iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

秋分の日

秋分の日とは9月23日か24日で国民の祝日の日になります。亡くなった人たちをしのぶ日として作られました。お彼岸の中日でもあります。お墓や納骨堂などがある人はお参りに行く時でもあります。日本独特の祝日となります。通常であれば、毎年決まった日が祝日になりますが、秋分の日だけは9月23日と24日のどちらかになります。では、どこでその日が決まるのか、秋分の日を決める計算式というものが存在します。それが、
秋分の日(9月XX日)= int(23.2488+0.242194*(年-1980)-int((年-1980)/4))となります。難しそうな計算式です。

ただ、1年が365日ではないところにこの計算式が適用されているのではないでしょうか。未来の秋分の日は決まっています。国立天文台が計算上で予測している月日が秋分の日になります。太陽が秋分点を通過する日のことが秋分の日になっています。 昔は23日に固定で決まっていましたが、1年は365日ですが、ユリウス歴では、4年に1度1日増えますのでそのことを考えて24日に秋分の日と定めている時があります。

秋分の日は昼と夜の時間がまったく一緒であると小学校の時に習いました。しかし、秋分の日は少しだけ昼の時間が長いのです。なぜかといいますと、日の出と日の入の考えにあります。日の出と日の入は太陽の上辺が地平線に接する瞬間というのが、時間になりますので太陽1個分昼の時間が長くなります。太陽の真ん中であれば昼と夜が同じになりますがそういう計算にはなっていません。そしてもうひとつの理由が、地球には待機があるために待機さというのが発生しまして、地平線上では約0.6度だけ長くなります。日の出と日の入では、昼の方が9.6分ほど長くなる計算になります。

秋分の日

秋分の日イベント

日本人はお祭り好きなので、秋分の日ではイベントを行うところが日本全国で多数あります。皆さんが一番良くしているのが、祖先を供養する日として、秋分の日を中心とした一週間を「秋彼岸〔あきひがん〕」と言います。各家々では、家族そろってお墓参りに行ったり、祖先を供養する「法会」が行われたりします。

秋分の日には、農村部などでは、秋分の頃に豊作を祝う自然信仰があり、山の神様である祖先の霊を春分以前には、山から里に迎えていて秋分の日以降には里から山に返すというのが一般的になっています。そのため秋分の日は春分の日と同様に特別な日として迎えられています。

お墓参り花

秋分の3日前の日をお彼岸の入りの人してそこから1週間後には彼岸の明けとなっていて秋分の日がちょうどお彼岸の中間にあることから、中日と言われているのです。お彼岸というのは日本独特のイベントとなり、誰もが知っている休日でもあります。またこの時期になりますと、ぼたもちとおはぎというものがどこの店でも発売されていて、またあずきは古くから邪気を払う効果がある食べ物として食べられており、それが先祖の供養と結びついたと言われています。お彼岸は中日中心に、前後3日ずつを合わせて7日間をお彼岸とうようになっています。 秋分の日4に合わせてたくさんの催し物や祝辞などのサービスが行われるようになっています。

昔は秋分の日はお彼岸などの静かな行いがされていましたが、最近ではいろいろなイベントが全国各地で開催されています。東京では、パン祭りや音楽関係のイベントが多数行われています。面白いものでは、2011年に宇宙をアートしようという天体観測や映像で楽しめる子供が喜ぶイベントなども行われています。

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。>>

サイトマップ

Top