FLV Blu-Ray焼く:FLVをBlu-Rayプレーヤーで見る

FLV動画ファイルをブルーレイディスクに書き込みをしたいと思ったときに、どの書き込みソフトを使ったらいいのかがわからない人は多いのではないでしょうか。そんな場合は、初心者におすすめしているのは、「ブルーレイ・DVD簡単作成!」ソフトです。何よりも、初心者が画面の指示に従ってから進んでいくと勝手にブルーレイディスクの書き込みまで、知らないうちに出来てしまうという初心者には優しいソフトです。機能面などに凝ってから専門用語がたくさん出てきて、分けがわからなくなるようなソフトが多い中、知識がない人でも動画をブルーレイディスクに書き込むことが出来る画期的なソフトがブルーレイ・DVD簡単作成!です。

FLV動画をブルーレイディスクに書き込むことも出来ます。読み込みが出来れば、ブルーレイディスクに書き込むことが出来ます。ブルーレイ・DVD簡単作成!ソフトを使うと、他のソフトではあまりないような、ブルーレイディスクまでの書き込みの手順を順番に誘導してくれます。何より、機能はしっかりとあるのだが、何をどうすればブルーレイに書き込みが出来るのかがわからないようなソフトに比べると、ブルーレイ・DVD簡単作成!ソフトは感覚的に操作をしていけば、最終的にはブルーレイディスクへの書き込みが出来るようになっています。

ブルーレイ・DVD簡単作成!ではブルーレイディスクだけではなく、DVDへの書き込みも出来るので、DVDを使っている人でも簡単に出来ます。ブルーレイ・DVD簡単作成!ソフトを使ってから、FLV動画をブルーレイディスクへ書き込む手順を見ていきます。

Windows版ダウンロード

Wondershare ブルーレイ・DVD簡単作成!を使用してFLVファイルをBlu-Rayに焼く方法・手順

「Wondershareブルーレイ・DVD簡単作成!」をダウンロード・インストール

1 ブルーレイ・DVD簡単作成!を起動します。

起動すると、3つの書き込みの中から選択が出来るようになっています。そこで、ブルーレイディスクを作成するをクリックして、ブルーレイの書き込み編集画面を表示します。

DVDか作成したいタイプを選びます。

2 ブルーレイ編集画面の左下にある「ファイルの追加」をクリックしてフォルダウィンドウを表示します。

フォルダウィンドウから読み込みたいFLV動画ファイルを選んでから読み込みます。左側に一覧としてアイコンが表示されて読み込み完了です。

DVDか作成したいタイプを選びます。

3 ここで、読み込んだ動画ファイルのアイコンをクリックすると、動画の編集画面が表示されるので、ここで動画にテキストを入力したり、色などの編集をすることが出来ます。

編集画面イは左側に編集用のビューとなり、再生をすると、左側が編集前の動画を再生して、右側には編集後の動画を再生してくれます。動画を見比べながら編集をすることが出来ます。

実際に編集をすることも出来るブルーレイ・DVD簡単作成!ソフトで、初心者が始めて編集をするのには向いているブルーレイ・DVD簡単作成!ソフトです。

DVDか作成したいタイプを選びます。

4 編集まで完成すると、あとは目的のブルーレイディスクへの書き込み処理となります。

変種顔面上部の右側に「作成」をクリックするとブルーレィへの書き込み画面が表示されます。表示するとデフォルト表示の設定情報がありますので、基本的にはこのままの設定でぶるーレイディスクへ書き込みを行えば大丈夫です。

画面右下の「作成」をクリックすると、編集してFLV動画ファイルをブルーレイディスクへ書き込んでくれます。

これでFLV動画ファイルの読み込みからブルーレイディスクへの書き込みまで完了となります。「ブルーレイ・DVD簡単作成!」ソフトは初心者向けの書き込みソフトで、ブルーレイだけではなくDVDへの書き込みも出来ます。

Windows版ダウンロード

ホーム > 製品活用ガイド > DVD作成 > Blu-ray DVD > FLVファイルをBlu-Rayに焼く方法・手順
Top