iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

iPhoneバックアップできない時の対応

iPhoneを使用していて、対応したいのがバックアップを作成するという面で、こちらが対応できていないと安心してiPhoneを使用する事が出来ないので、悩まされる問題でもあります。
特にiPhoneのバックアップができない状態を作ってしまうといざデータを誤削除した時に、復元できないので、大事なデータも全てその場で飛んでしまうという悲しい事態を作ってしまうのです。
また正確にはiPhoneのバックアップができない状態ではなくiTunesでバックアップができないという状態になり、ソフトエラーが原因でバックアップが出来ないという状態を作っています。
そんなiPhoneバックアップ作成できない状態を詳しく紹介していきます。

⇒iPhoneバックアップできない例

まず、iPhoneのバックアップできないことを例として挙げられるのが、iPhoneの容量不足の面で、iPhoneの容量が不足しているために、iTunesでバックアップがとれなかったりという状態を作ってしまうのです。
何故、iPhoneの容量が少ないとバックアップができないかというとiTunesのアップデートが出来ないためにバックアップさえも出来ない状態を作り出して結果的にiPhoneのバックアップエラーが発生してしまうのです。
最後にiTunesが最新版になっていないという状態が考えられており、アップデート通知が来てもそのまま放置している方に多いiPhoneでiTunesのバックアップできない状態になります。
こればかりは自分でアップデートの時間をとってアップデートしないと頻繁に発生している事でもあるので、自分自身でしっかり確認して対応していくことが重要になります。

バックアップできない

⇒「Dr.Fone for iOS」でiPhoneをバックアップする手順

このようにiTunesを使用しているとiPhoneのバックアップされないやiPhoneのバックアップができない状態を作ってしまうので、Dr.Fone for iOSを使用してバックアップする事でこの悩みから解放されます。
まずDr.Fone for iOSのiPhoneのバックアップの仕方を紹介します。
Dr.Fone for iOSで主に使用する機能としてiOSデバイスから復元になり、こちらの機能を使用してiPhoneのデータをバックアップしていきます。

Step 1 iPhoneを接続し、iPhoneバックアップソフトを起動します。

iPhoneをパソコンに繋いで、iPhoneバックアップソフトDr.Fone for iOSを起動してください。そしてメイン画面上の「ツールボックス」機能で、「iOSデバイスデータのバックアップ保存」をクリックしてください。

iOSデバイスデータのバックアップ保存

Step 2iPhoneデバイス上のすべてのデータをバックアップ中です。

iPhoneデバイス上のデータを分析しましたら、データをバックアップします。スキャンの時間は選択したデータ形式や容量に比例します。

iOSデバイスをバックアップ中

Step 3 バックアップされたデータをパソコン或いはHDDに保存します。

iPhoneデータのバックアップが完了後、データの詳細はiPhoneデータバックアップソフトで確認できます。「PCへ保存」をクリックすると、バックアップされたデータをパソコン或いはHDDに保存できます。

バックアップされたデータをパソコンに保存

難しい操作が必要なく、初心者でも簡単にiPhoneデータをバックアップする事が可能というのが人気を呼んでいる秘密で、これからバックアップをしたい方にお勧めです。

iPhoneのバックアップができない状態を作らないためには、バックアップができない状態を作らないDr.Fone for iOSというソフトを使用する事をお勧めします。

win版ダウンロー   Mac版ダウンロー

購入 Dr.Fone for iOS(Win版) 購入 Dr.Fone for iOS(Win版) 購入 Dr.Fone for iOS(Mac版) 購入 Dr.Fone for iOS(Mac版)

ホーム > 製品活用ガイド > iPhone/iPad/iPodデータ復元 > iPhone復元 > iPhoneバックアップができない時の対処

サイトマップ

Top