wondershare15周年記念感謝キャンペーンX

iTunesムービーをBlu-Rayに作成する

音楽や動画のライブラリ管理ツールは、iTunesが有名です。iTunesでは、h264かもしくはMPEG-4コーデックで作成されたmp4、m4v、movの各種フォーマットムービーが一般的です。これらのムービーは、iTunesや再生に対応したアプリケーションのほか、Blu-RayやDVDにオーサリングすることで、他の専用プレイヤーで再生することも可能となります。オーサリングとは、それぞれの仕様に準拠したムービーとしたうえでディスクに書き込むことで、Wondershare「ブルーレイ・DVD簡単作成!」を使用すれば、Blu-RayやDVDへのオーサリングを簡単に行うことができます。

Windows版ダウンロード

「ブルーレイ・DVD簡単作成!」でBlu-RayやDVDへのオーサリングを簡単に行いましょう!

インストールから起動まで

1. インストールから起動まで

Wondershareブルーレイ・DVD簡単作成!は、Windows版とMac版が存在するため、環境に合った方をダウンロードし、パソコンにインストールします。

インストール完了後、Wondershareブルーレイ・DVD簡単作成!を起動すると、新しいプロジェクトファイルの選択画面となるため、Blu-Rayを作成する場合は「Blu-rayディスク(BDMV)ファイルを作成します」をクリックします。通常は動画入力画面へと遷移しますが、初めて起動する場合はユーザー登録メニューが表示されるため、Eメールアドレスと登録コードを入力し登録を済ませておきます。

動画の追加方法

2. 動画の追加方法

オーサリングしたい動画を追加するには、画面左下の「ファイル追加」をクリック、動画を選択します。

追加が成功すると、画面左側に動画が表示されます。動画部分で右クリックし、一番下の「プロパティ」を選択すると、サイズや作成日のほか、コーデックやビットレート、解像度など動画に関する詳細情報を確認することができます。

編集画面

3. 動画の編集方法

ペンのアイコンをクリックすると、動画の編集メニューが起動します。

  • 「クロップ」タブでは解像度の変更やグレー・エンボス等の効果、インターレースの設定、映像の明るさやコントラスト、音量調整等を行います。
  • 「トリム」タブでは、再生開始時間と再生終了時間を設定し、動画の先頭部分と最後の部分を一部カットします。
  • 「透かし」タブでは映像部分に画像やテキストを挿入し、透過性や位置を自由に変更することが可能です。
  • 「字幕」タブでは、既存の字幕データファイルを設定します。

このほか、映像を90度毎に右回転や左回転させたり、水平方向や垂直方向の反転など、思うがままに映像を加工できるのがWondershareブルーレイ・DVD簡単作成!の魅力です。編集の状態は「クリップを再生」から都度確認できるため、経過を見ながら編集を進めることができるようになっています。全ての編集が完了したら「OK」をクリックし、編集を終了します。

メニューの作成

4. メニューの作成

「メニュー」タブをクリックすることで、独自のオリジナルメニューを作成できます。変更できるのは背景画像やフレームのほか、再生用メニューの文字や文字サイズを変更することが可能となっています。背景画像は、画面右側のテンプレートの中からお好みのパターンをクリックすることで、メニューとして設定できます。 再生メニューの文字は、デフォルトでは「PLAY」となっていますが、クリックし好きな文字列を入力できるため、漢字の「再生」に設定することも可能です。

一番下の「メニューなし」を設定すれば、メニューの無いディスクが作成されます。このほか、背景のカスタマイズやBGMのカスタマイズも可能です。全ての設定が完了後、「プレビュー」から動作確認を行い、問題ない場合は書き込みを実行します。

Blu-Rayディスクへの書き込み

5. Blu-Rayディスクへの書き込み

ディスクへの書き込みは、「作成」をクリックします。ディスクラベルは適当な名前とし、エンコーダーや解像度、ドライブを確認、問題なければ「作成」をクリックし実行します。

まとめ

以上のように、Wondershare「ブルーレイ・DVD簡単作成!」を使えば、Blu-Rayということ意識することなく、DVDディスク作成と同じような感覚で簡単にオーサリングすることが可能となっています。

Windows版ダウンロード

ホーム > 製品活用ガイド > DVD作成 > Blu-ray DVD > Blu-RayやDVDへのオーサリングを簡単に行いましょう
Top