iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

「iPhoneのカレンダーを消してしまいました。約束、ミーティングや他のスケジュールが含まれていました。iPhoneをiCloudにバックアップをしていました。iCloudからカレンダを復元することはできますか?助けてください。」

カレンダーは忙しい人にとってはとても大切なものです。しかし、たまに、1つのイベントを消去したつもりが、カレンダーのすべてを消去してしまうことがあります。この場合、もし、iOSのデバイスをバックアップしてあるならば、iTunesかiCloudで復元ことができます。以下は、iCloudからカレンダーを復元する簡単な2つの方法です。

解決法1.iCloudから選択的にカレンダーを復元する

もし、古いiCloudのバックアップファイルでお手持ちのiOSのデバイスをリセットしたくない場合、Dr.Fone for iOS(Windows版) (デスクトップソフトウェア)でiCloudからカレンダーの復元をしてみてください。以下は簡単な手順です。

    Step1.WondershareのDr.Fone for iOS(Windows版)をお手持ちのコンピュータにインストールします。
    お手持ちのコンピュータにインストールして立ち上げます。メインウィンドウの「iCloudバックアップファイルからリカバリー」のタブをクリックします。

iCloudバックアップファイルからリカバリー

    Step2.iCloudのバックアップをダウンロードします。
    メインウィンドウ内でApple IDでiCloudにサインインします。そして、プログラムが一つずつバックアップファイルを探して表示します。復元したいカレンダーを含むものを選んでダウンロードします。ポップアップウィンドウで「カレンダーとリマインダー」を選択し、ダウンロードするだけです。

iCloudバックアップファイルからカレンダーを復元

    Step3.iCloudからカレンダーを復元します。
    ダウンロードしたiCloudバックアップからカレンダーを検出するために「スキャン」をクリックします。この処理中に全てのファイルはカテゴリーに分類されます。右側のスライドバーにある「カレンダー」をクリックし、見つけたカレンダーをプレビューします。そして、ファイルをお手持ちのコンピュータに移すために「復元」をクリックします。

    iCloudバックアップファイルからカレンダーを復元

解決法2.iOSのデバイスをリセットし、カレンダーを復元する

iCloudからカレンダーを復元するもう一つの方法は、必要なカレンダーを含んだiCloudバックアップでiOSのデバイスを復元することです。お勧めはしませんが、この方法を好んでいる人も多くいます。結局、これはiCloudからカレンダー、連絡先、設定、カメラロールのファイルなどを復元する公式の方法なのです。

    step1.お手持ちのiOSのデバイスを安定したネットワークに接続します。

    step2.iPhone、iPad、iPodの設定>一般>リセット>「全てのコンテンツと設定を削除」をタップします。数秒で、お手持ちのiOSのデバイスの全てのデータを削除します。

iPhoneをリセット

    step3.iOSデバイスの全てのデータを削除したら、新しいウィンドウが現れ、デバイスを復元します。「iCloudバックアップで復元」を選択して、iCloudバックアップファイルのリストからバックアップしたデータをiOSデバイスに復元します。

iPhoneを復元

復元というからには何か専門的な知識が必要なのではと思った方は多いと思いますが、Dr.Fone for iOS(Windows版)があれば専門的な知識がなくてもデータの復元を行なうことができます。

Dr.Fone for iOS(Windows版)で指示してくれるので、初めての方でも簡単に扱うことができるのでおすすめします。

win版ダウンロード       Mac版ダウンロード 

マークしてPCで無料体験する :
ホーム > 製品活用ガイド > iPhone/iPad/iPodデータ復元 > iCloud復元 > iCloudバックアップからカレンダーを復元する方法

サイトマップ

Top