iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

「お盆」と「お彼岸」違いは何ですか?

1.「お盆」と「お彼岸」違いは何?

お盆は、先祖供養の時期として有名です。迎え火を焚いて先祖の霊を迎え入れ、供養した後に送り火を焚いて送り返します。ナスやキュウリで作った乗り物をお供えすることもあります。期間は、7月または8月の15日です。13日に迎え火を焚き、16日に送り火を焚きます。元々、先祖供養が目的の行事だったようです。一方、お彼岸は、墓参りをして先祖を供養する法要の時期として定着しています。この期間は各地のお寺で彼岸会が行われます。

お彼岸は春と秋の2回ありますが、期間は春分と秋分の日を中日とし、その前後3日を合わせた合計7日間です。由来は、昔から極楽浄土は西にあると考えられていましたが、春分・秋分の日は太陽が真東から真西に沈むため、浄土のある西方がはっきりと分かります。その為、この時期は浄土に思いを巡らせ、悟りを開くための修行をする日とされていましたが、それがいつしか先祖供養の行事として定着したようです。

お盆

2.そもそもお盆って何をするの?

個別に法事を行う際の相場は30000円~50000円です。 夫婦など連名で包む時などは50000円を包みます。お寺などで合同のお彼岸法事に参加する際は3000円~10000円を包みます。 自宅に僧侶を招いて先祖供養をしてもらう際はお車代などの交通費も含めて5000円~10000円を包むのが相場です。

お盆

結婚している場合、義理の実家へお金を持っていくことはあるかもしれません。 相手の実家から事前にいくら用意しておいてねと言われることもあります。 何も言われていない場合は、義理のご両親の考え方などを配偶者に聞いておきましょう。 手ぶらで来るなんて非常識な人だと思われないよう、下調べはしておいた方が良いです。お金を持って行かないにしてもお供え物を持っていくと良いでしょう。

デパートなどでお菓子の詰め合わせなどを選び、御供物専用の包装とのしを付けてもらいます。 仏壇には果物などの生ものをお供えするのが正式な形とされていますが、日持ちを考慮して近年ではお菓子でも良いという傾向にあります。

また、お彼岸用のお線香を贈るのも良いでしょう。 結婚後の義理の実家でお彼岸がある場合は最も悩みますが、配偶者と話し合って二人で贈り物をするほうが喜ばれます。

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。>>

ホーム > 製品活用ガイド > 祝日 > お祭り > お盆とお彼岸の違い

サイトマップ

Top