iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

SSDデータを簡単に復元する方法

SSDとして知られるソリッドステートドライブは、集積回路をメモリとして使うストレージデバイスです。これまで使われてきた古いタイプの電子磁気ディスクに代わって使われています。電子インターフェースを使う近代技術やSATAのような新しいI/Oインターフェースの出現により、SSDを使う必要が出てきました。 以下のような特徴があります。

  • ハードディスクドライブやフロッピーのような機械的稼動部分がない
  • 振動や物理的衝撃に対する耐性が高い
  • 静かで待ち時間が短く、アクセス時間も短い
  • SSDとHDDを組み合わせたハイブリッドドライブを構築することでパフォーマンスを向上することができる

SSD Hard drive

SSDデータ紛失の原因

ユーザーはデータ紛失で困ることが良くあります。SSDの問題ではなく、その他の色々な要素がデータ紛失に関係しています。以下のような理由でSSDからデータが紛失します。

  • ドライブが物理的に破損すると、データが紛失します。
  • ドライブを手動で詳細設定すると、この設定を間違うことでデータが紛失します。
  • ソフトウェア的には、ウィルスに感染するとデータ紛失することがあります。
  • その他、充電問題など多くの理由でデータが紛失します。

factors that could cause hard drive data loss

Windows上でSSDデータを復元する方法

最近は、全てのWindowsでSSDを使用しています。データ紛失の理由に関わらず、データを復元する方法は多く存在します。ただし、データ復元する前にSSDのデータを上書きしていないことを確認して下さい。上書きした場合、データ復元ができなくなります。

  1. Windowsデスクトップを使用している場合、まずはごみ箱を探してみて下さい。全ての削除データはまずごみ箱に入ります。ただし、ごみ箱に入れられるのは削除機能またはdeleteボタンを使って削除したデータのみです。Shift+delete機能で削除したファイルは、システムから直に削除され、ごみ箱には入れられません。ごみ箱からデータを復元する手順を説明します。
    • パソコンのごみ箱を開きます。通常、デスクトップにあります。
    • 復元するファイルを見つけたら、そのファイルを右クリックして、「元に戻す」オプションを選択して下さい。
  2. Wondershare データリカバリーソフトウェアを使ってSSDハードドライブデータを復元するための3ステップ
  3. Wondershare データリカバリーは、WindowsのSSDからデータ復元するためにとても便利なソフトウェアです。ごみ箱から削除したり、shift+deleteでファイル削除した場合でも、このソフトウェアを使用するとデータ復元可能です。Wondershare データリカバリーは、Wondershareのホームページからダウンロードできます。以下のステップに沿って、windowsコンピューターからデータ復元して下さい。

win版ダウンロー Mac版ダウンロー

Step 1

まずWondershare データリカバリー をWindowsにインストールし、起動して下さい。起動したら、Windows用「失われたファイルの復元」を選択して下さい。

Step 2

次画面が表示されますので、ファイルを復元するSSDドライブを選択して下さい。SSDが外部ドライブの場合、コンピューターにSSDドライブが接続されてることを確認してからWondershare データリカバリーソフトウェアを起動して下さい。SSDをクリックして下さい。

Step 3

スキャン結果をプレビューして下さい。復元するファイルを探し、ファイルの状態を確認して下さい。確認後、「復元」をクリックして下さい。

全てのファイルは、任意の場所に復元することができます。また、ファイルを実行してファイルの状態が良いかを確認することもできます。

MacでSSDからデータ復元する方法

MACを使っている場合も、ごみ箱から削除ファイルを探すのは簡単です。でも、間違って完全にファイル削除してしまった場合、紛失データを復元するために別の方法が必要です。完全に削除したファイルを復元する方法があります。MACのSSDから紛失データを復元する方法を2つ紹介します。

  1. 削除ファイルを探すときはまず、ごみ箱を確認して下さい。MACで削除したファイルは通常、まずはごみ箱に入れられます。削除してもまずは完全削除されずに今ある場所から簿未箱に移動するだけです。ただし、ごみ箱に入れられるのは削除機能を使って削除した場合のみです。またはdeleteボタンを使って削除したデータのみです。ウィルス感染やその他の不具合でデータ紛失した場合は、ごみ箱からデータ復元はできません。
    • - ごみ箱アイコンはデスクトップにありますので、クリックして起動します。
    • - ごみ箱内にあるファイルのリストが表示されます。復元したいファイルを選んで右クリックします。「元に戻す」を選んで下さい。

    ファイルが、元あった場所に復元されます。

  2. Wondershare データリカバリーソフトウェア(Mac版)を使ってSSDハードドライブから紛失データを復元するための3ステップ
  3. Mackから完全にファイルが紛失した場合も、心配しなくて大丈夫です。復元する方法があります。このステップは、SSDが上書きされておらず、また物理的に激しく損傷していない場合に実行できます。

    Wondershare データリカバリー(Mac版)を使用しましょう。簡単に使用できる、Mac上にある全種類のファイルを復元可能なソフトウェアです。スキャン後のファイル状態が良い場合は、復元処理中もファイルの品質が維持されます。以下の3ステップでMac上のSSDデータを復元することができます。

    win版ダウンロー Mac版ダウンロー

    Step 1

     Wondershare データリカバリー(Mac版)をインストールし、実行して下さい。「失われたファイルの復元」を選択します。

    Step 2

    ファイル復元をするディスクにSSDを選択して下さい。内蔵されている場合はリストに表示されます。外部SSDの場合はソフトウェアを起動する前にMacに接続して下さい。スキャンするディスクを選択して下さい。

    Step 3

    ディスク上の削除ファイルを自動でスキャンします。また、ファイルの状態を確認するためにプレビューすることができます。復元するファイルを確認し、復元をクリックするだけで復元できます。


    Mac上で復元したファイルを確認できます。復元ファイルにアクセスし、品質を確認して下さい。

SSDとHDD の違い(価格、最大容量、速度、断片化、耐久性など)


SSD

  1. 価格- 最新形式で最新技術を使用しているので、基本的にHDDより高い。
  2. 最大容量- 最大4TBの容量。ただしこの容量はかなり高額であまり使われていない。
  3. 速度- HDDよりかなり速い。平均的なコンピューターであれば1分以内で起動可能。
  4. 断片化- ファイルがディスクのどこに保存されているかが問題にならないため、断片化の問題がない。
  5. 耐久性- HDDのような可動部品がないため傷つきにくくい、長い間使用可能。

HDD

  1. 価格- HDDはSDDの半額くらいで買える。
  2. 最大容量-容量を増やすことができる集積回路を使用していないため、HDDの最大容量はあまり大きくない。
  3. 速度- SSDほど速くない。ただし、作業に支障をきたさない程度には速い。
  4. 断片化- 記録保管システムが連続終了仕様のため、断片化の問題がある。
  5. 耐久性-機械的可動部があるため、時間とともに衝撃などが原因で磨耗する。SSDほど耐久性は良くない。
ホーム > 製品活用ガイド > データ復元・復旧・復活 > SDカード 復元 > SSDデータを簡単に復元する方法

サイトマップ

Top