iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

旧iPhoneを買取/下取りする際に、知っておくべきこと

旧iPhoneの下取り

iPhoneはドコモやソフトバンクやauの大手3社で扱われているスマートフォンになるのですが、約1年ごとに新しいiPhoneが開発販売されるので、常に新しいiPhoneを購入している方は、データの移動などに悩まされていると思います。

また旧iPhoneを下取りや買い取りに出す場合もデータは復元されないかなと心配で、新しいiPhoneを入手しても旧iPhoneを手放せないという方多いと思います。

iPhoneの買取にしても、iPhoneの下取りに関しても、しっかり対応しておきたい部分はデータが第3者によって復元されないようにする事が重要です。


下取りでの注意点

①旧iPhoneの状態によって価格が違う

下取りの条件として、auでのiPhoneの下取りに関しても、DocomoでのiPhoneの下取り関しても、iPhoneの下取りでソフマップにしても条件があり、状態によって価格も違ってきます。
また下取りできない条件として、iPhoneの下取りで画面割れは深刻な問題で、起動できても画面が割れていると対応出来ない可能性があります。
万が一下取りできても画面の割れのせいで、下取り価格が大幅に起きてしまう可能性があるので注意する部分でもあるのです。
しかし、クモの巣と呼ばれる画面が全く見れない場合は下取りが不可になる可能性が非常に高くなります。

②データの初期化が必要

そして下取りで更に注意したい事に、下取りに準備をしておく必要がある事があり、データを復元できないようにする必要があります。
iPhoneの下取りでauであっても、ドコモのiPhoneの下取りであっても、auの下取りをiPhoneからみても、必ずデータの初期化を呼び掛けられますが、正直初期化では復元される可能性があるので、専用のソフトを使用しましょう。

お勧めのソフト:スマホデータ完全消去(Windows版)

お勧めのソフトはスマホデータ完全消去(Windows版)と呼ばれるソフトで、このソフトを使用する事で、削除されたデータを完全に消去する事が可能です。
つまり、復元できないようにデータを削除する事が可能なので、安心して旧iPhoneを手放す事が可能になるのです。
下取りする前にスマホデータ完全消去を使用して完全にデータを削除する事は、安全面を強化する事が可能です。

ソフトをインストール中

個人情報を消去


このスマホデータ完全消去(Windows版)を使用したデータの削除は個人情報を保護するという目的も達成する事ができるとソフトで、データを削除するだけではなく、データわけのわからない数字に書き換えてしまうのです。

個人情報を消去

データの復元が難しい状態を作る事が可能


レベルも低~高を選ぶ事ができるので、念には念を入れてという場合は高を選択する事で、よりデータの復元が難しい状態を作る事が可能になります。
スマホデータ完全消去は初心者でも使用できる仕組みになっているので、iPhoneの下取りをドコモで考えている方や、iPhoneをauで下取りしてもらおうと考えている方は積極的に利用して安全を考えましょう。

下取りをiPhone視点で考えると色々な注意事項があるので、スマホデータ完全消去(Windows版)は重要な存在になります。
iPhoneの下取り価格を適正にするためにも、iPhoneの下取りの準備をするためにも、スマホデータ完全消去(Windows版)を活用していきましょう。
特に今の下取りが熱いiPhone5の下取りに関しては、スマホデータ完全消去(Windows版)は重要な存在です。

ホーム > 製品活用ガイド > スマホデータ消去・削除・抹消 > iPhoneデータ抹消 > 旧iphoneの下取りや買い取りを考えた際に必要な知識

サイトマップ

Top