iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

DVD Flickエラー:よくあるトラブルと解決策

DVD FlickはDVDの作成とDVDフォーマットにあなたのコンピュータのメディアファイルの記録に対応しているオープンソースソフトウエアです。しかし、作業中にDVD Flickが正常に作動しなくなるという問題が起こることがあります。ここではDVD Flickでよく起こる問題のフォローアップと、解決方法についてご紹介します。このインストラクションに沿って解決してみてください。

問題1 DVD FlickがDvdflick.dllのエラーメッセージによってうまく作動しません

dvdflick.dllファイルが見当たらない、または破損していると「dvdflick.dllが見つかりませんでした」、または「dvdflick.dllのファイルが見当たりません」、「dvdflick.dllにアクセスできません」などの表示が出ます。

原因:

・dvdflick.dllファイルの無効または破損したレジストリの入力

・ウイルスやマルウェアの影響、またはWindowsソフトウエアデベロッパーハードウェアの不具合

・他のプログラムが必要なバージョンを上書きしてしまっている、故意にまたは誤ってdvdflick.dllファイルを消去・アンインストールした可能性があります

解決:インストラクションに沿って確かめてください。

・Microsoftレジスターサーバーを使用することでdvdflick.dllを手作業で登録できます

・無効なdvdflick.dllレジストリの入力を修復しましょう

・Windowsのゴミ箱からdvdflick.dllを取り除くか、回復しましょう

・すべてのドライバーとWindows OSソフトウエアアップデートをアップデートし、インストールしましょう

dvd flickのトラブル

問題2 DVD FlickでDVDの書き込みに問題が生じてしまいました(DVDディスクが小さすぎます)

ディスクを書き込んでいる間、追加ファイルがDVDストレージよりも小さいにも関わらず、DVDディスクが書き込みの際にファイルを追加するのに小さすぎると表示されます。

原因:

この問題はDVD Flickによって作成された初期の(.iso)ファイル、またはこのソフトウエアのバグによって生じています。またファイルの時間が制限を超えている可能性があります。

解決:ディスクを書き込む前にテスト確認し時間管理について注意深く確認しましょう。

書き込み前のテスト:ImgBurn を作動し、ファイルまたはフォルダーをディスクに書き込んだらブランクのDVD-Rディスクを挿入し、フォルダーを開いて出力ファイルVIDEO_TS)を探しImgBurnにドラッグ、書き込みテストのボックスを確認して書き込みを開始しましょう。

成功したら書き込みテストのチェックを外し、DVDの書き込みを開始しましょう

dvd flickのトラブル

問題3 DVD-FlickでDVDを書き込んだらオーディオに問題が生じました

(.avi)フォーマットのDVD-FlickでDVDを三枚書き込みました。ポータブルDVDプレーヤーで再生したところそのうち二枚でオーディオがうまく再生できませんでした。オーディオが急にオフになったり、時々長い間何も聞こえなくなることがあります。しかしコンピュータのPowerDVDでは再生することができます。

原因: 書き込み、または(.avi)フォーマットでの書き込み、そして高速でディスクを書き込んでいる間のマルチタスクはこれらの問題を引き起こします。

解決:ディスク書き込みのスピードを確認することでオーディオに関する問題を回復することができます。時間のある時にコンピュータでの作業を書き込みのみにしましょう。そしてディスクの書き取りが正常に作動するかテストするまでしっかりと (.iso)バックアップを保存しておきましょう。

dvd flickのトラブル

問題4 DVD-Flickで作成したDVDがDVDプレーヤーで再生できません

DVD-Flickで作成したDVDがフィリップスDVDプレーヤーで再生できないという問題が生じました。DVDの中に84個のファイルを書き込むことができませんでした。

