iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

おすすめのブルーレイメディアの紹介と選び方

テレビ番組や映画、ホームビデオなどビデオテープに録画するアナログの時代から、デジタルデータとして記録できる時代になり、HDやDVD、ブルーレイディスクに録画するスタイルへと移行してきました。しかしブルーレイディスクはまだまだ認知度が低く、またメディアにデータを書き込むには時間がかかるため、テレビ番組を録画する用途ではもっぱらHDレコーダーを使うことが主流です。
しかしDVDの約5倍以上記録できるブルーレイディスクはハイビジョンをはじめ、今後主流になる4K動画など情報量の多いデータに対応できる持ち運べる大容量メディアとして貴重な記録媒体です。そこで今注目のブルーレイディスクの種類や選び方、おすすめの3つのメディアについて紹介します。

1.ブルーレイディスク(blu-rayディスク)の種類や選び方

大きく分けて読み込み専用型、追記型、書き換え型の3種類に分けることができ、それぞれのタイプによって1層25GB、2層50gb、3層100GB、4層128GBとブルーレイディスクの容量に違いがあります。
・読み込み専用型BD‐ROM
読み込み専用で書き込みはできません。
主に映像ソフトやゲームソフトなどのデータの記録に使われ、市販されているものがほとんどです。

・追記型BD‐R(片面一層 25GB)、BD‐R DL(片面2層 50GB)、BD‐R XL(片面3層 100GB、4層128GB)
一度だけ書き込みが可能で、容量が空いていれば追記できます。
長期の保存に向いています。

・書き換え型BD‐RE(片面一層 25GB)、BD‐RE DL(片面2層 50GB)、BD‐RE XL(片面3層 100GB)
繰り返し書き込み、書き換えが可能で、規格上1000回以上の書き換えができます

それでは選び方を紹介します。
録画した番組や編集したホームビデオなど間違えて書き換えたくないものや、一回の記録で十分な場合は長期保存が可能で、書き換え型よりも安く、データを渡すのにも便利な追記型「BD‐R」がおすすめです。
一度見るだけでいい番組や、データを一時的に保存したい場合などは繰り返し記録が可能な書き換え型「BD‐RE」がおすすめです。一枚で何度も記録できるので経済的です。
どちらとも容量が大きいほど値段も高くなるので、記録するサイズに合わせてR、DL、XLの中から選びましょう。

2.おすすめのブルーレイディスク メディアを三つ紹介

安いメディアは書き込みのエラーや、経年劣化でせっかく記録した大事なデータが読み取りできなくなったり、破損してしまう可能性がありますが、品質にこだわり過ぎても高価になってしまいがちです。そこでさまざまなブルーレイディスクの中でも価格と安定性のバランスがいい、おすすめのメディアを3つ、口コミの評価なども交えて紹介します。

(1)三菱化学メディア Verbatim  1回録画用  BD‐R 25GB(追記型) 50枚スピンドル 品番VBR130RP50V4 

三菱化学メディア Verbatim

メーカー希望小売価格:オープン 最安価格(税込み)2280円(1枚あたり45.円)

国内大手メーカーの三菱が50枚入りスピンドルで販売している録画用BD‐Rで、ケースはありませんが、なんといっても単価が約45円と非常に低価格で魅力的です。
原産地は台湾ですが、肝心の焼きミスもなく、安定した書き込みができると口コミでも高評価です。リピーターも多く、25GBのブルーレイディスクの中では信頼性と価格のバランスが最も良いメディアです。

(2)Panasonic 録画用2倍速  BD‐RE 25GB(書換型) 20枚パック 品番LM-BE25T20 

Panasonic 録画用2倍速

メーカー希望小売価格:オープン 最安価格(税込み)1771円(1枚あたり88円) 

高いシェアを誇り、安心感、満足感共に定評があるパナソニック製のBD‐Rです。
パナソニック独自の技術、日常での指紋や汚れ、傷などに強い「タフコート」を採用し、使い分けしやすいデザインディスクになっているのが特徴です。
記録速度は速くありませんが、書き換え型でこの価格と書き換えにおける耐久性、安定性は口コミでも評価は高く、ブランド名と原産国も日本という信頼性が大きな強みになっているメディアです。

(3)Panasonic 録画用4倍速  BD‐R DL2層50GB(追記型) 20枚パック 品番LM-BR50LP20 

Panasonic 録画用4倍速

メーカー希望小売価格:オープン 最安価格4690円(税込み)1枚あたり234円

上述したPanasonic製の2層のBD‐R DLです。同じく国内生産で品質管理も徹底しているため信頼性も高く、「タフコート」に加え、防湿効果や記録層の劣化を防ぐ新保護層を導入した「トリプルタフコート」を採用しており、より長期保存に適したBD‐Rとなっています。単価は高めですが、書き込み速度も4倍と速く、エラーもほとんどなくて安定していて、さすがPanasonicと口コミでは高評価です。耐久性を売りにしているため、経年劣化を気にされる方や長期保存を望む方におすすめのメディアです。

現在HDDでの記録が主流の昨今ですが、当然無限に容量があるわけはなく、溜まってきたデータを保存したいときはやはりブルーレイのような大容量メディアにデータを移すことが必須となります。(ちなみにBlue‐rayではなく、blu-rayディスクとなっているのは英語圏では「青色光のディスク」という意味の一般名詞になるため、商標登録ができないからです。)年々品質改善が行われていますが、大事なデータを長期に保存するためには、高温多湿なところや直射日光が当たらないよう管理する必要があるので、そのことに留意し、この記事を参考に選んでいただければ幸いです。

ホーム > 製品活用ガイド > DVD作成 > Blu-ray DVD > おすすめのブルーレイメディアの紹介と選び方

サイトマップ

Top