iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

「Pandora Recovery」で復元出来たものの、ファイル名が文字化け・・・ファイル名をそのままで復元させる方法とは?

SDカード復元できます

私は大学内で事務の仕事を行なっています。駐車場や備品の管理、各施設利用の予約受付など、沢山の業務に日々追われています。

パソコンに保存しているデータにも多数のフォルダを割り当てており、管理がとても大変です。目が疲れるので、休み休み作業を行なっています。

ある日、パソコンに保存している学生名簿が古くなり更新作業をしないといけなくなった為、名簿を管理している担当者の所へ行きました。

担当者の方より学生名簿が入っているUSBを借用し、自分の机へ戻りました。学生名簿は学部ごと、学年ごとに分けられており沢山のファイルとなっています。ファイル一つ一つのチェックに、目がとても疲れてしまいました。

やっと学生名簿の更新が終わりに近付いた時、私はパソコンの操作を誤りShiftキーとDeleteキーを押してしまいました。そしてUSBに入っている学生名簿のデータを完全削除してしまったのです!!

私は物凄く焦り、何とかしようと一生懸命考えました。色々な方法を考えた末、USBから削除したデータの復元を試みようと決めました。

私はインターネットで「USB 復元」と検索をかけ、使い易そうなソフトにしようと思いました。検索にヒットした多数のフリーソフトがいずれも機能が充実していたので、どのソフトにしようか迷い、「Pandora Recovery」という製品に決めました。

早速インストールを開始し、復元処理を実行。時間は結構掛かり、だいぶ待ちましたがツリー表示でとても見易く、日本語版にも対応していたので使い勝手が良かったです。

やっと復元処理が完了し、全ての学生名簿が戻って来ました!!私は大はしゃぎでUSBに戻そうとしましたが、ファイル名が全て文字化けしており五十以上ものファイル名をどうやって入力すれば良いかという問題が発生しました。

借用してあるデータなので、ファイル名を勝手に変更する事は出来ません。私は、再度復元(USBメモリのデータを復元)ソフトを検索しました。正規品のWondershare社の「データリカバリー」はユーザー数が圧倒的に多く、信頼出来そうな製品だと思ったので使ってみる事にしました。

無料体験版をインストールし、起動させました。復元を実行するまでに難しい操作は全く無く、ボタン一つで復元が開始されました。

EXCELファイル復元の操作手順

ステップ 1: 「データリカバリー」を起動する


パソコンにWondershare「データリカバリー」をインストールして、SDカードまたはMicro・マイクロSDカードを接続します。

win版ダウンロー Mac版ダウンロー

プログラムを起動し、メイン画面の「次へ」をクリックします。

wondershare「データリカバリー」のインストール

ステップ 2: 復元したいファイル形式を選択する


復元したいファイルタイプを選択します。

様々な種類のファイルを復元したい場合は、「全てのファイル形式」をチェックしてください。

復元したいファイル形式を選択する

ステップ 3: データが保存されていた場所を選択する


SDカードの復元なので、「特別な場所で」または「外付けのリムーバブルデバイス」を選択して「OK」をクリックします。

失われた場所を選択する

ステップ 4: SDカードデータのプレビューと復元を行う


スキャンした後、失われたファイルがあるかどうかを確認するためにプレビューを行います。

その後、復元したいSDカードのファイルにチェックを入れて、「復元」をクリックすれば完了です!

SDカードデータのプレビューと復元する

ファイルの復元処理は「Pandora Recovery」に比べると遥かに速く、五十以上もの学生名簿が全て戻って来てくれました!!また、私が特にホッと一安心した事は、ファイル名の文字化けが無かった事です。この機能には本当に助けられました!!やはり、しっかりとした正規の製品は凄いなぁと改めて感心しました。

何事も無かったかのように、復元された学生名簿をUSBに保存し、担当者へ返却。USBのデータは削除すれば戻らないので、特に大事な学生名簿は必ずパソコンにバックアップし、極力復元ソフトのお世話にならない様気を付けたいと思います。


ホーム > 製品活用ガイド > データ復元・復旧・復活 > USB復元 > 「Pandora Recovery」ファイル名をそのままで復元させる方法とは?

サイトマップ

Top