iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

Top10クリスマス ゲームお勧め

皆さんはクリスマスパーティーなどで、どのようなゲームをやったことがありますか? きっとこれまでのクリスマスでは、色々なゲームで遊び楽しんで来たことでしょう。 そしてもちろん、今年のクリスマスも楽しいゲームで盛り上がって行きたいと考えますよね。 でもパーティーなどで行えるゲームって、思いのほか種類が存在しますので、メンバーの性格ですとかその場の空気などを読まないで適当にゲームを選択すると、場が白けてしまう恐れがあります。 せっかくのクリスマスパーティーですから、そのような失敗をしないように、前もってクリスマスに適したゲームをリサーチしておくと良いと思います。 今回はそんな人のために、クリスマスパーティーで盛り上がるゲームをピックアップして紹介して行きますので、今年のクリスマスを盛り上げるための参考になったら幸いです。

■ジェスチャーゲーム

パーティーゲートとして定番のジェスチャーゲームは、もちろんクリスマスパーティーでも盛り上がります。 準備が全く要らず、身一つですぐに遊べるところがこのゲームの最大の魅力です。 恥ずかしがってジェスチャーを出来ないような人がいても、一人がずっと親としてお題を出し続けるだけで十分楽しめますので、非常に優秀なゲームです。

■ビンゴゲーム

これまたクリスマスパーティーでは定番ですね。 ただ時期的には忘年会などでやる機会の方が多そうではあります。 普通ビンゴには景品が付きものですので、ある程度の盛り上がりは約束されております。 しかしビンゴカードなどの準備が必要であったり、ある程度の予算をかけて景品をたくさん用意したりと、下準備が大変です。 また大げさな準備が必要になる割りに、全然ビンゴできず楽しめない人もたくさん出てしまうなどの危険性も高いので、少人数も内輪パーティーなどではお勧めできません。 やはり会社の忘年会などの大人数で、付き合いの深くない人もたくさんいる場に向いているゲームだと思います。

■プレゼント交換

昔からクリスマス会と言ったら、プレゼントの交換ですよね! 「自分のプレゼントは誰に渡るかな?」「私に回って来たこの変なプレゼントは誰が選んだ!?」などなど、交換方法が何であれ、プレゼント交換はワクワクドキドキして楽しいものです。 クリスマスにしか出来ない、最もクリスマスらしいゲームだと言えるのではないでしょうか。

■椅子取りゲーム

学生の場合はクリスマスパーティーを学校のクラスで行ったりすることがあると思います。 そんな場合は童心に帰って椅子取りゲームなんて行うと、意外と白熱して楽しめます。 体を使った激しいゲームは、それだけで気分が高揚しますのでお勧めです。

■しりとり、山手線ゲームなどの言葉遊び系のゲーム

パーティーやコンパなどの定番とも言える山手線ゲームなどの言葉遊び系のゲームは普通に盛り上がります。 最も単純なしりとりでも、テーマを決めたり「あたまとり」「2字しりとり」などにすることで難易度が上がり、けっこう楽しめるものです。 小道具など何も準備が必要ないので、いざと言うときには古今東西などで急場を凌いで雰囲気を盛り上げましょう。

■イラストジェスチャー、絵しりとり

絵を描くゲームは大抵盛り上がりますので、大きめの紙とペンを用意できるのなら、イラストジェスチャーや絵しりとりなどを行うと良いでしょう。 大概の人は絵があまり得意ではありませんので、ヘタクソな絵を見て皆で笑って盛り上がりましょう。

■お絵かき伝言ゲーム

身一つでできるお手軽なものとして伝言ゲームがありますが、これだけでは古臭いし盛り上がりに欠けるかもしれません。 そこで私がお勧めするのは、伝言ゲームとイラストを組み合わせたお絵かき伝言ゲームです。 上記で挙げたイラストジェスチャーゲームを伝言ゲームのように次々と繋げて行くゲームなわけですが、伝言ゲーム自体の楽しさに加えて、皆の絵心を面白がるといった要素も加わるため、非常に楽しいゲームとなります。

■あみだくじ

紙とペンさえあればすぐに実行できるゲームの一つとして、あみだくじがあります。 非常にシンプルかつ単純なゲームこそ、意外と燃えるものです。 他のゲームでも言えることですが、ただあみだくじをやるだけでなく、罰ゲームや賞品などを賭ければどんなゲームでもそれなりに盛り上がります。

■プレゼントを賭ける

普通はクリスマスパーティーでプレゼントを用意する場合、参加者全員が用意し、皆に一つずつは行き渡るようにするかと思います。 しかしそんな甘いことをせず、ゲームで勝利した者だけがプレゼントを得ることができるといったように、プレゼントを賭けた勝負を行うと、どんなゲームでも盛り上がります。 決着が付いた後で負けた人が不貞腐れる可能性もあるので注意が必要ですが、プレゼントを得られなくてもガチで怒ったりしない大らかな性格の参加メンバーであったなら、このようなシビアな勝負をするのも一つの手です。

■罰ゲームを賭ける

上記の「プレゼントを賭ける」の類似ですが、罰ゲームを賭けた勝負も大変盛り上がります。 これらはゲーム自体よりも罰ゲームやプレゼントが目的になりますから、基本的にはどんなゲームでも盛り上がることができるとても有効な手段なのです。 それこそ最も単純なゲームであるジャンケン勝負であっても、罰ゲームが賭かれば白熱することでしょう。 その為、もし何もゲームが思いつかないですとか、用意したものをやり尽くしてしまった場合などには、プレゼントや罰ゲームを賭けた単純なゲームをすると良いでしょう。

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。>>

サイトマップ

Top