iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

WMVをDVDに変換しDVDプレーヤーで再生する方法

お手持ちにWMVの動画ファイルがあります。WMVを一般のDVDプレイヤーで見るためにはどうすればいいでしょうか?

WMVをDVDに焼いてDVDプレーヤーで再生したいという場合はMPEG2に変換するだけでは無理ですね。チャプター付けなどのオーサリング作業が基本、必要になります。(そのまま強引にDVDに書き込んでもプレーヤーによっては次の曲やファイルに移動できない)

WMVからDVDに変換するソフトは山ほど存在するのですが、今回はコンピューターの初心者でも使えるワンダーシェアのWMV DVD変換ソフト『ブルーレイ・DVD簡単作成!』がお勧めです。下記はこのソフトを使用して、WMVをDVDに変換する方法について説明します。

まず、『ブルーレイ・DVD簡単作成!』をダウンロードしてインストールします。

ポイント:ブルーレイ・DVD簡単作成! Windows版は最新のWindows 10に対応済み!

Windows版ダウンロード  Mac版ダウンロード

    ステップ 1 WMVファイルを読み込み

    「インポート」をクリックして、DVD作成に焼く予定のWMVファイルをインポートします。

    WMVをDVDに焼く

    ステップ 2 DVDメニューテンプレート、背景画像と音楽を追加

    WMVファイルに対して、色々と編集することができます。クロップ、回転、トリム(トリミング)、透かしの挿入、効果(エフェクト)の設定等の編集を行うことができます。 

    WMV DVD 変換

    豊富なDVDメニューが用意しています。好きによって、選んでください!

    wmv dvd 

    ステップ 3 WMVをDVDに変換

    WMV をDVDディスクに作成するか、ISOイメージを保存するか、DVDフォルダを作成か三つの選択肢があります。「DVD作成」をクリックすると、WMVをDVDへの変換作業が開始します。wmvをdvdに焼くことで、DVDプレーヤーで再生して、観賞してみましょう。

    wmv dvdプレーヤー

    これでWMVをDVDへの作成が無事に完了できました。

    WMVファイルをDVDに焼くとどこでもDVDプレーヤーで再生できて、便利ですよね。『Video to DVD 2』を試してみましょう。

操作デモがご覧になれます。

Windows版ダウンロード  Mac版ダウンロード

ホーム > 製品活用ガイド > DVD作成 > 動画DVD作成 > WMVをDVDに変換して、DVDプレーヤーで再生する方法

サイトマップ

Top