iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

iCloudにログインする方法

iCloudはサーバー上に自分の保存したいデータを保存できるので人気のあるシステムなのですが、このiCloudにログインするにはIDとパスワードを入力する必要があります。
iCloudは便利なのですが、セキュリティ上の危険があり、必ず使っている人しかアクセスできないようにする事が求められているので、このようにログインというシステムが考えられています。
そのため、IDとパスワードを忘れてしまうとiCloudにログインできないという自体が発生してしまうので、注意が必要です。
しかし、iCloudを頻繁に利用している人なら問題ないのですが、あまり頻繁にログインしない人は忘れてしまいがちになってしまうので、更に注意が必要です。
そんなiCloudへのログインの仕方をiPhoneとパソコンの面で詳しく紹介しいきたいと思います。

Part 1: iPhoneでiCloudをログインする方法

ステップ 1 iCloudをダウンロードする

iPhoneにiCloudのアプリをダウンロードして、使用できるようにインストールを完了させます。

ステップ 2 IDとパスワードでサインインする

そしてiCloudのアプリケーションを立ち上げて、最初の画面でIDとパスワードを入れて、サインインして使用していきます。

(iCloudのログイン画面で失敗してしまうと、データをみる事が出来なくなるので注意が必要になります。)

Part 2: PCでiCloud.comをログインする方法

iCloud.comにログインする必要があり、パソコンの場合は直接iCloudのサイトにアクセスする形になります。

(IDやパスワードの入力はiPhoneと同様に必要になるので、ここで間違えないようにする必要があります。)

パソコンの場合は、バックアップとしてデータを落とす場合が多いと思いますので、iPhoneを新しい物に買い替えたりした時に、パソコンでダウンロードして新しい端末へとデータを移動する事も可能です。

i cloudではログインが一番重要になってくるので、iCloudの詳細はメール等で共有するようにして、ログイン出来るようにしましょう。

そうする事でパソコンからのログインも簡単にできるようになりますので、楽しくiCloudを使用する事が可能です。

i cloudのログインはappleidにログインするためのIDやパスワードなので、情報整理をしておきましょう。

iCloud.com

Part 3: iCloudバックアップ復元ソフト「Dr.Fone for IOS」

iCloudはログインしたという通知がでるため、あまりiCloudへのログイン間違いがしつこいと止められる可能性もありますので要注意です。

iCloudバックアップからデータを復元する時に、Dr.Fone for iOSの「iCloudバックアップから復元」という機能を使用してiPhoneのデータを復元する方法があります。

Dr.Fone for iOS

Dr.Fone for iOSで iCloudバックアップからデータを抽出し復元します。復元可能なデータタイプは写真、連絡先、動画、リマインダー、カレンダー、メッセージ、メモ、ボイスメモ、ブックマークなど合計18種類があります。いざの時に、iCloudバックアップ復元ソフトDr.Fone for iOSを利用しましょう。

サイトマップ

Top