iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

iPhoneの画像をバックアップする方法

iPhoneに入っている画像をパソコンでバックアップを取る方法を教えて下さい。
確かに、iPhoneで撮影した画像が多すぎると、ほかのデータを保存する空き領域がなくなり、さらいに画像を撮ることもできなくなりますよね。また、iPhoneの操作ミスで撮影した画像を誤って削除してしまったら、後悔するしかないですよね。万が一、iPhoneの画像をバックアップしておいたほうがいいですよね。今回はiPhoneで撮影または保存した画像をパソコンにバックアップする方法を紹介します。

推薦記事:iPhone写真復元する方法

Part1:Dr.Fone for iOSでiPhoneの画像をパソコンにバックアップ

それでは、Dr.Fone for iOSでiPhoneの画像をパソコンにバックアップ する方法を詳しく説明します。

WondershareのDr.Fone for iOS(Windows版)の「iPhoneデータバックアップ&復元」という機能を利用して、簡単にiPhoneの画像をパソコンにバックアップします。無料体験ができます。iPhoneの画像をバックアップしたい方はまず以下「無料体験」をクリックして、お試しください。


win版ダウンロー   Mac版ダウンロー

ステップ1:iPhone画像バックアップするソフトを起動

まずはiPhone画像バックアップするソフトを起動します。iPhoneを接続してください。メイン画面の「ツールボックス」、「iPhoneデータをバックアップ保存」という機能をクリックしてください。

iPhone画像バックアップするソフトを起動

ステップ2:iPhoneのバックアップしたい画像データを選択する。

iPhoneの画像データをパソコンにバックアップする前に、データタイプを選択する必要があります。今回はiPhoneの画像をバックアップしたいので、「カメラロール」の前にチェックマークを入れください。

iPhoneのバックアップしたい画像データを選択する

ステップ3:iPhoneの画像をバックアップ

カメラロールを選択した後、「バックアップ」をクリックすると、iPhoneの画像データを分析し、バックアップします。「PCへ保存」をクリックすることで、iPhone上の画像がすべてパソコンにバックアップ保存されました。

Androidの画像復元が開始

3ステップでiPhoneの画像が正常にパソコンへバックアップされました。

Part2:USBケーブルを使って、iPhoneの画像をバックアップ

一番確実で簡単な方法は、USBケーブルでiPhoneとパソコンを繋いで、iPhoneの画像をバックアップする方法です。
USBケーブルによるiPhone画像のバックアップは、iPhoneがコンピュータでカメラとして認識され、画像を読み込みします。iTunesのインストールが必要となりますので、まずはパソコンにiTunesをインストールしてください。

ステップ1:USBケーブルでiPhoneをパソコンに繋ぎます。すると、画面のようにお知らせが表示されます。「写真とビデオの読み込みフォト」をクリックします。すると、iPhone内の画像の一覧が表示されます。
ステップ2:パソコンにバックアップしたい画像を選択します。
ステップ3:右下の「インポート」をクリックして、iPhoneの画像をパソコンにバックアップ保存します。
バックアップされた画像は、エクスプローラーの「ライブラリ」の中にある「ピクチャ」に保存されています。

iPhoneがコンピュータでカメラとして認識され、画像を読み込む

USBケーブルだけでiPhoneの画像をパソコンにバックアップするには、本当に便利ですよね。ただし、写真をコンピュータに読み込めない場合や、iPhoneがコンピュータでカメラとして認識されない場合はやはりiPhone画像バックアップするソフトがもっとお役に立てますね。これから、iPhoneの画像をパソコンにバックアップしたいなら、ぜひこの WondershareのDr.Fone for iOS(Windows版)を利用してください。無料体験が可能です。

win版ダウンロー   Mac版ダウンロー

購入 Dr.Fone for iOS(Win版) 購入 Dr.Fone for iOS(Mac版)

ホーム > 製品活用ガイド > iPhone/iPad/iPodデータ復元 > iPhoneバックアップ復元 > iPhoneの画像をバックアップする方法の紹介について

サイトマップ

Top