原因:DVD Flickは64ファイル以上を書き込むことができません。さらにAudeo_TSフォルダーまたは.BUPファイルを紛失している可能性があります。

解決:Wondershare DVD Creatorのような代替のDVD記録装置を使用してみてください。以下の手順に沿ってDVDの設定を確認してください。プロジェクト設定からビデオを選択し、NTSC or PAL. Set NTSC for North Americaを選択しましょう。

dvd flickのトラブル

問題5 DVD FlickまたはImgBurnでレイヤーブレイクという問題が生じました。

書き込みで (.avi) を(.iso)に変換している間、ImgBurnがレイヤーブレイクポジションについての画面を表示しました。ファイルはシングルレイヤーDVDの書き込みには大きすぎると表示していました。

原因:そのファイルはシングルレイヤーのDVDに (.iso)ファイルを書き込むのには大きすぎるか、時々この問題を引き起こすセットアップがかけている可能性があります。

解決:そのファイルを書き込むには700mb (.avi)ファイルにする必要があります。ソースファイルをシングルレイヤーDVDに適合させるには大きすぎるので、DL DVDを使用することができます。一応ディスクの設定が4.7GBのディスクに設定されているか確認しましょう。

dvd flickのトラブル

問題6 DVD Flickの音楽の同期で問題が生じました

写真や動画はTVのプレイバックからDVDにTV番組を書き込んでいる間、同期することができません。

原因:オーディオディレイを無視するを確認していない可能性があります

解決:別々のタイトルで番組を追加し、オーディオプロパティの中からそれらのトラックに関するオーディオディレイのボックスにチェックをつけましょう

問題7 書き込みでDVD Flickに問題が生じました(ファイルが見つかりません)

書き込みのプロセスはうまくいっているのですが、ファイルが見当たらないまたは見つからないためにすぐに書き込みとDVDが停止します。

原因:DVD書き込みプロセスメニューが削除されている、または実行のコマンドに問題がある可能性があります

解決:DVD Flickを使用したDVDの書き取りに適切なプロセスかを確認し、信頼のおけるソースまたはプロに強力を得ましょう

問題8  (.iso)ファイルでリージョンコードを変えることにおいて問題が生じました

(.iso)イメージファイルのPALフォーマットはUSAバージョンのDVDプレーヤーでは再生されません

原因:それらは北米のみで再生可能なNTSCフォーマットで書き取りされていません。

解決:DVD圧縮を作動させ、ISOイメージをそこにドロップしましょう。クオリティに適応する主要動画のみエンコードするためファイルを再書き込みしましょう。その後、インストラクションに従ってください。バックアップをクリックし、DVDリージョンからリージョンフリーボックスをチェックするを選択後、OKで完了です。

dvd flickのトラブル

問題9 書き込みエラーが繰り返されます(ファイルが見つかりません)

DVDを書き込んでいる間、738で作られた DVD Flick Version 1.3.0.7でファイルが見つかりませんというプロセスが表示されます。

原因:このバージョンはバグがある可能性があります

解決:プログラムをアップデートするか、ImgBurnから作動しましょう

上記の問題を防ぎ、正常にDVDを書き込みためには、DVD Flickの代替として最も好まれているWondershare Video to DVD 2を使用しましょう。

dvd flickのトラブル

重要な機能

1.数回のクリックという一番簡単な方法でDVDを作成しましょう

2.ビルトインエディターで簡単にアクセスが可能です

3.DVD高速書き込みが可能で、プリデザインれた多くのテンプレートでDVDをカスタマイズすることもできます

4.理解しやすく、使い勝手の良いインターフェイスです

5. 問題が起こりにくいWindows DVD メーカーやDVD Flickのような人気のあるDVDソフトメーカーのより良い代替ソフトウェアです

 Video to DVD 2は、問題が生じることなくDVDを書き込むことができ、日常のパートナーのように使用することができます。そしてDVD FlickよりもDVDを高速で、簡単によりスムーズに書き込むことができます。

win版ダウンロー Mac版ダウンロード

マークしてPCで無料体験する :
この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。>>

ホーム > 製品活用ガイド > DVD作成 > DVD Flick > DVD Flickエラー:よくあるトラブルと解決策

サイトマップ

Top