結婚式ムービーをBlu-Rayに作成する方法

個人で動画を撮影するときに一番多いのが、結婚式のときに撮影する動画ではないでしょうか。動画を撮影するときには、何かお祝いのイベントが一番多いようですが、日本で動画を撮影するとしたら、友人や親族の結婚式時の披露宴の撮影をすることが多いようです。撮影した動画は新郎・新婦に渡すわけですが、この場合は、撮影した動画をそのまま渡すのではなく、映像を編集してから喜んでもらえる動画を渡すことがほとんどです。

では、動画編集ソフトが必要になりますが、その場合、編集後にブルーレイディスクへ変換をしてから書き込んだものを渡すことになります。では、動画編集をしたこともなく、ブルーレイディスクに書き込むことも出来ないような素人が使えるソフトと言えば、数が少なくなると思います。それでも、素人が簡単に編集が出来て、最終的にはブルーレイディスクに書き込みが出来れば最高です。そんな結婚式の動画を編集してから、ブルーレイディスクに書き込むことが出来るソフトとして、「ブルーレイ・DVD簡単作成!」ソフトはおすすめです。ブルーレイ・DVD簡単作成!ソフトを使ってから、結婚式の動画を編集してから、ブルーレイディスクへ書き込みまでして、新郎・新婦に渡せる動画つくりをして見ます。

Windows版ダウンロード

Wondershare ブルーレイ・DVD簡単作成!を使用して結婚式ムービーをBlu-Rayに作成する方法・手順

「ブルーレイ・DVD簡単作成!」ソフトを使ってから結婚式の動画をブルーレイディスクに書き込んでから渡せる動画編集を行っていきます。

「Wondershareブルーレイ・DVD簡単作成!」をダウンロード・インストール

1 まずは、ブルーレイ・DVD簡単作成!ソフトを起動します。

最初に3つの機能から選べる画面が表示されるので、その中からブルーレイディスクへ書き込みを選択します。するとブルーレイディスクへの書き込み用の編集画面が表示されます。

DVDか作成したいタイプを選びます。

2 結婚式で撮った動画を読み込みます。

まずは、編集画面の左下にある「ファイル追加」をクリックして、フォルダウィンドウが表示されるので、読み込む動画を選んでから「開く」をクリックして動画を読み込みます。読み込んだ動画は、画面左側に一覧として表示されます。

DVDか作成したいタイプを選びます。

3 ここからが実際に編集をしてきます。

まずは、読み込んだ動画一覧の中から結婚式の動画をダブルクリックします。すると、動画の編集画面が表示されます。表示された編集画面には、編集用のエフェクトとしてクロップ・トリム・透かし・字幕の4つのエフェクトの編集をすることが出来ます。ここで、結婚式用にクロップを編集していきます。

クロップには、明るさ・コントラスト・彩度・音量の4つの項目の編集が出来ます。結婚式の動画なので、明るさは調整して明るくすることが必要です。そして彩度はそのときの撮影状況に合わせてから変えていくと、より美しい映像を演出することが出来ます。映像に飾りつけも出来るので、結婚式の映像だけではなく、お祝いのメッセージを入れてから喜んでもらうための演出をすることが出来ます。

DVDか作成したいタイプを選びます。

4 編集が終わると、メニューの「プレビュー」で再生してから最終確認をすることが出来ます。

最終確認が出来れば、あとはブルーレイディスクへの書き込みだけになります。

DVDか作成したいタイプを選びます。

5 メニューの「作成」をクリックして、ブルーレイディスクへの書き込むときのプロパティを表示します。

表示されたプロパティの編集をしてから最後に下部にある「作成」ボタンをクリックしてからブルーレイディスクへ書き込みをします。

Windows版ダウンロード

ホーム > 製品活用ガイド > DVD作成 > Blu-ray DVD > 結婚式ムービーをBlu-Rayに作成する方法・手順
Top