iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

今データを保存する場所としてクラウドというシステムが人気を出しているのですが、その理由はクラウドに保存しておくことでどこからでもデータにアクセスができるのです。
まさに雲のような存在で、近未来的な仕組みを持っており、様々なサービスに用いられるようになり、今では当たり前に見かけるようになっています。
一番身近な物としてはOSをクラウドにインストールして、どのパソコンからでも同じ環境で作業をする事が可能なのです。


Part1:iCloudの使い方

最近ではwindowsに対応したタブレットも開発販売されており、パソコンだけではなく、スマートフォンやタブレットでもiOSを共有する事ができるようになっています。
そんな便利なクラウドのシステムを取り入れたシステムにiCloudと呼ばれるサービスがあるのですが、こちらはiPhone等のアップルの製品に対応したサービスなのですが、端末のデータをiPhoneで保存する事が可能です。
つまり、iCloudを利用するとサーバーに繋ぐ環境が整っていれば、どこからでもアクセスする事ができ、端末の記憶容量に左右されない使用の仕方が可能です。
特にiPhoneはパソコンと違い内蔵ストレージで保存できる最高の記録容量は32GBとなっているので、すぐにいっぱいになってしまうので、凄く助かるのです。

◆ステップ1.Applestoreのダウンロードと登録

まずは自分のサーバーを確保するために手続きが必要になり、Applestore等でアプリとしてダウンロードする必要があります。
しかし、ダウンロードが完了するとあとは起動するだけで、インターフェースを元に登録作業が進んでいき、その作業手順に従うだけで、登録が完了します。

◆ステップ2.iCloudのサービスを利用し始める

後は移動したいデータを移動したりと自分の好きなようにiCloudというサービスを用いて好きなように使用する事が可能です。
クラウドは無料なのでiCloud自体も無料で使用できるという魅力を持っており、沢山の方に利用されています。
また、アイクラウドの使い方はインストールと設定が完了した後に最初に使い方の説明がありますし、ヘルプを利用する事で使い方を調べる事が出来ます。

◆ステップ3.パスワードを忘れないよう

i cloudはログインが必要なので、必ず登録したIDやパスワードは忘れないようしなければなりません。
アイクラウドはバックアップとして使用できるので、iCloudの使い方をしっかり理解して楽しく使用しましょう。
また、アイクラウドの設定ですが、数時間で済むので、すぐに使いたいと考えている方にとっては便利なアプリになっています。

Part2:iCloudバックアップ復元ソフトDr.Fone for iOS

更に、i cloudの使い方次第では色々な環境で使用できるので、より細かい利用が出来るようにしましょう。

iCloudの設定方法で何ミスを起こしても、iCloudバックアップ復元ソフトDr.Fone for iOSというソフトを使用する事で、もしもの時の対応が可能です。
Dr.Fone for iOSはiCloudの使い方で写真を間違えて削除しても復元してくれるので、安心して使用する事が出来ます。
i cloudはバックアップとしても使用できますし、iCloudをメールとしての使い方も出来ますし、iCloudとwindowsを掛け合わせた使い方も出来ます。

Dr.Fone for  iOS

ホーム > 製品活用ガイド > iPhone/iPad/iPodデータ復元 > iCloud復元 > iCloud(アイクラウド)使い方:iCloudのシステムを紹介

サイトマップ

Top