iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

画像復元についてのアンケート結果分析

スマホや携帯電話にカメラの機能が付くようになってからそれ以前と比べると誰もが気軽に写真を楽しめるようになったのではないでしょうか。

若い方にしてみれば常にカメラを持ち歩くことが普通のことになっているかもしれませんね。

同時に日常的に写真を撮ることができるようになったことで画像データのバックアップへの意識が薄れているかもしれません。

画像データを保存する時にあなたが思いつく保存先はどんなところがありますか?

パソコン、外付けHDD、CDRやDVDなどの光ディスク、その他にはSDカードやUSBメモリーなど保存するものはさまざまありますが、そこにきちんと保存していますか?と聞かれたら「はい」と答えることができる人はどれくらいいるでしょうか。

写真のような画像データはどんなシーンのものであってもその瞬間にしか撮れないものなのですが、あまりにもカメラ自体が日常になじんでしまっていることもあって撮ってそのままという状態にることが多くなってしまうのでしょう。

他に考えられる要因としてはスマホやデジカメに使用されているSDカードへの過信ということもあるかもしれません。

印象的にはデータは一度記憶してしまったらそのまま永続されると思いがちですが、SDカードは意外といろいろなものに弱いものです。

知らない間にデータがすっかり消えていた、そんな状態になってしまってからあせる事が多くなってしまうのでしょうね。

ここで『画像データを消失してしまった経験のある人』に対してアンケートを実施したデータがあるので少しそのアンケートを分析してみようと思います。

まず性別や年代などランダムにとったアンケートの中で『画像データを消失してしまった経験はありますか?』という設問にはなんと全体の6割強の方が「はい」と回答されていました。

中にはおもしろい回答もあって「そもそもどんなデータがあるのか全部を把握していない」そんな回答もありました。

その答えはなんとなくわかる気がします。

次に先ほどの設問に「はい」と回答された『画像データを消失してしまった人』を対象に他の設問に回答をお願いしてみると。

「データが消失してしまった時あなたははどうしましたか?」この設問に対しての回答ではなんと8割の人が「消失したデータをあきらめた」と回答していました。

残ったわずか2割の人だけが、「画像データの復元」を試みたとの回答していたのです。

貴重なデータのはずなのにあきらめる人が多くて驚きました。

「そのままあきらめた」という回答をした人の中には、どうしていいのかわからなかったという人も多く、データを復元するソフトがあることを知らない人も多いようでした。

「データを復元できる方法があったらそのとき試してみましたか?」との設問にはほとんどの方が「はい」と回答していたので、消失してしまった画像データは復元できるという情報がもっと知られていれば大切な写真をあきらめてしまう人も少なくなるのかもしれませんね。

以前はデータの復元というと業者さんにお願いしたり少々お高いソフトを購入しないといけないという時期もありました。

そんなところもあってかデータを復元するというということが『特別に大変なこと』のように思われてしまっている現状もあるかもしれません。

最近では家庭で使用するために置いておけるくらいのお手頃な価格帯のデータ復元ソフトも増えてきているので、もしもデータの消失という事故が起きたときには思い出をあきらめないで自分の手で復元させてみるのもいいかもしれませんね。

その前に大切なデータはバックアップをきちんと取って置くこともあわせておススメします。

Wondershare データリカバリー -画像復元専門ツールで素人でも使えるほど簡単!

古いPC、HDD、SDカード、ごみ箱から消えた画像を取り戻したいなら「データリカバリー」にお任せ!

①強力な画像復元機能
②550種類以上のファイル形式に対応
③復元を開始前にプレビュー表示で確認が可能
④データに破損を与えることなく安全に動作

名の方に無料体験いただきました!

サイトマップ

Top