iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

携帯動画をDVDに作成しテレビで見る方法

最近ではモバイルも進化して、動画は当たり前の世界です。何らかのイベントや友人との旅行、あるいは家族との散歩などなど身近な時にいつでも動画が取れる時代です。しかしながら、使用しているモバイルとパソコン、その他のデジタル機器は互換性が無くて、変換をしないと見られないデータもあります。これはデジタル時代の面倒くさいところであって、便利なところです。一体、便利なのか!? 不便なのか!? と感じている人も少なくないでしょう。あるいは、「それがデジタルの楽しいところだよ!」というデジタルオタク系の人もいるところでしょうね。

さて、やはり残したいデジタルデータ(動画)は携帯で撮影したものでも残したいものです。身近で、感覚的に撮影したものだからこそ、リアルな日常や表情が撮影されていていいものです。しかし、携帯での動画をDVDに焼いて残すには少しの手間が掛かります。つまりは、ソフトを利用して、携帯のデータを変換して焼く手続きが必要になるのですね。こうした時に役に立つソフトがWondershare DVD Creator (Mac版)です。このソフトは、さまざまな形式(拡張子が異なっているデータ群)のデータをDVDに移行させて作成することができるソフトなのです。

Wondershare DVD Creator (Mac版)

win版ダウンロー Mac版ダウンロード

携帯動画をDVDに焼く方法

ステップ1:携帯動画の読み込み

 

DVDの作成って、難しいんじゃないのと疑問を持たれる人もいるところでしょう。しかし、難しいものではありません。簡単には、3つの手順でできるのです。まず1つが「読み込み」です。動画に限らず、静止画も含めて、まずは「読み込み」をするのです。
以下二つの方法で動画を読み込めます。
 1) 画面右上の「+」ボタンをクリックすると、ファイルを追加することができます。
 2)直接ファイルを製品左側の枠にドラッグ&ドロップすることで、追加もできます。 

ステップ2:MOVファイルを編集、DVDメニュー追加

 

そして、「編集」です。「DVD Creator」にはデータの編集もできるのです。追加したビデオリストの右下「編集」ボタンをクリックして、右側編集画面に入ります。ビデオのトリム、クロップ、効果、トリム、透かし、回転など、高度な編集機能も装備されています。動画ファイルの不要な部分をカットしたり、テキストとすかしをついかしたりなどできます。

動的テンプレートと静的テンプレートを無料で提供しています。好きによって、DVDメニューを選択してください。

ステップ3: MOVファイルをDVDに作成

 

ここまでが終了したら、「DVDの作成」に移ります。これらの檀家を経るだけで、DVDの作成ができるのです。

この製品はそれほど高くなくて、4千円以内で購入できます。体験版もあります。マック版とウィンドウズ版の両方が販売されています。それぞれが名称が異なっていますので、注意されてください。この製品が気になる人は、まずは体験版をダウンロードして、どういったものなのか? お試しになるといいでしょうね。きっと満足できるものだと思いますね。

ホーム > 製品活用ガイド > DVD作成 > 動画DVD作成 > 携帯動画をDVDに焼く

サイトマップ

Top