iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

iPhoneロック解除について、iPhoneロックのパスコードを忘れたら…すぐ試したい4つの解除方法

iPhoneのパスコードを忘れちゃった!どうやってiPhoneのロックを解除しますか。

あなたのiPhoneはパスコードを設定してロックしましたか?4桁の数字もしくは複数の英数字で作成するパスコード。きっと多くの人が、「これなら忘れない!」と自信のある文字列をパスコードに設定することと思います。でももし、万が一パスコードを忘れてしまったら、どうすればiPhoneのロックを解除しますでしょうか?

iPhoneのロック画面でパスコードを入力しますが、まず6回パスコードを間違えると、iPhoneが1分間操作不能になります。その後また間違えると、今度は5分間操作不能に。このように、間違える度に段々操作不能時間が伸びていって、11回間違えるとiPhoneの一切の操作が不可能になってしまいます。こうなってしまった場合は、iPhoneを初期化してデータを全て消去するしか手がありません。実はiPhoneのロックを解除するにはいくつかの方法があります。

iPhoneのロックを解除する前に、まずはロックされたiPhoneからデータを復元できるソフトWondershareのDr.Fone for iOS(Windows版)をパソコンにダウンロードしましょう。

win版ダウンロード     Mac版ダウンロード
マークしてPCで無料体験する :

ロックが解除できないiPhoneを復元する方法

方法1:iTunesでiPhoneロックを解除する方法です。
iTunesをパソコンで起動したら、iPhoneをUSBケーブルで接続します。iTunesがiPhoneを認識したら、画面左上のiPhoneマークから『概要』をクリックし、『バックアップ』欄が現れるまで右画面をスクロールします。
バックアップ欄にある『今すぐバックアップ』をクリックして、iPhone上のデータをパソコンに保存します。次に、『バックアップを復元』をクリックし、先程作ったバックアップファイルを復元のために選択します。これでiPhoneをロック画面から解除することができます。

方法2:『iPhoneを探す』を使ってiPhoneを復元する方法です。
これには、iTunesかiCloudで作成されたバックアップファイルが必須となります。まず、ロックが解除出来なくなったiPhone以外のiOSデバイスに『iPhoneを探す』アプリをダウンロードします。次に、アプリにAppleIDとパスコードを入力してログインします。
すると、画面上にログインしたAppleIDと紐付けされているデバイスが表示されます。ここからロックが解除出来なくなったデバイス名をタップし、続けて『アクション』をタップします。すると、画面右下に『iPhoneを消去』という項目が表示されますので、これをタップしてiPhoneを初期化します。このあとは、バックアップファイルを初期化したiPhoneに適用して復元すればOKです。

iTunesでの復元がうまくいかず、『iPhoneを探す』でiPhoneを消去出来なかった場合は、iPhoneを強制的にリカバリーモードにし、復元するという方法をとります。まず充電器・USBケーブル等に接続されていないiPhoneの電源をオフにします。その後、ホームボタンを押したままデバイスをUSBケーブルでiTunesと接続します。この時、ホームボタンを離してはいけません。『iTunesに接続』画面が表示されるまで押したままにしましょう。iTunesと接続してもデバイスに電源が入らない場合は、ホームボタンを押したまま電源を入れます。

iTunesがiPhoneを正しく認識すると、iTunesの画面に『iTunes はリカバリモードの [デバイス] を見つけました』というポップアップメッセージが表示されます。ここで『OK』をクリックするとiTunesがiPhoneの初期化を開始します。初期化が終了したら、ロックされたiPhoneを解除・復元すれば作業終了です。

ロックされたiPhoneのデータを復元!

3つの方法を紹介しましたが、共通するのは、『必ずiTunesもしくはiCloudで作成したバックアップが必要』ということ。一旦iPhoneを初期化するので、バックアップファイルは必須です。しかし、バックアップファイルを作成していなかったり、バックアップを作成した日付が古かったりすると、困ってしまいますよね。こんなときにオススメなのがDr.Fone for iOS(Windows版)です。次はロックされたiPhoneのデータを復元するより簡単な方法を紹介します。

ステップ1:Dr.Fone for iOS(Windows版)をインストール

インストールが完了したらソフトを起動します。その後、USBケーブルでパソコンとロックされたiPhoneを接続します。

ロックされたiPhoneを接続

ステップ2:ロックされたiPhoneのデータをスキャン

製品メニューの『iTunesバックアップファイルから復元』をクリックして、復元したいデータのバックアップファイルを選択して、「スキャン開始」をクリックします。すると、ロックされたiPhoneのデータをスキャンし始めます。

ロックされたiPhoneのデータをスキャン

ステップ3:ロックされたiPhoneのデータを復元

スキャンが終了後、ロックされたiPhoneのデータがプレビュー表示ができます。後は復元したいデータを選択して、復元ができます。

ロックされたiPhoneのデータを復元

Dr.Fone for iOS(Windows版)なら。ロックされたiPhoneでも、データを完全に復元することができます。ぜひお試しください。

win版ダウンロード     Mac版ダウンロード
マークしてPCで無料体験する :
ホーム > 製品活用ガイド > iPhone/iPad/iPodデータ復元 > iOS起動障害の対策 > iPhoneロック解除:iPhoneパスコードを忘れた場合の解除・復元

サイトマップ

Top