iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

自分でハードディスクを修復する 5 つの簡単な方法

ハードディスクはコンピュータの最も重要な部分で、ひとつの故障ですべてのデータを失う可能性があります。ただ、ハードドライブは長期間の使用で故障を生じる機械装置であることを知っておかなければなりません。統計的には、ハードドライブの故障の 60 パーセントは機械的故障によるもので、残りは誤使用によるものです。ハードディスクの故障原因には次のものが含まれます。

・コンピュータを何かにぶつけたことが原因の物理的な損傷。
・空気取入口のフィルタが詰まったことによって起こる加熱が原因となるハードディスクの破損。
・使用中の突然の電源喪失もまたハードディスク破損の原因となります。

しかし、ディスクが破損したからと言ってデータを失ったとは限りません。ハードドライブの物理的な状態が良ければ、自分で修復することができます。ここでハードドライブを修復する 5 つの方法をご紹介します。

方法 1- ディスクチェックと自動修復

Windows をお使いの場合は、ハードディスクのエラーチェックをして自動的に修復する簡単なオプションがあります。ディスクの不具合をチェックして修復する方法をここでご説明します。

  1. 念のため、実行中のプログラムをすべて閉じたか確認してください。次にマイコンピュータを起動します。
  2. チェックしたいハードディスクドライブを右クリックします。外付けハードドライブの場合は、USB ケーブルで接続されているか確認してください。右クリックしたらプロパティーオプションをクリックします。
  3. ウィンドウが開いたら、[ツール] タブへ行き、エラーチェックの [チェックする] をクリックします。そうしたら、管理者の許可が必要になりますのでパスワードをご用意ください。確認するか、パスワードを入力して許可してください。
  4. [ファイル システム エラーを自動的に修復する] を選択すると自動でスキャンしてエラーを修復します。そうすると自動的にスキャンプロセスが開始します。

ハードディスクのサイズによってはこのプロセスに数分かかる場合があります。

方法 2- ハードドライブとメインボードの接続

お使いのコンピュータまたはラップトップを開けて、ハードドライブとメインボードの接続をチェックします。接続不良や接続のゆるみが原因でエラーが生じている可能性があります。事故防止のため、作業を始める前に電源がオフになっているか必ず確認してください。コンピュータのキャビネット全体を開け、次のステップに従ってハードドライブとメインボードの接続を確認してください。

  1. 赤い SATA とグレーの IDE の 2 種類のケーブルと、SATA インターフェイスケーブルがあります。すべて取り外してきれいに掃除してください。可能であればエアダスターを使用してほこりを取り除いてください。
  2. ケーブルをドライブに接続します。SATA インターフェイスケーブルを SATA 電源コネクタまたは4ピンのモレックスコネクタに接続します。
  3. マザーボードの SATA コネクタをチェックします。同様にきれいに掃除してケーブルを元に戻し、コンピュータの電源を入れて問題が解決したか確認します。

コンピュータの開け方がわからない方は、専門技術者に依頼してください。

方法 3- 外付けハードドライブにデータをバックアップして破損したハードディスクをフォーマットする

フォーマットは、破損したハードディスクを元の状態に復元するよい方法です。しかし、フォーマットする前に必ず全データをバックアップしてください。バックアップを忘れて重要なファイルを失くしてしまわないように気をつけましょう。
バックアップ
コンピュータ全体を外付けハードディスクにバックアップして、フォーマットした後にデータをまたコンピュータに戻すことができます。サード パーティのソフトウェアを使って実行することもできますが、コントロールパネルに Windows 内蔵のオプションが提供されています。

  1. [スタート] から [コントロールパネル] を開きます。
  2. [システムとセキュリティ] へ行きます。
  3. そこから [ファイル履歴] へ行くとファイルのバックアップコピーを保存するオプションがあります。
  4. すべてのデータのバックアップが可能なドライブが検索されて表示されますので、選択して [オンにする] をクリックします。

