iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

次期iPad Air新機能

■次期iPad Airの新機能紹介

次にそのデザインですが、同じくETNewsによると、液晶のサイズや解像度などの基本的なスペックは、現在のiPad Airとまったく同じだとされています。 そのかわり、大きくわけると「プロセッサ(処理装置)」と「カメラ」の2点が大幅に機能アップして搭載されるようです。


ニュースサイト9to5Macは、「プロセッサに関しては新しくA8を搭載を予定している」と報じており、処理能力の向上と消費電力の削減が期待できます。


一方ETNewsは、背面カメラが現在の500万画素から800万画素に、前面のカメラも120万画素から150万画素へ強化されると伝えています。前面カメラの画素数がアップすることで、Facetime利用時や自撮りの際にその画質を体感できると期待できそうです。 また、次期iPad Airのモックアップ(模型)と現在のiPad Airの比較動画がTLDTodayによって公開されています。 その動画や、これまでにリークされてきた数々の写真と情報によって、次期iPad Airには新しくTouch ID(指紋認証)センサーが搭載されるとの見方が強くなってきています。


Touch ID、つまり指紋認証センサーが搭載されるということは即ち、私たちにより一層の便利さと安全さを約束してくれる、ということです。 すでにiPhone 5sにこのTouch IDセンサーが搭載されていますが、その利便性には多くの人が賞賛の声をあげています。毎回とても面倒だったパスワードの入力なしで、ロック解除からアプリ購入、音楽の購入などができるようになりました。


もちろん、指紋認証なので、他人に使用されることはありません。 ちなみにiPhone 5sの場合、登録できる指紋の数は5つです。次期iPad Airにも同様のTouch IDセンサーが搭載されれば、自分の指を5本登録してもいいですし、自分の指紋に加えて家族の指紋を登録しておくことで、iPad Airを共有することもできます。

■次期iPad Airの販売日

昨年11月に発売され、その薄さ、軽さに世界中が衝撃を受けたiPad Airですが、いよいよ新しいモデルが出るのでは?という声が聞こえてきています。どうやら今年発売されるといわれているiPadは、現在のデザインをそのまま引き継ぐとの噂なので、巷では「次期iPad Air」と呼ばれているようです。


さらなる期待が高まる次期iPad Air、発売はいつ、そしてどんなものになるのでしょうか? 韓国のニュースサイトETNewsは「LGディスプレイ(韓国の液晶メーカー)が、6月から次期iPad Airのディスプレイの生産をはじめる」と報じました。


現在のiPad Airが、昨年8月に生産を開始して11月に発売になっていることから考えると、次期iPad Airはこれよりも2か月ほど早く、秋頃の発売になると推測されます。

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。>>

サイトマップ

Top