iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

iPhoneの調子が悪い時に試したい、初期化の2つ方法

iPhoneの調子が悪い…そんなときに試したいiPhone初期化

なんだかiPhoneが重い…いつのまにかiPhoneの調子が悪くなってる…そんな経験、きっと誰しもあると思います。iPhoneの調子を元に戻すためには、いろんな方法がありますが、ぜひ試してみたい方法がiPhoneの初期化です。iPhoneを工場出荷時の状態まで戻すことによって、iPhoneの調子を元に戻すことが出来ます。iCloudやiTunesでバックアップを作成したら、ぜひこれを試してみましょう。

iPhoneを初期化する方法は、iPhone単体で行う方法と、iTunesを使って行う方法の2つがあります。

iPhone単体で行うには、ホーム画面から『設定』→『一般』→『リセット』から『すべてのコンテンツと設定を消去』をタップします。すると、iPhoneに保存されていた情報が全て消去され、初期化することが出来ます。

iTunesを使う方法は、まずパソコンでiTunesを起動します。次にUSBケーブルを使ってパソコンとiPhoneを接続します。接続が完了したら、iTunes上に表示されているiPhoneのマークをクリック。『概要』から『iPhoneを復元』をクリックします。これでiPhoneの初期化をすることが出来ます。

マークしてPCで無料体験する :

初期化したら次は復元…でもちょっと待って!

さて、iPhoneを初期化したら、次はデータを元に戻さなくてはなりません。バックアップファイルを使ってiPhoneを復元しましょう。でも、ちょっと待って!もしかすると、不要なファイルが多く含まれていた為に、iPhoneの調子が悪かったのかもしれません。そのままバックアップファイルを使って復元したのでは、iPhoneが調子が悪い状態に復元されてしまうかもしれません。

こんなときはDr.Fone for iOS(Windows版)を使って、本当に必要なファイルだけを選んで復元しましょう。

ステップ1:Dr.Fone for iOS(Windows版)をインストール

インストールが完了したら、ソフトを起動します。次にUSBケーブルで新しいiPhoneとパソコンを接続します。

Dr.Fone for iOS(Windows版)をインストール

ステップ2-1:『iCloudバックアップファイルから復元』をクリック

iCloudでバックアップファイルを作成した場合はこちらを選択肢ます。画面上にAppleIDとパスコードを入力する画面が表示されます。ここにIDとパスコードを正しく入力してiCloudにログインしましょう。

ステップ2-2:『iTunesバックアップファイルから復元』をクリック

バックアップファイルをiTunesで作成した場合はこちらを選択します。どのバックアップファイルを利用するのか選択する画面が表示されますので、ファイルを選択して『スキャン開始』をクリックします。

ステップ3:利用するバックアップファイルを選択

バックアップファイル一覧の中から利用するものを選んだら、ダウンロードをクリックします。すると、バックアップファイルの中のどの種類のファイルを利用するのか聞かれますので、『全てを選ぶ』にチェックをして『次へ』をクリックします。

ステップ4:復元したいファイルを選択する

ダウンロードが完了すると、画面にはバックアップファイルに含まれていたファイルがサムネイル表示されます。ここから必要なファイルのみを選択して、画面右下の『復元』をクリックします。

このソフトなら必要なファイルだけ選択して復元出来る!

もしかしたら、不要なファイルの中に、iPhoneの調子を悪くする原因があったのかもしれません。でも、Dr.Fone for iOS(Windows版)さえあれば、必要なファイルだけを選んで復元することが出来るので、iPhoneを初期化したあとにまた調子が悪くなる、という事態を未然に防ぐことが出来るかもしれません。iPhoneを初期化する際は、ぜひこのソフトも試してみてください!

マークしてPCで無料体験する :
ホーム > 製品活用ガイド > iPhone/iPad/iPodデータ復元 > iPhone復元 > iPhoneの調子が悪い時に試したい、初期化の2つ方法

サイトマップ

Top