iPhone起動しない症状から

iPhone画面が真っ暗になる場合、暗い画面からiPhoneを復元する方法は?

iPhone画面が暗いという死のブラックスクリーンは、これまでも時々多くの熱心なiPhoneユーザーが直面してきた現象です。それは、iPhoneが真っ暗なスクリーンの出現により機能しなくなってしまう状態になることです。iPhone画面は黒い背景にアップルロゴがあることもあるが、完全に真っ暗のこともあります。

自分の携帯電話に死のブラックスクリーンが表示されたらほとんどの方が自分の最寄りのアップルストアに行かれると思いますが、しかし修理費用を負担する余裕がある方ばかりではないと思います。あなたがそのようなiPhoneのユーザーであるか、単にすべて自身の問題は自分で解決をしたい意欲的なiPhoneの所有者なら、画面が真っ暗になったiPhoneから救出できるソフトWondershareの「Dr.Fone for iOS」はあなたのためのものです。それは、iPhoneに死の画面が真っ暗になる異常を対応します。 Dr.FoneがiPhoneデバイスに実行されれば、画面が真っ暗になる症状の出現する以前のように、正常に実行を開始します。

対応機種:iPhone 7/7 Plus/SE/6s/6s Plus/6/5S/5C/5/4S/4/3GS
まずは、iPhone画面が真っ暗になる不具合から救出できるソフトをダウンロードしましょう。

win版ダウンロード    Mac版ダウンロード

Part1: iPhoneの画面が真っ暗になった原因

アイフォンの真っ黒画面は、物的損害からソフトウェアの誤動作などによる多くの原因によって出現します。一般的な理由は以下のとおりです:

1.物的損害:iPhoneは丈夫な機器ですが、iPhoneを落とした時、画面が真っ暗になる主要な原因のうちの1つです。

2.ハードウェア·コンポーネントの負荷:電源を切ることなく長期間iPhoneを使用している場合は、iPhoneのハードウェアコンポーネントに負荷がかかり、iPhone真っ暗な画面が出現することがあります。

3.ソフトウェアの誤動作:iPhone真っ暗な画面は、iPhoneのソフトウェアまたはiOSでの誤作動で起こっていることがあります。

4.アプリケーションの非互換性:あなたのiPhoneのソフトウェアとハードウェアの上にあまりにも多くの通行料を取るアプリを実行しようとしていると、iPhone真っ暗な画面の出現をもたらすことがあります。

5.致命的なエラー:バッテリーまたは2つのアプリを切り替えるような単純なものの厳しい排出の結果として、致命的なエラーによりiPhoneの画面が真っ暗になることが発生する可能性があります。

iPhone画面が真っ暗になる原因

Part2: iPhone画面が真っ暗になる症状から「Dr.Fone for iOS」で復元

「Dr.Fone for iOS」は世界初のiPhone、iPad、iPod Touchのデータをすぐに復元できる専用ソフトです。削除されたデータ(連絡先、SMS、メモなど)をiOSデバイスから直接復元。
iTunesとiCloudバックアップファイルを利用して、紛失した写真、動画などのデータの復元も可能です。

関連記事:iPhoneデータ復元

また、新規追加した「iPhone起動障害から修復」という機能は、データの消失なしで、iPhone画面が真っ暗になる症状から復元します。

早速『Dr.Fone for iOS』を使って画面が真っ暗になったiPhoneを復元しましょう。

  1. まずは『Dr.Fone for iOS』をダウンロード&インストールします。
    インストールが完了したら、次は画面が真っ暗になったiPhoneをUSBケーブルでパソコンに接続させましょう。 画面が真っ暗になったiPhoneは認識されない場合、「?」マークをクリックして、画面が真っ暗になったiPhoneがソフトに接続されるように操作してください。
  2. 画面が真っ暗になったiPhoneをパソコンに接続
  3. 『Dr.Fone for iOS』左のメニュー『ツールボックス』、『iPhone起動障害から復元』をクリックします。「開始」ボタンをクリックすると、画面が真っ暗になったiPhoneを復元するためのファームウェアをダウンロードしてくださいという提示が表示されます。
  4. 注意:デバイスはリンゴループ、リカバリーモードループ、真っ暗な画面、ブルースクリーンおよびほかの起動しない症状がある場合、この「iPhone起動障害から復元」がお役に立てます。

