iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

【MPEGからDVDへ動画変換ソフト】でMPEGをDVDに焼く

MPEGをDVDに変換ソフト

MPEG、または、MPGとも呼ばれるファイル形式は、オーディオや画像ファイルの圧縮、およびトランスミッションのためにISOの専門家によって標準化され、作られたファイル形式のことをいいます。

MPEGの利点としては、私たちの日常のマルチメディア世界で、幅広く使用されるほど人気があることです。このような人気を背景にして、多くの方々がMPEGからDVDへ変換したいですが、では、このソフトをご利用しようとする際には、どうすればいいでしょうか。

ただ、以下のWondershareのDVD作成の一種類である強力なツール「Video to DVD 2」のチュートリアルに従いますと、簡単にMPEGおよびMPGファイルを有効に扱うことができます。

WindowsでMPEGをDVDに焼くソフトを無料でダウンロードは、こちらへ。さて、下記より、無料でダウンロードして試用してみましょう。

注:Video to DVD 2は最新システムWindows 10に対応できます。

win版ダウンロー   Mac版ダウンロード

MPEGからDVDへ動画変換する簡単な手順

下記の手順は、Windows上でVideo to DVD 2の例となります。

ステップ1:製品にMPEGを読み込みします

Video to DVD 2をインストールします。製品を開くと、メニュータブ上の「ソース」ボタンをクリックし、「インポート」を押して、MPEGビデオが追加されます。また、直接MPEGファイルを右側の枠にドラッグ&ドロップすることによって、導入もできます。

製品画面

注意:別の章を作成する際には、左の画面下段にある「タイトル追加」ボタンをクリックし、複数(制限はありません)のMPEGビデオを追加できます。しかし、メニュータブ上の「DVD作成」画面の下段に表示されるサイズインジケータで、赤い線までファイルの容量が超えている場合には、保存するDVDの設定を「D5:4483MB」から「D9:8152MB」に変更してしていただくか、挿入リストでビデオを削除してリストを減らしてください。

ステップ2:MPEG動画を編集とDVDメニューを設定します

次は、動画ファイルが追加された後、「編集」をクリックすると、部分的カッティング、トリム修正、回転、効果などのビデオ編集も可能です。MPEG DVDディスクのメニューをカスタマイズには「メニュー」タブの設定に移動します。「メニュー」タブでは、DVDを再生する際、表示する画面のテンプレートやレイアウト、ボタンなどが設定可能です。

編集画面

また、メニューのテンプレート設定が終わったら、画面内のテキストが編集(追加/削除)ができ、お客様ならではのDVDメニューが表示できるサムネイルの設定、背景やBGMの設定も可能です。

DVDメニュ 

ステップ3:プレビューとMPEGからDVDへ動画変換します

MPEG DVDディスクが設定どおりに再生できるかを「プレビュー」タブで確認し、必要に応じて変更/追加することも可能です。現在の設定で問題なければ、「DVD作成」タブに移動し、ディスクのラベル、出力先、TV規格、アスペクト比とDVDドライブ(複数のDVDドライブがある場合)などの設定を確認します。

最後に、「DVD作成」をクリックするとMPEGをDVDに焼くことができます。また、MPEGからDVDフォルダやISOファイルへ変換することもできます。MPEGからDVDへ動画変換が終わりましたら、MPEG DVDディスクは、MPEGビデオとして直接テレビでも再生可能な形式に自動的に変換されるので、お持ちのDVDプレーヤーで視聴することが可能です。

これで、簡単 だと思われませんか?今すぐ、MPGからDVDへ動画を変換する簡単な手順に従い、試してみましょう。

win版ダウンロー   Mac版ダウンロード

操作デモがご覧になれます。

ホーム > 製品活用ガイド > DVD作成 > 動画DVD作成 > MPEGからDVDへ動画変換ソフト

サイトマップ

Top