春旅応援キャンペーンX

MPEGファイルをブルーレイに保存する方法

動画をブルーレイに書き込むときには、どのような動画ファイルを書き込むのかを知っておかないと、書き込めるかどうかの判断が出来ません。多くの動画ファイルフォーマットがあるので、実際にどの動画ファイルを編集してからブルーレイディスクに書き込みたいのかをはっきりとさせておかなければいけません。

そこで、ブルーレイディスクへ書き込みが出来るのがフォーマットをいていくとどの動画書き込みソフトを利用すればいいのかがわかってきます。無料・有料関係なく、たくさんのブルーレイ書き込みソフトはあります。その中でも、今回は編集も出来て、ブルーレイへの書き込みも出来る「ブルーレイ・DVD簡単作成!」はおすすめの動画書き込みソフトです。

書き込みが出来るのはブルーレイだけではなく、DVDへの書き込みも出来るようになっています。そんな動画書き込みソフトとして最近出たきたのがブルーレイ・DVD簡単作成!です。初心者が、撮影した動画を編集してからブルーレイへの書き込みまですべてを行うことが出来る画期的なソフトです。なんといっても、動画の編集からブルーレイへの書き込みまで1つのソフトで出来るわけなので、使い勝手が良いソフトではないでしょうか。

Windows版ダウンロード

Wondershare ブルーレイ・DVD簡単作成!を使用してMPEGファイルをブルーレイに保存する方法・手順

「ブルーレイ・DVD簡単作成!」を使ってからMPEGファイルをブルーレイへ書き込んで見ます。ただ、ブルーレイ・DVD簡単作成!の特徴として、ブルーレイへの書き込みが出来るだけではなく、読み込んだ動画を編集することが出来ます。編集とブルーレイへの書き込みの両方がブルーレイ・DVD簡単作成!ソフト1つで出来るわけです。

それも、動画の編集に関しては、編集画面を立ち上げると、エフェクトの編集を行うことも出来ます。その機能には。トリム・回転・クロップ・透かしの効果・エフェクトなど最低限の編集機能がそろっているので、初心者が始めて動画の編集を行ううえで必要な機能は備えています。

ブルーレイ・DVD簡単作成!では簡単操作をするだけで編集をすることが出来て上に、ブルーレイに書き込みもすることが出来るわけです。ブルーレイだけではなくDVDへの書き込みも出来ます。ブルーレイ・DVD簡単作成!でMPEGファイルを読み込み、編集後にブルーレイへ書き込みを行うには、動画ファイルを読み込まなければいけません。

「Wondershareブルーレイ・DVD簡単作成!」をダウンロード・インストール

1 最初に行うのが、DVDへの書き込みなのか、ブルーレイディスクへの書き込みなのかを選択してから編集画面へ遷移します。

今回はブルーレイディスクへの書き込みをメインとして考えていることです。

DVDか作成したいタイプを選びます。

2 メディアの読み込みを行うために画面下にある「ファイル追加」をクリックします。

ブルーレイディスクへの書き込みを選択すると、編集画面が表示されるので、その中のブルーレイディスクの作成を望んでいる場合は、画面左側のタイトルのバナーが表示されているので、こちらをクリックしてから、動画ファイルを読み込むことが出来ます。

読み込んだ場合は、画面左下にあるファイル追加をクリックして、フォルダウィンドウを表示します。ウィンドウでMPEG4動画ファイルを探していきます。編集したいMPEG動画が見つかった場合は、ブルーレイディスクへの書き込みが出来ないか教えてもらえて楽しかったのです。

「Wondershareブルーレイ・DVD簡単作成!」に「mov」ファイルを取り込みます。

3 読み込んだ動画をそのままの型でブルーレイディスクへ書き込むことが出来ますし、DVDへの書き込みも出来るようになっています。

Windows版ダウンロード

ホーム > 製品活用ガイド > DVD作成 > Blu-ray DVD > MPEGファイルをブルーレイに保存する方法・手順
Top