマートフォンが出始めたころに聞かれた「ボタンを押した実感がない」というコメントも、過去のものになってしまった感がありますね。とはいうものの、やはりボタンを押した実感がないというのは今も感じるもので(機種によっては、軽く振動したりしてボタンを押したことがわかるような機能が付いているものもあると思いますが)、キーの打ち間違いであれば大した影響はないですが、着信履歴、発信履歴を見ていて、ふと触った拍子にこれから発信しようとしていた番号を「削除」してしまった!なんてこと、ありませんか?

PCのソフトのように「Undo」ボタンがあるわけでもなく、こういったデバイスで「指が滑って」しまったり微妙に触れる場所がずれて「削除」ボタンの方に触れてしまったら、一大事。そんな事態の時に役に立つのがWondershare Dr.Fone for Android(Mac)です。

操作はとても簡単です。Wondershare Dr.Fone for Android(Mac)を立ち上げると、水色と白のシンプルな画面で、左側の水色の部分にプロセスが記載されており、そのプロセスに対する操作手順が右側に表示されるという、なんともわかりやすいソフトです。 さて、削除してしまった通話履歴ですが、次のような手順で復元していきます。

まず、対応しているデバイスを調べておきましょう。下記URLをご一覧ください。
https://www.wondershare.jp/reference-mac/android-data-recovery.html

ステップ1.USBデバッグを有効化します

アンドロイドデバイスをMacに接続します。次の画面で、Androidのバージョン毎に対応する操作が異なるので、自分のデバイスに合ったバージョンのタブをクリックして、操作手順に従います。バージョンは次のような区分になっています。
・Android2.3またはそれ以前
・Android3.0-4.1
・Android4.2またはそれ以降
なおこのステップは、以前USBデバッグを有効にした場合は、スキップできます。

Dr.Fone for AndroidのUSBデバッグを有効にする

ステップ2 お持ちのデバイスにあるデータを分析します

Dr.Fone for Android(Mac)はここでMacとデバイスを接続させるので、画面に表示された復元したいファイルの種類から、「通話履歴」を選びます。なお、復元できるファイルとして、通話履歴の他に、連絡先・メッセージ・WhatsAppメッセージと添付ファイル・写真・音声・ビデオ・文書 です。「次へ」をクリックして、次の画面で「開始」をクリックして、データのスキャンを開始させます。

アンドロイドのデータをスキャン

ステップ3 スキャン結果一覧に表示れるすべての復元可能なファイルをプレビューします

Dr.Fone for Android(Mac)はデバイス内のスキャンを始め、スキャン結果が表示されます。デバイス内のファイルの種類(数)が表示されるので、「通話履歴」をクリックします。削除されてしまった通話履歴が赤文字で表示されるので、復元したいものの一番左にあるチェックボックスにチェックを入れ、画面右下の「復元」ボタンをクリックします。 復元したデータは「Mac」へ保存されます。デバイスに復元されるわけではないので、ご注意ください。

削除された通話履歴を検出

今回は、Mac版でご紹介しましたが、Windows版の同ソフトもあります。こうしたデバイスの「いざ」という時は意外と頻繁なので、結構必須なソフトだったりしますね。Mac OSは、OS Xの10.7、10.8、10.9、10.10.3まで動作します。


                         
ホーム > 製品活用ガイド > topic > Androidデータ復元 > MacでAndroidデバイスで通話履歴を復元する方法

サイトマップ

Top