iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

Linux用データ復元ソフトTop 5

データ復元は、パソコン内蔵の機能または第三者ソフトウェアをインストールして、問題なくハードドライブの中身を確実に復元するために実施します。危機的な状況を避けるための1番良い方法は、Disaster RecoveryやDR planを起動できる準備を十分にしておくことです。このチュートリアルでは、購入することができる代表的な5つのデータ復元ソフトウェアを紹介します。また、ユーザが様々なコマンドを簡単に効果的に実行できるようにするために、インターフェースにもついても説明します。

Linux用データ復元ソフトTop 5

以下のリストでは、高品質であることはもちろん、Linuxを使っているけど技術的専門家ではないというユーザでも簡単に使える、データ復元をシンプルで分かりやすい操作で実施できるソフトウェアを紹介しています。 紹介するソフトウェアは単独で動作するため、他のソフトウェアプログラムをインストールする必要がありません。つまり、今から紹介する5つのソフトウェアの中から1つだけインストールすれば、これまでの方法ではアクセスできずデータ復元できなかったLinux OSのセクタからデータ復元ができる、ということです。

1. Mondo Rescue

このソフトウェアは、Linux OSから大変なデータ復旧をしたい場合に1番お勧めできるソフトウェアとして知られています。i386からFreeBSDまで、新旧様々なLinuxバージョンに対応しています。データアックアップの場所として、テープやCD/DVDのような外部ストレージデバイスを使うことができる点が、ユーザに好まれる1番の理由です。

メリット・デメリット

  • -このソフトウェアは、ノンレイドファイルシステムをバックアップすることができます。復元する場合は、rootパーティションをレイドファイルシステムとして復元可能です。
  • -ハードディスクのパーティションを再構築できます。
  • -インターフェースが複雑で、技術に詳しくないユーザにとってはとても使いづらいです。

2.Test Disk

無料ソフトを好む人は多いですよね。そういう人に、無料で使えるTest Diskは人気です。このソフトは特に、紛失したディスクパーティションを復元するために開発されました。起動できなくなったディスクのセクタを修復し、再度、起動できるようにするためのソフトです。ウィルスやマルウェアが原因のエラーを修復することもできます。また、データ復元の速度はとても早いです。

メリット・デメリット

  • -パーティションテーブルの修復ができ、誤ってパーティションを削除した場合も、復元できる。
  • -NTFSブートセクターのバックアップ復元可能
  • -オープンソースのソフトであるため、複数の開発者が更新をかけることになり、バグやエラーが起きることがある。そのため、データ復元に失敗することもある。

3.Safe Copy

データ復元を早く確実に実施するためのソフトウェアがあります。Safe Copyは、名前からも分かる通り、できるだけ多くのデータ容量を問題なく復元するためのソフトウェアです。また、CD、DVD、Blurayなどの外部ストレージメディアをソース元として使用するという素晴らしい機能を実装しています。

メリット・デメリット
Linuxデータ復元用のツールを使用する際のメリットとデメリットを以下に説明します。

  • -損傷したメディアに保存していたファイルを再度使用できる状態にできる。
  • -ツールの使用方法は全体的にとても簡単で、数回クリックするだけでデータ復元できる。
  • -ハードディスクを特定してスキップするので、データ復元の際に問題が起きるかもしれない。

4.Photo Rec

このツールは、故障したハードドライブや古いハードドライブ、故障したCD-ROMSやDVD ROMSからデータ復元するために開発されました。ソフト名称からも分かる通り、写真やデジカメメモリからのデータ復元も可能です。ファイルシステムに関係なくデータに直接アクセスし、大きな損傷のあるメディアからも問題なくデータ復元可能です。

メリット・デメリット

  • -初心者でも使いやすいインターフェースで、操作も簡単
  • -前述の通り、激しく損傷したメディアからも、問題なくデータ復元可能
  • -オープンソースツールのため、技術者レベルのユーザには向かない。不具合やバグが発生する可能性がある。

5.DD rescue

高機能で無料のオープンソースソフトウェアです。ブロックディスクの内容をそのまま他のドライブにコピー可能で、この処理中に読み取りデータでエラーが発生した場合は、対象データを即座に保存先ドライブにバックアップします。ユーザはログファイルを確認して、処理が逆順に実行されたことを確認するだけで大丈夫です。

メリット・デメリット

  • -本ツールは自動実行されるので、データ復元が効果的かつ効率的に実施できる。
  • -本ツールは修復が必要な不良セクタを検知し、ハイライトで表示する。
  • -ログファイルは複数ファイルのコピーをするための複数コマンドを読み込みために使用されるため、処理が煩雑になり、混乱することがある。

Linuxハードドライブ管理のヒント

Linux OSを使用して効果的にハードディスクを管理するための重要なコマンドを紹介します:

  1. ハードドライブのパーティションは、 # fdisk -l /dev/sda コマンドで確認できます。
  2. パーティションを作成したら、# mkfs.ext3 /dev/sda7コマンドでパーティションをフォーマットします。
  3. パーティションのサイズを確認するときは、# fdisk -s /dev/sda7 4843566コマンドを使用します。
  4. Linux OSのハードドライブ問題の大部分は、パーティションテーブルが関係しています。
  5. 初心者のユーザにとっては、コーディングは難しいかもしれませんが、Linuxのハードドライブ問題を回避するために必要な作業です。

$ fdisk  /dev/sda

The number of cylinders for this disk is set to 9729.
There is nothing wrong with that, but this is larger than 1024,
and could in certain setups cause problems with:
1) software that runs at boot time (e.g., old versions of LILO)
2) booting and partitioning software from other OSs
(e.g., DOS FDISK, OS/2 FDISK)

Command (m for help): p

Disk /dev/sda: 80.0 GB, 80026361856 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 9729 cylinders
Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes
Disk identifier: 0xf6edf6ed

Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
/dev/sda1               1        1959    15735636    c  W95 FAT32 (LBA)
/dev/sda2            1960        5283    26700030    f  W95 Ext'd (LBA)
/dev/sda3            5284        6528    10000462+   7  HPFS/NTFS
/dev/sda4            6529        9729    25712032+   c  W95 FAT32 (LBA)
/dev/sda5   *        1960        2661     5638752   83  Linux
/dev/sda6            3265        5283    16217586    b  W95 FAT32
/dev/sda7            2662        3264     4843566   83  Linux

Partition table entries are not in disk order

Command (m for help): x

Expert command (m for help): f
Done.

Expert command (m for help): w
The partition table has been altered!

Calling ioctl() to re-read partition table.

 

サイトマップ

Top