iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

Macで京セラ BASIOスマホの連絡先などのデータを復元する方法

京セラ BASIOスマホを楽しく使用するために欠かせない事として、連絡先をしっかり保存して連絡したい時に連絡する事が可能な環境を作る事です。
特に京セラ BASIOスマホは御年輩の方でも使用できるように画面も大きくなり、電話も簡単にできるように大きなボタンで表示されるなど魅力的な機能を沢山備えているのです。
そのため、使いやすいスマートフォンとして人気がある京セラ BASIOスマホなのですが、人が使用する以上欠かす事ができない事に連絡先の誤削除があります。

連絡先はメールドレスや名前やチャットのID等様々な情報を保存しているのですが、頻繁に使用してると誤削除してしまう可能性があります。
例えばメールを送る時に連絡先から引用して送る時に、間違えて削除してしまったりする事があるので、メールを送る事に恐怖を感じてしまうのです。
またチャットをする時も連絡先から引用を繰り返してしまうと、間違えて削除してしまう事もあるので、連絡先に関しては誤削除してしまうことがあります。

しかし、京セラ BASIOスマホを使用している時に連絡先の誤削除の心配があると安心して使用できないので、誤削除しても心配がない状態を作る必要があります。
そこで、Wondershareの「Dr.Fone for Android(Mac版)と呼ばれる復元ソフトを使用する方法があり、このDr.Fone for Androidを使用する事で誤削除した連絡先、写真などさまざまなデータを復元する事が可能です。

そんなDr.Fone for Androidの使い方を簡単に紹介します。

ステップ1 デバイスを接続

Wondershareの「Dr.Fone for Android(Mac版)をインストール後、USBケーブルでお持ちの京セラ BASIOスマホをMacに接続します。

デバイスを接続

ステップ2データを分析

そして、復元したいファイルの種類を選択します。誤削除したデータも全て分析して内容を表示させます。

データ分析

ステップ3 プレビューそして復元

そして、プレビューをしながら自分が誤削除したデータを探して、該当するデータを選択して復元をクリックするだけで復元が可能になります。

連絡先を復元

京セラ BASIOスマホは「Dr.Fone for Android(Mac版)と呼ばれる復元ソフトを使用する事で安心して使用する事が可能になります。
これから京セラ BASIOスマホを使用しようと考えている方は、バックアップ面で安心できるDr.Fone for Androidを活用してより安心して使用できる環境を整えましょう。
京セラ BASIOスマホの連絡先などのデータはDr.Fone for Androidを使用して、安心できる状態を作っていきましょう。

ホーム > 製品活用ガイド > topic > Androidデータ復元 > 京セラ BASIOスマホの連絡先を安心して保存

サイトマップ

Top