iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

iTunes同期とiTunesバックアップの違い及び同期できない時の対応法

USBケーブルを使ってiPhoneをパソコンに接続させることによって、iTunesと繋げることが出来ます。そして、iPhoneだけでなく、iPodやiPadでも『同期』と『バックアップ』が出来ます。では、『iTunes同期』と『iTunesバックアップ』の違いはご存知でしょうか?

また、事情によって、iTunesと同期できない場合もあります。音楽、写真、ビデオ…色々と転送したいのに、iTunes同期が無理の場合どうしましょうか?ここで上述の質問を回答させていただきます。

iTunes同期とは

iTunes同期とは、簡単に説明すると、iTunesの中のデータをiPhoneなどのAppleデバイスに移す、ということ。イメージとしては、iTunesのデータをiPhoneなどのAppleデバイスに『追加』する、というよりは、iTunesのデータをそっくりそのままAppleデバイスに『上書き保存』する、といった感じ。『上書き保存』ですから、もしiTunesに入っていなくて、デバイスには入ってるデータがあった場合、そのデータは消えてしまいます。これが『同期』の気を付けなければいけないポイントです。iTunesとAppleデバイスを同期させた時、主体になるのはiTunesの方。ですから、この両者を同期させたときに、優先されるのはiTunesのデータ。こういった理由で、iTunesに入っていないデータは消えてしまうんです。普段よく使うのはiPhoneなどのデバイスの方なのに、なんだか不思議ですよね。
もちろん、iPhoneのデータを消さずにiTunesと同期させる方法もありますが、その方法は最後に説明します。


iTunesバックアップとは

iTunesバックアップとは、わかりやすく説明すると、iTunesを使ってiPhoneの中のデータのコピーをパソコンの中に保存する、ということ。保存される先はiTunes内ではなく、パソコンの中、というのがキモです。ですから、バックアップをとったとしても、例えばiTunesには無くてデバイスには入っている音楽データがあった場合、その音楽データがiTunesに追加されることはありません。あくまで、デバイスに何かあって、デバイス内の連絡先などのデータが消えてしまった時のために、予備をパソコンの中に作っておく、というイメージ。
バックアップはiTunesで作ることもできますし、iTunesを使わずに作ることも出来ます。iTunesを使った場合、バックアップはパソコンの中に保存されますが、iTunesを使わなかった場合はiCloudに保存されます。iCloudにバックアップをつくる場合は、デバイスを操作をすることによってバックアップをつくります。



一見似ている『同期』と『バックアップ』ですが、実はこんなに違いがあるということ、あなたはご存知でしたか?この2つの違いを正しく理解して使いこなすとこが、Appleデバイス活用の為の必須条件といっても過言ではないでしょう。『同期』と『バックアップ』が混同してしまっていた方は、この2つの違いが理解できたでしょうか?

iPhoneのデータを消さずにiTunesと同期させる方法をご紹介します。

TunesGoでiPhoneのデータを消さずにiPhone音楽同期させる方法(iTunes不要)

TunesGo(Windows版)はパソコンやiOS、Androidデバイス、iPodの間に、曲を自由自在に転送するソフトです。(iTunes要りません)つまり、iTunesと同期できない場合、TunesGoを使って、音楽を自由にiPhoneからパソコンへ、PCからiPhoneへ転送することも可能です。
Windows版とMac版の操作方法は似てますから、下記の手順をご覧いただければ、誰でもかんたんに曲転送できます。まず、TunesGoを下記のボタンよりダウンロードしてください。

STEP1.TunesGoをクリックし、USBケーブルでiPhoneとパソコンを接続します。iPhoneの情報が『TunesGo』画面に表示されます。

iphone管理メイン


STEP2.

①一括追加

「iTunesメディアをデバイスに転送」をクリックしたら、下記の画面が表示されます。
そして、iTunes内の音楽を一括選ぶか、プレイリストを選択して、iPhoneに転送します。

音楽追加

②カスタマイズ追加

「音楽」のタグをクリックするとiPhone内の音楽データの情報が表示されます。『追加』をクリックして、iPhoneに音楽を追加することが出来ます。
iTunes内の音楽データは通常、パソコンのミュージックフォルダ内の、『iTunes』というファイルに格納されています。ここから追加したい音楽データを選択したら、作業が終了となります!これでiPhoneにiTunesの音楽を追加しました。

音楽追加

iPhoneの音楽をiTunes/PCにバックアップする方法

言うまでもなく、iPhoneにある音楽、写真、連絡先などデータをバックアップする必要があります。iTunesがうまく同期できない場合、TunesGoは頼りになれます。無料お試すがあるため、下記のボタンでソフトをダウンロードしてください。

♪音楽をiPhoneからiTunes/PCにバックアップ

TunesGoを起動したら、メイン画面にて「iTunesライブラリを再構築」をクリックすると、iPhoneにあるメディアをiTunesに一括転送することができます。

音楽追加

iTunesをパソコンにインストールしていない場合、「音楽」をタグを押して、バックアップしたい音楽を選択した上に、「エクスポート」をクリックして、保存先を選べば、iPhone音楽のバックアップが始まります。

音楽追加

音楽以外のデータをTunesGoでパソコンや他のスマホにバックアップ・移動することができます。手軽にiPhone、iPodを管理したい方なら、是非TunesGoの無料体験をお試しください。

ホーム > 製品活用ガイド > iOSデータ管理・移行 > iTunes関連 > iTunes『同期』と『バックアップ』の違い?

サイトマップ

Top