iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

iPhoneを初期化→復元する場合のHowTo

iPhoneの調子がおかしい!こんなときは初期化→復元を試してみるべき

iPhoneを使っていると、時たまiPhoneが正しく動かなくなってしまう場面に遭遇します。りんごマークが表示されて、その画面から動かなくなってしまったり、見たこともない画面が表示されたり…。こんなときは、思い切ってiPhoneを初期化してしまい、その後復元するとiPhoneの様子が元に戻るかもしれません。

iPhoneの初期化・復元にはiTunesもしくはiCloudで作成したバックアップファイルが必要です。バックアップファイルを作成したら、早速iPhoneの初期化を行いましょう。

iTunesを使ってiPhoneを初期化するには、まずパソコン上でiTunesを起動します。その後、iPhoneをUSBケーブルでパソコンに接続します。次に、iTunes画面左上のiPhoneのマークをクリックして、「概要」タブを開きます。すると、画面中央にiPhoneの情報が表示され、そこに「iPhoneを復元」というボタンが表示されます。これをクリックすると、iPhoneが初期化されます。

iTunesを使わない場合は、iPhoneのホーム画面から「設定」→「一般」→「リセット」を開き、「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップします。すると、iPhoneに保存されたデータが全て削除され、初期化されます。 初期化したiPhoneに作成したバックアップファイルを適用して復元すれば、すべての作業が終了!どうですか、あなたのiPhoneの調子は元に戻りましたか?

マークしてPCで無料体験する :

初期化したくない事情があるならDr.Fone for iOS(Windows版)を使ってみよう

しかし、これをすることが出来ない方もいらっしゃることと思います。例えば、バックアップファイルを事前に作成していなかった方や、作成したバックアップファイルが古くて使い物にならなかった方です。こんな方々は、iPhoneを初期化すると、保存されていたデータが全て消えてしまいますから、この作業を行うことを躊躇ってしまうかもしれません。そんなときに活躍するのがDr.Fone for iOS(Windows版)。これがあれば、iPhone内のデータを一切消すこと無く、iPhoneの状態を元に戻すことが出来ます。

ステップ1:Dr.Fone for iOS(Windows版)をインストール

インストールが完了したらソフトを起動します。その後、USBケーブルでパソコンとデバイスを接続します。

ステップ2:画面右上『iOSを通常の状態に修復』をクリック

すると画面にデバイスを操作するよう指示が表示されます。画面の指示に従ってデバイスを操作し、リカバリーモードに移行させます。

注意:デバイスはリンゴループ、リカバリーモードループ、ブラックスクリーン、青い画面およびほかのシステム症状がある場合、この「iOSを通常の状態に修復」がお役に立てます。

iPhoneを初期化&復元

ステップ3:ファームウェアをダウンロード

画面上に表示されるURLにアクセスし、ファームウェアをダウンロードしたら、先程ダウンロードしたファームウェアを参照して適用します。これであなたの作業は終了。iPhoneは以前と同じように使えるようになります!

これさえあれば、iPhoneのデータを削除する必要ナシ!

Dr.Fone for iOS(Windows版)があれば、iPhoneの困った状況にしっかり対応することが出来ます。初期化の必要があるのに初期化出来ない時、Dr.Fone for iOS(Windows版)があれば、デバイス内に保存されたデータを一切消すこと無く、デバイスを元通りの状態に戻す事ができるのです。これって、すごくないですか?

もしあなたのデバイスがおかしくなってしまって、初期化の必要がある場合は、ぜひDr.Fone for iOS(Windows版)をお試し下さい。きっとご満足頂けるはずです!

マークしてPCで無料体験する :
ホーム > 製品活用ガイド > iPhone/iPad/iPodデータ復元 > iOS起動障害の対策 > iPhoneを初期化→復元する場合のHowTo

サイトマップ

Top