iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

AndroidのWhatsApp及び添付ファイルを復元

メールは手軽な連絡手段の1つですが、スマートフォンではチャットを利用して仲間内で連絡をとっている方も多いと思います。Androidでは、チャットのツールにWhatsAppがあるため、複数人でのやりとりの中でメッセージの他に写真や動画を添付して楽しむことができます。そんなWhatsAppでメッセージなどの整理をしている時、勘違いで大切なメッセージやファイルを削除してしまった場合は動揺してしまうのではないでしょうか?

そこで、こうしたピンチの状況で力を発揮してくれる復元ソフトを紹介したいと思います。数あるソフトの中でも多くの利点を合わせ持っているのがWondershare Dr.Fone for Android(Windows版)です。このソフトならWhatsAppに関連したデータや連絡先なども復元できますし、何よりも復元する上での操作も難しい部分はないため、短時間で復元が完了すると思います。それでは、このソフトを使用しながらWhatsAppのメッセージやファイルの復元の仕方を段階ごとに説明していきたいと思います。

ステップ1.PCにお持ちのデバイスを接続し、USBデバッグを有効にします。

まずは作業の前にきちんとソフトのインストールを済ませ、その後でソフトを起動していきます。次はAndroidをWindowsに接続し、USBデバックという設定の作業に移ります。これはAndroid本体の設定になりますが、手順は画面上に表示されるので作業自体は悩まずに行えると思います。

USBデバッグを有効にする

ステップ2 お持ちのデバイスにあるデータを分析します

そして、設定が完了するとソフト上で端末の情報が読み込まれ、復元するデータを選択できるようになります。今回はWhatsAppのメッセージやファイルを復元するため、表示されているWhatsAppの項目だけを選択するようにします。復元するデータ選んだ後は「次へ」のボタンでスキャンの作業に進み、「開始」ボタンで本体のデータが分析されていきます。

アンドロイドの内容を検索

ステップ3 スキャン結果一覧に表示れるすべての復元可能なファイルをプレビューします

分析が終わるのを待ち、続いては画面左のWhatsAppのメッセージやファイルの項目を選択します。それによって、消えてしまったWhatsAppの内容が確認できるため、その中から目当ての復元したいデータにチェックを入れるようにします。そして、実際に復元を行うには画面右下の「復元」ボタン1つで作業が完了し、選択したWhatsAppのデータも手元に戻ると思います。

whatsappを復元

WhatsAppを利用する上で大切なことは、まず誤消去をしてしまっても安心できるようにバックアップをしっかりと作成しておくことです。ちなみに、WhatsAppの画面で「設定」の項目から「チャット設定」に進むことで、手軽にバックアップをとることが可能です。そして、WhatsAppのデータの整理がしたい場合は同じく「設定」から「アカウント情報」に進むと、今現在のメッセージ数や容量など使用している状況を確認できます。それを見ながら無駄なくデータを整理し、誤消去に注意しましょう。

今回のWondershare Dr.Fone for Android (Windows版)は初心者の方でも難なく使用できる手軽な操作に加え、WhatsAppのデータ以外にもSDカード上の写真や動画を復元できる対応力も特徴の1つになります。さらに、データを復元する際もそれぞれの内容を確認できるので、確実に復元したいデータを選べる部分もうれしい点だと思います。

このように使いやすさと同時に様々な活用ができるため、WhatsAppのデータだけでなく、Androidのデータの復元に困った時はこのソフトを使用してみてください。

win版ダウンロード Mac版ダウンロード
ホーム > 製品活用ガイド > topic > Androidデータ復元 > AndroidのWhatsApp及び添付ファイルを復元

サイトマップ

Top