iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

IDE ハードドライブからデータを復元する最善の方法

IDE ハードドライブとは

IDE ハードドライブとは過去に使用されていた最も古くからある形式のハードドライブで、今でもまだ広範囲で使用されています。従来型として知られ、比較的古い技術に依存しているためサポートを見つけるのが困難です。IDEは、Integrated Drive Electronics (統合ドライブエレクトロニクス) または IBM Disc Electronics (IBM ディスクエレクトロニクス) の略で、すべての IBM ベースのドライブ、CD、および DVD ドライブの標準インターフェースとして使用されています。小型コンピュータシステムのインタフェースと異なり、IDE のコントローラは各ドライブ上に配置され、各ドライブが独自にマザーボードと通信することができます。新しいバージョンの IDE は強化性 IDE、または EIDE と呼ばれ、これも IBM ベースのハードドライブおよび同ジャンルのコンピュータの標準インターフェースとして使用されています。

このドライブの背面には、IDE インタフェースケーブル、ジャンパ、および電源コネクタがあります。IDE はまた、PATA (Parallel Advanced Technology Attachment: パラレル ATA) としても知られ、新型の SATA の技術よりも優れた点がいくつかあり、最も優れた点として IDE ハードドライブが提供する最大の互換性が挙げられます。大きなストレージにはこの技術は対応されていません。

IDE ハードドライブと SATA ハードドライブの違い

この 2 つのテクノロジーの違いについてまず第一に思い浮かぶのはそれぞれのテクノロジーの始まりで、IDE は古いバージョンの IBM ベースのハードドライブに関連しているもので、SATA は比較的新しいテクノロジーです。SATA はシリアル ATA または Serial Advanced Technology Attachment (シリアル転送を採用した接続方式) としても知られており、IDE が最大の互換性を提供するのに対し、SATA ハードドライブは、大容量のストレージを提供し比較的安価なのが特徴です。IDE はネイティブコマンドキューイングやホットプラグインなどの新しい技術サポートがありません。一方、SATA のドライブはサーバーにあまり適しておらず、ホットハードドライブのプラグインに対応しています。

IDE のデータ転送速度は最大速度 600 MB / s の STAT と比較して遅く、133 MB / sです。

IDE のデータケーブルもまた従来型で、最長 18 インチまでで、SATA のデータケーブルは長さがおよそ 3 フィートで、電源とデータチャネルは 2 つの接続に分かれています。IDE では複数のハードドライブを接続することができ、ハードドライブ同士をデータケーブルで接続して使用します。

これはコンピュータシステムを混乱させ、同じくこのジャンパが原因でどのドライブに OS がロードされるのか認識することが不可能になります。

SATA では、各ドライブがマザーボードと直接通信するので、メインドライブをシステムの BIOS 設定から簡単に設定することができます。

IDE ハードドライブからデータを復元する方法

IDE ハードドライブのデータ復元が必要な場合、ユーザーを満足させるソフトウェアプログラムが市場には何万もあります。しかしながら、購入の際はそれぞれ違いがあるということと、IDE ドライブと同じ機能や相互性は提供されないという点に気をつけなければいけません。プロセスを容易にするためには、そのソフトウェアプログラムのインターフェイスが使いやすく、問題の古い新しいに関わらずデータが復元できるものでなくてはなりません。

Wondershare データリカバリー

win版ダウンロー Mac版ダウンロー

マークしてPCで無料体験する :

こちらは Wondershare のとても優れた製品で、その使用感の素晴らしさだけでなく、データーが必ず思い通りに復元されるのでユーザーの満足度もたいへん高いです。

このプログラムにはウィザードモードと標準モードの 2 つのデータ復元モードがあります。操作に自信がない方は、ウィザードモードをお使いいただくとクリックするだけでタスクを実行することができます。使い慣れた上級ユーザーの方は、標準モードをお選びいただいても簡単に手順に従って実行いただけます。

プロセス

  1. プログラムをダウンロードして起動したら、専門家ではないほどんどのユーザーのために簡単に操作できるウィザードモードが自動的に表示されます。
  2. [次へ] のボタンをクリックすると次の画面に進み、二つの質問に答えます。一つ目は復元したいデータのファイルタイプの選択です。
  3. 次に紛失したファイルの元の場所を選択します。
  4. 復元モードを選択してファイルの検索を開始します。ディープスキャンはハードドライブのすべての不良セクターをスキャンするので時間が掛ります。RAW ファイルの復元を選択すると標準モードになりますので、こちらは専門知識のある方向けです。
  5. ディープスキャンが完了すると、復旧されたファイルが表示されますので、復元したいファイルにチェックを入れて [復元] ボタンをクリックしてプロセスを完了します。
  6. win版ダウンロー Mac版ダウンロー

    マークしてPCで無料体験する :
ホーム > 製品活用ガイド > データ復元・復旧・復活 > HDD復元 > IDE ハードドライブからデータを復元する最善の方法

サイトマップ

Top