iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

Androidスマホの電話帳・連絡先をバックアップ対応する3つの方法

Androidスマホの電話帳や連絡先は非常に重要なもので、この情報が失われるとスマホを利用しての連絡が出来なくなるという事態を作り出してしまう可能性があるのです。
そこで、Androidスマホの電話帳や連絡先をバックアップしておくという対応が必要になるのですが、今ではバックアップ手段も多くどの方法がいいのかと悩まれる方多いかと思います。
まずは自分にあったAndroidスマホの電話帳や連絡先のバックアップ方法を見つける必要がありますので、こちらから詳しく紹介していきます。

SDカードでAndroidスマホの電話帳・連絡先をバックアップ

まず、定番の方法なのですが、外部メモリーにバックアップを取得する方法があり、こちらを利用する事で持ち出し可能な状態で電話帳や連絡先を取得する事が可能です。

この方法では、携帯電話のデフォルトデバイスマネージャーを使ってバックアップできます。
具体的には、ステップ1:携帯電話の「連絡先」アイコンを開きます。
ステップ2:右下又は左下のメニューボタンを押します。
ステップ3:表示したリストから「インポート/エクスポート」を押します。
ステップ4:「SDカードにエクスポート」オプションを選択して連絡先をバックアップします。

Android電話帳をSDカードにバックアップ

スマホやパソコンに内部に保存しておくのは不安があるという方に最適な方法で、大切なデータをしっかり自分の手に持ちたい方にお勧めの方法になります。
しかし、この方法はSDカードを購入しないといけないという費用面で負担がかかる部分がありますので、こちらは注意をする必要があります。

GmailでAndroidスマホの電話帳・連絡先をバックアップ

次にGmailと呼ばれる無料のメールソフトを利用したAndroidスマホの電話帳や連絡先の保存方法があります。

こちらはサーバー上で設置するメールソフトになるのですが、こちらを利用する事で、端末や携帯会社に左右されることなく、電話帳や連絡先の共有が可能になります。 Gmailはサーバー上に自分のデータの保存場所を登録するので、当然登録作業とIDとパスワードを決めてログイン作業が必要になります。 もし、IDとパスワードを忘れた場合は債発行などの面倒な手続きが必要になりますので、管理が得意な方に向いているバックアップ方法になります。

「Dr.Fone for Android」でAndroidスマホの電話帳・連絡先をバックアップ手順

最後にDr.Fone for Androidを利用したAndroidスマホの電話帳や連絡先のバックアップ方法になります。

こちらはDr.Fone for Androidというソフトが必要になりますが、こちらのソフトを使用する事でパソコンの内部にAndroidスマホの電話帳や連絡先をバックアップします。
そのため、ソフト以外の費用は必要ありませんし、経済的な負担は大きくありません。
そんなWondershareのDr.Fone for Android(Win版)」の使用の仕方ですが、こちらは初心者でも使用できるようにインターフェイスが親切に案内をしてくれます。

win版ダウンロー Mac版ダウンロー

1Android端末を接続する

Dr.Fone for Androidを使用するためにはパソコンに一度インストールして、アプリケーションとして使用できるようにする必要があります。

Android端末を接続する

2バックアップしたい電話帳データを選択してください。

パソコンにAndroid端末を接続して、バックアップを取得する機能を使用してください。

バックアップしたいデータを選択する。

3Androidスマホの電話帳バックアップする事が完了。

Androidスマホ上の電話帳データがすべて検出されました。「削除された項目のみ表示する」をオンにすると、Androidスマホの連絡先や電話帳をすべて確認できます。「復元」機能をクリックすると、Androidスマホの電話帳をパソコンにバックアップすることができます。

バックアップが完了

紹介しました3つの方法の共通点は初心者でも簡単に操作できるという事にあります。
Android端末の電話帳のバックアップやAndroid端末の連絡先のバックアップも自分に合っている方法を利用して対応していきましょう。

ホーム > 製品活用ガイド > topic > Androidデータ復元 > Androidスマホの電話帳・連絡先をバックアップ対応する3つの方法

サイトマップ

Top