iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

Windows DVD メーカーでMKVデータをDVDに焼けない? 

Windowsマシンの少し前のOSである、Windows VistaのプレミアムエディションおよびWindows7に標準でインストールされて いるWindows DVD メーカー。 オーサリングおよびライティングのソフトウェアとして、Windowsユーザーには定番のソフトではないでしょうか。

Windows DVD メーカーで対応できるフォーマットは、動画はAVI、MPG、WMV等で、画像はBMP、GIF、JPG、PNG等、音声ではWAV、MP3などです。 そう、Windows DVD メーカーはMKVデータに対応していないんです。しかも出力はMPEG-2形式なので、そもそもがデータの入出力において不適なんです。

そうなった場合、WindowsマシンではWindows Live ムービーメーカーの出番ですが、OSがWindows7以降で、かつ標準で インストールされていないので別途ダウンロード・インストールする必要があります。簡単なことをしたいだけなのに、Windowsマシンでもそれなりの手間がかかりますね。

ではどうやって解決いたらよいでしょうか。 MKVフォーマットを取り扱えて、入力出力ともに対応できるソフトとなるとフリーソフトでは一長一短があって 思うような作業ができないので、ここでは有償の「Video to DVD 2 (Windows版)」をご紹介したいと思います。

win版ダウンローMac版ダウンロード

このソフトは、素材元をほぼ選ばないといってもよいと思う位に守備範囲が広いんです。それこそ、ウェブ上に挙がっている動画はほとんど対応できるし、デジタルカメラ・デジタルビデオカメラで撮影した データも、また複数のデータでも簡単操作でDVDに書き込んでくれます。

しかも単にDVDにライティングするだけでなく、動画にメニューを作成したり、さらにDVDのサムネイルも編集ができたりと、 お手頃価格で機能満載、そして何より操作が簡単なんです。

そのほか特徴的なところとしては、DVDのメニューとなるテンプレートが多数あり、更に編集機能でもこんなことがあります。

  • ・動画の縦横の変更(回転)
  • ・カット、クロップ
  • ・テキストの追加

などなど、ライティングソフトなのに、普通の動画編集ソフトと同じことができます。
もちろん、BGMをつけるのも、簡単です。

さて、肝心なDVDへの書き込みですが、DVDディスク(DVD-5またはDVD-9)、DVDフォルダ、またはISOイメージファイル への書き込みに対応していて、保存形式は自由に選択可能です。

では早速MKVをDVDに書き込みの手順についてみていきましょう。

Step 1 MKVファイル(拡張子 mkv.)の追加

「インポート」をクリックして、DVD作成に使用予定のMKVファイルを『MKV DVD 焼く』にインポートします。

mkv dvd作成

Step 2 DVDメニューテンプレート、背景画像と音楽の追加

MKVファイルに対して、色々と編集することができます。

mkv dvd焼く

Step 3 MKVをDVDに書き込む

MKV をDVDディスクに作成するか、ISOイメージを保存するか、DVDフォルダを作成か三つの選択肢があります。「DVD作成」をクリックすると、MKVをDVDに焼く作業が開始します。

mkv変換

これで完了できました。

しかし簡単な操作の一方、出力においてはISOファイル、DVDMEDIA、DVDフォルダ、DVDディスクへの出力となるため、 保存後のデータフォーマットもMKVにしたいという場合には、「スーパーメディア変換!」を使用します。 作成したDVDディスクをそのまま「スーパーメディア変換!(Mac版)」で読み込み、MKVフォーマットにしてDVDに焼くことができるんです。

その操作も、ソフトを立ち上げたら、変換したいデータをドラッグアンドドロップで読み込むのはもちろん、DVDをドライブに 挿入すると自動的に検出してくれるので、それをそのまま取り込めばOKです。

その後出力形式を選択して、ツールバーにある「変換」ボタンをクリックするだけ。 この「スーパーメディア変換!」はちょっとした動画の編集もできるので、とても重宝するソフトなので、 持っていると便利です。

win版ダウンロー Mac版ダウンロード

マークしてPCで無料体験する :
ホーム > 製品活用ガイド > topic > DVD作成 > MKVデータをDVDに焼く方法

サイトマップ

Top