HD動画の再生・編集に必要なソフトについての紹介

HD高画質の動画を編集する作業は、かなり大変だと言われています。これは、HD画質が高画質であるがゆえに、粗が目立ちやすく、いい加減な作業では、違和感が生じてしまうためです。ですから、HD動画編集は細心の注意を払って行わなければなりません。

ソフトウェアの選択にも、気を配るべきです。HD対応のソフトウェアならいいのですが、非対応のソフトウェアだと、HD画質の編集を行いにくく、それを実現させるためには、かなり専門的な知識を必要とされてしまいます。知識さえあればいいのかというと、そうでもなく、単純に面倒臭いため、やはりここはHD対応を謳っているソフトウェアを利用していくべきでしょう。

HD対応の編集ソフトのひとつがWondershare「動画編集 プロ」です。このソフトは、開発当初からHD画質の動画を編集することを念頭に置いていたようで、根幹部分までHDにしっかり合致しているのが特徴です。むしろ、スタンダードな画質の編集に「動画編集 プロ」は大袈裟かもしれませんね。「動画編集 プロ」は有料なので、どうせ使うのであれば、HD画質の動画にしたいものです。スタンダード画質の編集であれば、フリーソフトでもできるわけですし。

win版ダウンロー Mac版ダウンロード

マークしてPCで無料体験する :

HD画質を編集する時間がかかりますか?

「動画編集 プロ」はHD画質を編集する場合でも、違和感のない作業が行えますが、「その分時間がかかってしまう」という思い込みはありがちです。しかし、「動画編集 プロ」の場合、先ほども書いたように基礎の部分からHDに対応しきっているので、時間もあまりかかりません。わかりやすくいうとHD用に最適化されている、ということなのです。

進化し続ける編集ソフト

こうしたことから、最近ではHD動画の編集に「動画編集 プロ」を利用することが主流となってきています。日本だけでなく、世界中に愛用者がいるとのことですから、そのすごさがわかりますね。今後は更にシェアを伸ばしていく考えでいるようで、アップデートも毎日のように行われていますよ。アップデートによって新たに出来るようになった機能もあり、それもまたこのソフトウェアの魅力です。「進化し続ける編集ソフト」ということで業界でもかなり注目されているのです。

動画の編集の楽しさを感じる

HD動画を一度編集すると、その魅力に取り憑かれて、かなり嵌ってしまうといわれています。それは「動画編集 プロ」を利用した場合でも同様でして、動画の編集の楽しさを感じるためには「動画編集 プロ」は相当ピッタリのソフトだと思います。

これまで以上に、素晴らしい作品を仕上げるためにも、Wondershare「動画編集 プロ」を使うことはとても有意義でお勧めです。今後の発展にも期待できますしね。

win版ダウンロー Mac版ダウンロード

マークしてPCで無料体験する :

関連記事

TOP5 4K動画編集ソフト:4K動画を編集するソフトおすすめ

4K動画を編集するソフトおすすめ!最近YouTubeなどインターネット上で4K動画を良く見かけるようになり、中にはとても凝った編集がなされている動画もあります。4K動画を編集できるソフトはどんなものがあるのか調べてみましたので、その中から人気がありそうなソフトを5つ紹介したいと思います。

26.09.2016 もっと見る

動画編集・DVD作成の便利Windows ソフト

この記事では、動画編集・DVD作成の便利Windows ソフトを紹介します。

30.04.2014 もっと見る

Filmora 動画編集(Mac版)の使い方

Wondershare「Filmora 動画編集(Mac版)」は簡単に動画が編集できるソフトとして人気になっているのですが、なんといっても操作が簡単というのが魅力にもなっています。

10.09.2015 もっと見る
Top