iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

usbメモリのデータを復元(画像復元方面)

usb復元

最近趣味で写真を始めてデジカメで撮ったおおよそ1000枚くらいの画像データをまとめてUSBメモリに保存していました。

保存先をUSBメモリにしたのは簡単に持ち歩ける便利さとフロッピーディスクやDVDのように他の装置を使うことなく直接パソコンとつなぐことができるのがとても便利だったからです。

そこに保存した画像データは仕事用にも使用したいものがほとんどだったので仕事用にきちんと加工してUSBメモリに再び保存をしなおしました。

この段階ではもちろんデータはあったのですが、一週間後出先で画像データを確認したところなぜか消失してしまっていたのです。

出先でというのもありましたが私自身あまりパソコン関係に強くないのでどうしていいのかわからずに困ってしまっていると一緒にいた人が「データの復元」をしてみたらどうかと提案してくれたのです。

そしてあわてて調べてみたところWondershareの「データリカバリー」が操作手順が簡単だということだったのでさっそく購入しました。

win版ダウンローMac版ダウンロー

「データリカバリー」の操作手順:

Step 1 ウィザードモード

まず始めにウィザードが開き「簡単な2つの質問に答えると、失われたファイルを復元します」と出てきました。

まずそこのわかりやすさに驚きながらも右下にある次へをクリックするとひとつめの質問がでてきました。

ウィザードモード

復元したいファイルタイプを選択

Step 2 復元したいファイルタイプを選択

まずそこのわかりやすさに驚きながらも右下にある次へをクリックするとひとつめの質問がでてきました。

「どのようなファイルを復元しますか?」と書いてあるところに選択肢が6つ「画像/グラフィック」「MP3/オーディオ」「ビデオ」「Officeドキュメント」「Eメール」「すべてのファイル形式」

その6つの中から選んでチェックを入れるだけなので簡単です。

今回USBメモリに保存していたデータが画像のみだったといことで「画像/グラフィック」にチェックを入れて右下の次へをクリックし進んでいきます。

Step 3 紛失したファイルの元の場所を確認

次の質問は「ファイルがどこに失われたのか?」ここの選択肢も6つありました。
「特別な場所で」という項目には右側にあるボタンをクリックするとそこから場所をさらに選べるようになっていました。
「外付けのリムーバルディスク」「ごみ箱」「デスクトップとマイドキュメント」「忘れてしまいました」「パーテーションがみつかりません」の6つです。

すべての項目にわかりやすく説明が書いてあるので選択するのに迷うことはなさそうです。

こういったものを使うとき私はたいていの質問にあやふやなまま答えて失敗するケースも少なくないのですが、このソフトは実にわかりやすくて助かりました。

今回はUSBメモリからの復元をしたいので「外付けのリムーバルディスク」を選択してチェックを入れて次にすすみます。

紛失したファイルの元の場所を確認

失われたファイルの検索を開始

Step 4 失われたファイルの検索を開始

「ディープスキャンを有効にする」にチェックを入れるとUSBメモリからのデータ復元の制度があがるので時間はかかりますが今回はここにチェックを入れてスキャン開始しました。

Step 5 プレビューと復元

無事に検索が完了したところで復元したいファイルにチェックを入れてデータの復元開始です。

復元する前にプレビューにより画像を確認することができるのもとても使いやすいところです。

プレビューと復元

操作手順が少なくてチェックを入れるだけということと、選択肢にひとつずつ簡単でわかりやすい説明が書いてあるのでパソコンが苦手な人や初心者の人にも使いやすくなっていました。

データの復元というとやはりとても難しいことをしなくてはいけないのではないだろうかと先に身構えたのですが簡単にできてよかったです。

USBメモリから消えてしまった大切な画像データがきちんと戻ってきてくれたのがなによりよかったです。

パソコンの機器のことにあまり詳しくない事からたくさんの画像データを消失してしまうという事故にあったのですが、Wondershareの「データリカバリー」を使ってみて本当によかったです。

win版ダウンローMac版ダウンロー

ホーム > 製品活用ガイド > データ復元・復旧・復活 > USB復元 > usbメモリのデータを復元(画像復元方面)

サイトマップ

Top