    iPhone画面が真っ暗になった症状を修復

  5. 画面が真っ黒になったiPhoneに相応したファームウェアパッケージをダウンロードします。
  6. 真っ暗になる画面を修復

  7. ダウンロードされたファームウェアを確認後、画面が真っ暗になったiPhoneの復元が開始します。 復旧処理は数分かかる場合があります。終了するまでしばらくお待ちください。
  8. 画面が真っ暗になったiPhoneの修復が開始

    Wondershare「Dr.Fone for iOS」で上記のすべての手順を慎重に実行していると、あなたのiPhoneは正常に真っ暗な画面から復元できます。ただしそうではない場合は、あなたのiPhoneに真っ暗な画面を引き起こしている原因はハードウェアに関係している可能性があります。ハードウェアの問題を解決するには、最寄りのAppleストアかアップルデバイスの修理店のどちらかに行く必要があります。

Part3: iPhone画面が真っ暗になることを避ける方法

冒頭で説明したように、iPhone死の真っ暗画面はソフトウェア、ハードウェアどちらの問題でも有り得ます。したがって、iPhone死の真っ暗画面を避けるためには上述のどちらにおいてもいくつかの注意とケアを行う必要があります。

1.iPhone死の真っ暗画面(画面が暗い)を引き起こす可能性のある深刻なiOSのエラーにつながることがあるため、互換性の問題をもたらすアプリのインストールを避けてください。

2.毎月1回正しく(電源ボタンを押しながら) 電源を切ることによって、iPhoneをいくらか休まをせてください。10~15秒後、電源を入れてください。

3.バッテリーおよびハードウェアコンポーネントへのストレスがiPhone死の真っ暗画面の主要な原因であることがあります。したがって、iPhoneへあまりにも多くのストレスがかかっていることを示すサインに気を付けていてください。

4.板の床やコンクリートなどのような硬い表面にiPhoneを落としたりしないでください。iPhone画面が真っ暗になることを引き起こす可能性のあるハードウェアの誤作動はそのような落下の衝撃によって引き起こされる可能性があるからです。

5.iPhoneを落とした時の衝撃を最小限にするために、適切な保護用のケースやカバーを購入してください。

万が一、iPhoneの画面が真っ暗になる場合、Wondershare「Dr.Fone for iOS」でiPhoneを正常に真っ暗な画面から復元しましょう。

win版ダウンロー    Mac版ダウンロー


iPhoneを真っ暗な画面から復元する手順について、こちらの操作デモもご参考になれます。

関連記事

工場出荷時設定に戻した後失われたiPhoneのデータを回復する方法

iPhoneを工場出荷時設定に復元するのは、復元中にデータが上書きされる可能性があるので少し困難です。出荷時設定の復元後のiPhoneからデータを復元することは不可能なように思われるかもしれません。実際には、まだチャンスがあります。復元後の iPhoneのデータを回復する3つの簡単な方法は以下のとおりです。

10.10.2015 もっと見る

iPhoneリカバリーモードから解除する方法

iPhoneはリカバリーモードになっちゃって、なかなか解除できないです。iPhoneをリカバリーモードから解除する方法を教えてください。今回はiPhoneリカバリーモードから解除できるソフトWondershare「Dr.Fone for iOS」を紹介します。

29.03.2017 もっと見る

iPhoneリカバリーモードから復元できない?iPhoneリカバリーモードから復元する方法の紹介

iPhoneリカバリーモードから復元できない?Dr.Fone for iOS(Windows版)というソフトを使えば、保存されたデータを一切消すことなく、iPhoneをリカバリーモードから正常に復元することができます。

13.09.2016 もっと見る
ホーム > 製品活用ガイド > iPhone/iPad/iPodデータ復元 > iOS起動障害の対策 > iPhone画面が真っ暗になった、暗い画面からiPhoneを復元できる?
Top