iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

dvdレコーダーの知識や機種の紹介

最近は、テレビで面白い番組をよくやっています。テレビを見ることが好きな方にとっては楽しみにしている番組もあると思いますが、仕事や用事などで時間が合わなくなってしまう場合もあると思います。そういった時には、録画ができればとても便利です。録画ができるものは色々ありますが、今回はdvdレコーダーに注目してみました。簡単な操作で録画ができ、保存用dvdも作成できます。他にも様々な機能が搭載されているので、もっと詳しく紹介していきたいと思います。

dvdレコーダーについての知識

昔は録画するのにビデオデッキを使いビデオテープに録画していましたが、今の時代ではdvdディスクが主流になりました。テープに比べると保存もしやすく、破損しづらいということもあります。dvdレコーダーでできることはとても多く、操作もシンプルです。録画するのも番組表から録りたい番組を選ぶだけ、上書きの心配もありません。長時間録画も対応しています。録画中に番組を再生したり、dvdを再生することも可能です。時間を短縮して見られる、早見再生という機能もついています。編集も手軽で、CMなど不要シーンのカットや、好きな場面だけを集めたdvdを作ることもできます。最近のdvdレコーダーはHDDというハードディスク内蔵型でブルーレイ対応のものが多くなっており、売られているのもこのタイプがほとんどです。機種により容量の違いはありますが、長時間分の録画を保存しておけます。HDDに録っておけば消さない限り何度でも見ることができ、長期的に保存するならdvdに移すこともできます。今では機種の種類も増えてきているので、次ではいくつか紹介していきたいと思います。

dvdレコーダー10選

1.「パナソニック ディーガDMR-BRS510」

パナソニック ディーガDMR-BRS510

コンパクトな形のブルーレイ・dvdレコーダーです。シンプルで迷わず操作できる簡単リモコンが付いていて、よく使う「見る」「録る」ボタンは大きくわかりやすいです。HDD容量は500GBで、手軽に使えるスペックとなっています。

2.「パナソニック ディーガDMR-BRG2020」

パナソニック ディーガDMR-BRG2020

容量が2TBと大きく、家族が多い場合でも同時に6番組の録画が可能です。好みのジャンルやキーワードでフォルダ設定できるので、録画した番組を整理しやすくなっています。また、専用アプリを使えば、外からでも録画予約ができます。

3.「東芝 REGZA DBR-Z610」 

東芝 REGZA DBR-Z610

2番組同時録画が可能で、自動録画にも対応しています。操作画面の表示速度や操作レスポンスも早く、編集などが快適です。録画した番組の本編部分のみを再生してくれるおまかせプレイも便利です。

4. 「東芝 REGZA DBR-T660」

東芝 REGZA DBR-T660

録画モードはハイビジョン画質、標準画質でそれぞれ録画モードを搭載。3番組同時録画できるほか、フルハイビジョンの長時間録画も可能。HDDも2TBと大きく、録画をたくさんする人におすすめです。

5.「SONY BDZ-E520」

SONY BDZ-E520

テレビ録画を手軽に楽しめるモデルです。タレント名やアーティスト名を設定しておけば、出演している番組を自動的に録画してくれます。500GBの容量で足らなくなった場合は外付けハードディスクを設定しましょう。

6. 「SONY BDZ-ZT2000」

SONY BDZ-ZT2000

表示できる局数が多く、番組の情報も細かく確認できます。同じ名前の番組を自動で毎回録画する設定もできるので、ドラマなどの録り忘れも心配ありません。わかりやすいホーム画面で簡単に扱えます。

7. 「シャープ AQUOS BD-NS500」

シャープ AQUOS BD-NS500

特徴的なのは「ドラ丸」というドラマ予約機能です。新作ドラマを4週間分自動で録画し、一度再生したドラマは4週間経つと古い回から自動削除。お気に入りのドラマは予約確定すると削除されずに残しておけます。

8. 「シャープ AQUOS BD-NT3000」

シャープ AQUOS BD-NT3000

前に紹介したのと同じように「ドラ丸」は搭載。容量は3TBと大きく、3番組が同時録画できます。スマートフォンと連動させれば録画した番組を外で視聴したり、録画予約をすることもできます。

9. 「マクセル アイヴィブルー BIV-TW1000」

マクセル アイヴィブルー BIV-TW1000

初めてレコーダーを使う人でも迷わずに使いやすい簡単メニューで、リモコンも操作ボタンが大きく扱いやすいです。ブルーレイディスクの映像を4Kにアップコンバートすることで、高精細な画質が楽しめます。

10. 「東芝 VARDIA RD-A600」

東芝 VARDIA RD-A600

ブルーレイには対応していないレコーダーです。HDDは600GBと大きく、2番組同時録画ができます。基本的な機能はほぼ揃っており、編集もしやすくなっています。dvd作成も簡単です。

dvdレコーダーの選び方としては自分の用途に合ったものを選びます。同じシリーズのものでもスペックなどの違いがあるので、よく確認してから購入しましょう。

ホーム > 製品活用ガイド > DVD作成 > Blu-ray DVD > dvdレコーダーの知識や機種の紹介

サイトマップ

Top