iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

iCloudを使って新しいiPhoneにデータを移行する超カンタンな方法

新しいiPhoneに古いiPhoneのデータを移行するには?

iPhone6が発売開始となってから、既に時間が経ちましたね。既に最新デバイスを使っている人も多いでしょうが、これからiPhone6/Plusに機種変更しようと思っているという方も、きっと多いはずです。

さて、新しいデバイスを手に入れた時に必ず行わなくてはならない作業がありますね。今まで使っていた古いデバイスから、新しいデバイスへデータを移行する作業です。これには様々な方法がありますが、最も簡単で手軽な方法は、きっとiCloudを利用する方法でしょう。

マークしてPCで無料体験する :

まず、古いデバイスでiCloud上にバックアップファイルを作成します。ホーム画面から『設定』→『iCloud』→『バックアップ』と展開し、『iCloudバックアップ』をオンにします。すると、画面下部に『今すぐバックアップを作成』という項目が表示されますので、ここをタップしてバックアップを作成します。この『今すぐバックアップを作成』がタップ出来ないときは、デバイスがWi-Fiに接続していない等の原因があります。

バックアップを作成したら、次は新しいデバイスにこのバックアップファイルを適用します。新しいデバイスの初期設定画面で、『iCloudバックアップから復元』をタップし、先程作成したバックアップを使ってiPhoneを復元します。たったこれだけの作業で、古いiPhoneから新しいiPhoneへ、データの移行が完了します!これはとても便利です。

しかしこの方法にも弱点はあります。それは、古いiPhoneのデータをほとんど全てそのまま移行しなければならない、という点。つまり、古いiPhoneに保存されていた不必要なデータまで、全て新しいiPhoneへ移すことになってしまうのです。新しいiPhoneを手に入れたら、そのときに要らないデータは一掃してしまいたいですよね。そんな方にはDr.Fone for iOS(Windows版)がオススメです。

Dr.Fone for iOS(Windows版)を使えばもっと便利!

ステップ1:Dr.Fone for iOS(Windows版)をインストール

インストールが完了したら、ソフトを起動します。次にUSBケーブルで新しいiPhoneとパソコンを接続します。

ステップ2:『iCloudバックアップファイルからリカバリー』をクリック

すると、画面上にAppleIDとパスコードを入力する画面が表示されます。ここにIDとパスコードを正しく入力してiCloudにログインしましょう。

ステップ3:利用するバックアップファイルを選択

バックアップファイル一覧の中から利用するものを選んだら、ダウンロードをクリックします。すると、バックアップファイルの中のどの種類のファイルを利用するのか聞かれますので、『全てを選ぶ』にチェックをして『次へ』をクリックします。

ステップ4:復元したいファイルを選択する

ダウンロードが完了すると、画面にはバックアップファイルに含まれていたファイルがサムネイル表示されます。ここから必要なファイルのみを選択して、画面右下の『復元』をクリックします。

必要なファイルだけを移行できる=空き容量を増やせる!

Dr.Fone for iOS(Windows版)があれば、あなたにとって必要なファイルだけを選んで新しいiPhoneに復元することが出来るので、ただiCloudバックアップを使ってデータを移行するよりも、もっと便利です!こんな方法、あなたは知っていましたか?

iPhone6を手に入れたら、ぜひDr.Fone for iOS(Windows版)を使って便利にデータ移行を試してみてください!きっとその便利さにビックリしますよ。

マークしてPCで無料体験する :
ホーム > 製品活用ガイド > iPhone/iPad/iPodデータ復元 > iCloud復元 > iCloudを使って新しいiPhoneにデータを移行する超カンタンな方法

サイトマップ

Top