ブルーレイを再生するならどのソフトを使いますか?

近年はブルーレイが再生できる再生機器と画質にこだわったテレビが普及し始めたことによって、多くの人がとても綺麗な映像で映画などを鑑賞することができるようになりました。
また、ブルーレイドライブが搭載されているパソコンからでも視聴することができます。

ブルーレイを再生できる再生ソフトも数多く登場しているので、映像を視聴しながら作業をするということも不可能ではありません。
ブルーレイを再生するソフトはフリーでダウンロードできるものも多いのですが、検索をかけてみると多くのソフトが出てきて、どれをダウンロードすればよいのか悩むかもしれません。
そこで、Blu-rayが再生できるソフトを簡単に五つほど紹介してみたいと思います。

・CyberLink PowerDVD 15

CyberLink PowerDVD 15

CyberLink PowerDVD 15はDVDのみならずブルーレイにも対応しており、Youtubeの動画なども見ることができるようになっています。
操作法も難しくなく、再生、停止、早送り、巻き戻し、チャプター操作がわかりやすいようにできている他、右クリックでさらに詳細な操作をすることができるでしょう。
また、CyberLink PowerDVD 15ならではの機能としてTrue Theatherというものがあり、映像と音声を補正することでより鮮明な、滑らかな、ぶれのない映像で視聴でき、音声などもよりはっきりと、どんな環境にいても聞きやすいようにすることができます。

CyberLink PowerDVD 15はBlu-rayの再生ソフトとしてとても優れていますが、パソコン性能が低いと恩恵を得ることはできないのが少々難しい点でしょうか。
他には製品のアップデートを実行した後でブルーレイが再生できない状態になったという話もありますが、解決策としてはインストールをしなおしてアップデートを実行せずに使うようにすると一時しのぎになるでしょう。様子を見てからアップデートしても遅くはありません。
無料体験版をダウンロードすれば30日間だけ有料パッケージ版の性能で楽しむことができますので、体験版を使ってみてから考えてみることをおすすめします。

・Aiseesoft ブルーレイプレーヤー

Aiseesoft ブルーレイプレーヤーはブルーレイ

Aiseesoft ブルーレイプレーヤーはブルーレイのDVDを視聴するのに最適なソフトです。とても見やすいユーザーインターフェースをしており、扱いやすくできています。

Aiseesoft ブルーレイプレーヤーの機能として、再生中の画面をスクリーンショットとして保存することができるようになっているので、お気に入りのシーンを画像として眺められるでしょう。
ブルーレイ以外ではHDや4K動画にも対応しており、ISOファイルもそのまま再生することができます。

Aiseesoft ブルーレイプレーヤーには無料体験版が用意されています。
無料体験版では再生画面内に透かしマークがついている以外製品版と大きな違いはありませんが、どうしても透かしマークが気になる方は有料版を購入することをおすすめします。

・VLC メディアプレイヤー

VLC メディアプレイヤー

VLC メディアプレイヤーは無料で使うことができる動画再生ソフトで、これ一つあればなんでも再生できるといっても過言ではないほど数多くの動画形式ファイルを再生することができ、ブルーレイ再生にも対応しています。

動画再生ソフトとしてはとてもシンプルな見た目になっており、扱い慣れていない人でもすぐに慣れるでしょう。
また、映像や音声の調整、スクリーンショットの撮影もできます。
手っ取り早くブルーレイを視聴したいと思った方は是非ダウンロードしてみましょう。

・Blu-ray Player

Blu-ray Player for Windows

Blu-ray Player for WindowsはWindowsでブルーレイが再生可能な動画再生ソフトの一つです。

見やすいユーザーインターフェースでできていて扱いやすく、誰でも気軽に様々な動画を再生することができるでしょう。
無料体験版をダウンロードすることができますので、気になった方はダウンロードしてみましょう。

Blu-ray Player for Macもありますので、Macをお使いの方はそちらの方をダウンロードしてみましょう。

・4Videosoft ブルーレイプレーヤー

4Videosoft ブルーレイプレーヤー

4Videosoft ブルーレイプレーヤーがあればブルーレイが簡単に再生できます。もちろん、ブルーレイのみならず様々な形式の動画も再生することができます。

他にも動画再生ソフトならではのスクリーンショット機能もありますし、操作法もシンプルにできているので直感的に扱うことができるでしょう。
体験版がありますので気になったら一度お試しにダウンロードしてみましょう。

簡単に紹介してみましたが、いかがでしょうか。

基本的にブルーレイドライブを搭載したパソコンであれば上記五つのソフトを導入することによって再生することが可能になりますので、ブルーレイが再生できないと悩みの方はパソコンがブルーレイドライブを搭載しているかどうか、再生プレイヤーがブルーレイに対応しているかどうかを調べてみると原因と解決策が見えてくるかもしれません。

関連記事

「Roxio Creator」の代わりに、DVDに焼くソフト

この記事で、roxio creatorの代わりに、専用のDVD焼くソフト「Video to DVD 2(Win版)」を利用して、動画が写真をDVDに変換する方法を紹介します。操作しやすくて、PCの初心者でもわずか三つのステップで、DVDに書き込むことができます。

13.04.2017 もっと見る

簡単にMTSとM2TSビデオをDVDに書き込み

どうやって簡単にMTSとM2TSビデオをDVDに変換するの?これはMTSとM2TSを変換し、DVDに書き込み・保存・作成する方法についてのステップバイステップガイドです。

01.06.2016 もっと見る

超人気DVD動画編集ソフト紹介

DVD編集で自分のお気に入りシーンをつなげた動画を作ったり、あるいは長い動画でも必要な部分だけを編集するといったことができます。DVD編集でお勧めなのが、「動画編集プロ(Win版)」です。自作動画の編集もテンプレートが豊富であり、また動画サイトからダウンロードしたものを編集してDVDを作成することもできます。

06.09.2015 もっと見る
ホーム > 製品活用ガイド > DVD作成 > Blu-ray DVD > ブルーレイを再生するならどのソフトを使いますか?
Top