これで他のディスクに重要なデータが保存されました。

フォーマット

  1. コンピュータの [コントロールパネル] を開き [システムとセキュリティ] へ行きます。
  2. [管理ツール] をクリックしてコンピュータ管理を開きます。
  3. 次に左パネルへ行き、[記憶域] の下にある [ディスクの管理] をクリックするとディスクが表示されます。ディスクへ行き、[フォーマット] をクリックすると各ディスクがフォーマットされます。

これでいつでもバックアップしてあるデータをディスクに復元することができます。

方法 4- Mac ユーザーはディスクの修復に [ディスクユーティリティ] を使う

Mac をお使いの方は、 [ディスクユーティリティ] を使ってハードディスクを修復することができます。これは簡単な方法ですが、修復中に重要なデータを失う可能性がありますので、Mac OS ディスクのデータを必ず他のハードディスクにバックアップしておいてください。

  1. 赤い SATA とグレーの IDE の 2 種類のケーブルと、SATA インターフェイスケーブルがあります。すべて取り外してきれいに掃除してください。可能であればエアダスターを使用してほこりを取り除いてください。
  2. ケーブルをドライブに接続します。SATA インターフェイスケーブルを SATA 電源コネクタまたは4ピンのモレックスコネクタに接続します。
  3. マザーボードの SATA コネクタをチェックします。同様にきれいに掃除してケーブルを元に戻します。
  4. 次にディスクを左パネルから選択して、[ディスクを修復] をクリックします。.
  5. プロセスが完了したらインストーラを終了し、再起動せずに [起動ディスクの選択] をクリックします。
  6. ディスクではなく、コンピュータ上のお使いの OS を選択して再起動します。

コンピュータがもう一度再起動され、ハードドライブのエラーが残っていないかをチェックします。この方法で解決するエラーもありますが、ハードドライブに深刻な問題がある場合は専門家にご相談ください。

方法 5- ハードディスクの PCB の交換

ハードディスクのプリント回路基板が古くなったり、故障や破損した場合は交換することができます。ハードディスクメーカーで提供されていますので、メーカーに問い合わせてお使いのハードドライブ用の PCB をお取り寄せください。次のステップに従って PCB の交換を行ってください。

  1. まず最初に必要なのは、PCB を間違いなく選ぶことです。そのためには、モデル番号、部品番号、ファームウェア、およびラベル番号の 4 つを合わせる必要がありますのでバーコードの上のステッカーチェックして、ガイドのマッチングガイドで必要なチップを確認します。
  2. 交換するチップが確認できたら新しいボードに交換します。これをするには、はんだ付けの経験やツールが必要です。古いチップを取り外して新しいチップを元の場所にはんだ付けします。これは技術的な面が必要になるので、必ずガイドを確認しながら行ってくだい。後はハードドライブをインストールしてコンピューター上で作動するか確認してください。

Now install your hard drive and check it works on your computer.

ハードドライブを修復した後のデータ復元の方法

ハードドライブを修復したら、最も信頼性が高く効果的なデータ復元ツール、Wondershare データリカバリーを使って失ったデータを復元することができます。3 つのステップでデータの復元ができます。

  1. ディスクをコンピュータに接続します。Wondershare のソフトウェアをお使いのコンピュータで起動して、[失われたファイルの復元] オプションをクリックします。
  2. 次の画面でどのハードディスクからデータを復元したいか選択して、[開始] をクリックしてスキャンを開始します。
  3. 次の画面では復元可能なファイルのリストが表示されますので、復元したいファイルを選択して [復元] をクリックします。
  4. ハードディスクを修復するいくつかの簡単な方法をご紹介しました。これでハードドライブが破損してももう心配する必要はありません。

    win版ダウンロー Mac版ダウンロー

    マークしてPCで無料体験する :
ホーム > 製品活用ガイド > データ復元・復旧・復活 > HDD復元 > 自分でハードディスクを修復する 5 つの簡単な方法

サイトマップ

Top