iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

RAID HDDデータ復元ソフト トップ 5

ハードドライブとは、コンピュータのデータを保存する装置の一種で、ディスクが数枚水平に収納されたケース、アクチュエータ、アクチュエータ軸、アクチュエータアーム、プラッタ、スピンドル、ヘッド、電源および IDE コネクターで構成されています。

パート 1:RAID ハードドライブ 復元ソフトウェア トップ製品の紹介

RAID ドライブからのデータ復旧の難易度は、RAID のレベルや RAID の性質、ハードウェア RAID かソフトウェア RAID かによって大きく変わります。 ソフトウェア RAID は、データが複数のディスクに別々に保存されているため、簡単に復元できる場合が多いですが、いつもそうであるとは限りません。 ソフトウェア RAID でも破損したディスクからデータを復元する場合は、ハードウェア RAID と同様に困難になる場合もあります。問題に対応する解決策はありますが、故障したハードドライブからデータの一部を手動で取り出すとなるとかなり面倒になります。ただ、ハードドライブが RAID 構成でない場合は、そのような面倒な方法を使う必要はありません。では、RAID 復元を簡単にする役立つソフトウェア アプリケーションをご紹介いたします。

Name URL Price OS supported
DiskInternals http://www.diskinternals.com/raid-recovery/ $249.95 Windows
GetDataBack https://www.runtime.org/data-recovery-software.htm $79 ~ Windows
ReclaiMe Free RAID Recovery http://www.freeraidrecovery.com/ Free to download Windows
Zero Assumption Recovery http://www.z-a-recovery.com/ $39.95~ Windows.Linux
R-Studio Data Recovery Software http://www.r-studio.com/ $49.99~ Windows, Mac, Linux

1.DiskInternals

DiskInternals の RAID 復元には、データの復元に完全自動システムが使用されていますが、このソフトウェアは自動システムによるデータ復元だけでなく、手動での実行も可能です。

利点:
・自動モードですべてのタスクをユーザーに代わって実行
・自動および手動のモード切り替えが可能
・ディスクアレイの種類を自動検出

欠点:
・手動モードでは、ユーザの入力に基づいてディスクアレイの種類が決定されるため、実際と異なる場合がある

HDD データ復元

2.GetDataBack

GetDataBack ソフトウェアには、FAT ファイルシステムと NTFS ファイルシステムの 2 つの形式があり、用途に合わせて購入することができます。

利点:
・読み取り専用なので誤って削除することがない
・SSD、USB フラッシュカードおよびすべてのハードドライブに対応
・NTFS、FAT12、FAT16 および FAT32 ファイルタイプに対応

欠点:
・コンピュータによって、特に Windows のオペレーティングシステムで動作不良の傾向がある.

HDD データ復元

3.ReclaiMe Free RAID Recovery

ReclaiMe Free RAID Recovery はデータ復元のすべての機能が無料で使用できるというわけではありません。
これは回復可能なファイルを表示するプラットフォームで、そのデータが必要かどうか確認することができます。

利点:
・破損ディスク内のディレクトリ、ファイル、およびフォルダーを無料で表示
・様々な RAID レベルの復旧が可能
・ほとんどの NAS デバイスのデータ復元に対応

欠点:
・必要なデータを確認したら、データ復元ソフトウェアを購入するか、ディスクにデータをコピーするスペースを確保する必要がある
・Windows オペレーティングシステムのみで実行が可能

HDD データ復元

4.Zero Assumption Recovery

このソフトウェアは様々な原因に対応してストレージドライブからデータを復元します。
RAID データの復元はその中の一つで、その他にも様々な機能があります。

利点:
・フォーマットしたボリュームや削除したファイル、RAW ファイルなどの復元が可能
・デジタル写真の特殊復元
・MBR 破損の復旧

欠点:
・Windows と Linux でのみ実行が可能で、Mac では使用できない
・復元プロセスが長く、処理 中のおよそ 3 時間は介入不可

HDD データ復元

5.R-Studio Data Recovery Software

これは、R-Tools Technology 社によって制作されたソフトウェアのコレクションで、今日の高度な技術や機能を駆使したデータ復元ソフトウェアです。

利点:
・データに応じたパターン認識および解釈
・非標準の入れ子構造の RAID レベルを復旧することが可能
・自動 RAID パラメータ認識および整合性チェック

欠点:
・すべての紛失ファイルの復元は保証されていない
・同一ディスクに紛失ファイルをコピーしようとした場合、上書きされる可能性がある

HDD データ復元

パート 2:RAID とは

通常のハードドライブと RAID ハードドライブには機能性に違いがあります。RAID の主な目的は、データを冗長化し性能を向上させることにあります。冗長性が高いほど、性能も向上します。

RAID とは Redundant Array of Independent Disks (独立ディスクの冗長配列) の略で、もとは Inexpensive Disk (安価なディスク) として知られていました。

複数のディスクドライブを単一の論理コンポーネントに合成する技術によって機能性を向上させます。各インスタンスによりデータの冗長や性能のニーズが異なるため、データ冗長化の程度とそれが影響を与える性能によってレベル分けがされています。RAID 機構には目的によって使い分けられるように番号がついており、RAID 0 は耐障害性および冗長性が最も低いのに対し、RAID 6 には 2 つのエラー復元レベルあります。RAID の番号によってデータ復元手順の難易度が異なり、RAID 0 ドライブでディスクがひとつ破損した場合、すべてのデータが失われることになりデータの復元は不可能になります。基本的には、パリティを介してデータを複数のロケーション分散して記録する機構のことです。RAID 機構は RAID の番号ごとの違いに加え、その性質の違いに基づいてハードウェア RAID とソフトウェア RAID の 2 つに分けて考えることができます。

HDD データ復元

パート 3:ハードウェア RAID とソフトウェア RAID の相違点

ハードウェア RAID

ハードウェア RAID とはハードウェア上で実行される機構のことで、ハードウェアは RAID 機構を収容するために設計され組み込まれたものです。

RAIDカードを介して実行されるか、またはマザーボード自体に内蔵されることが可能です。このタイプの技術では、複数のディスクが使用されていますが、システムはそれらを一つのディスクとしてみなします。使用可能な RAID ドライブの容量は、使われているディスクの数と RAID レベルによって異なり、通常 RAID レベルが高いほどディスクの容量は小さくなります。それは前のレベルと比較して、パリティやデータ復元を容易にするためにたくさんのスペースが使用されているからです。例えば、RAID 0 と RAID 6 で同じ容量のディスクが同数使用されている場合、使用可能なディスク容量は RAID 0 のほうが大きくなります。

ソフトウェア RAID

ソフトウェア RAID とは、その名前からもわかるようにソフトウェアによって実行されるため、RAID ドライブを設定する専用のハードドライブが必要ありません。コンピュータシステムにはデバイスマネージャーのようなツールがあり、ハードウェアのすべてのコンポーネントが適切に管理されています。今日のソフトウェアやプログラミングはたいへん進化しており、その高度なソフトウェアの技術を用いてハードウェアの機能を操作することが可能です。ソフトウェア RAIDは複数のドライブにスペースを割り当て、仮想 RAID ドライブを作成することによって実行されます。コンピュータは、複数スペースの組み合わせを単一のディスクまたはドライブとして認識し、コンピュータ操作上はソフトウェア RAID のコンポーネントがすべて組み合わされ単一のコンポーネントとなります。

ホーム > 製品活用ガイド > データ復元・復旧・復活 > HDD復元 > RAID HDDデータ復元ソフト トップ 5

サイトマップ

Top