wondershare15周年記念感謝キャンペーンX

iPad動画変換:手持ちの動画をiPad用に変換する方法

iTunesは対応形式にうるさく、読み込めない動画が非常に多い。好きな動画やDVDなどファイルをiPadで再生したい場合どうすればいいでしょうか?

iPadはMPEG-4とH.264、Motion JPEG形式の動画を表示します。拡張子は(.mov)や(.mp4)です。もちろん、そんな時は動画ファイルをiTunes/iPad対応に変換するiPad動画変換ソフトを利用してみましょう。iPad 向けの動画変換ソフトの必要があります。iPad 動画変換ソフトを利用して幅広いビデオ/オーディオを変換でき、iPad Pro、iPad mini4、iPad mini 2、iPad Air、iPad (第4世代)、 iPad (第3世代)及びほかのほとんどのメディアプレーヤーで楽しめるようになります。高速かつ高品質のiPad 動画変換をサポートします。

今回使用ソフトは「スーパーメディア変換!(Win版)」で、汎用動画ファイルをiTunesやiPadで再生できる形式に変換するiPad動画変換ソフトです。多機能で軽快動作、使い勝手の良いソフトで、無料ダウンロードしましょう。  詳しい操作方法はご紹介します。

マークしてPCで無料体験する :

動画→iPad高画質でデータを変換する方法

ステップ1:変換したい動画フィアルを追加

プログラムを起動すると操作画面が表示されます。メディアファイルをドラックするか、左上の「メディア」をクリックしてもいいです。AVI形式(.avi)、MPEG形式(.mpeg)、MPEG形式(.mpeg)、FLV形式(.flv)などの動画形式をiPad用に変換できます。Youtubeやニコニコ動画でダウンロードしたSWF形式(.swf)の動画をiPadで見たいという場合もこれでバッチリです。

(ヒント「DVD」をクリックすると、DVDファイルを読み込みます。)

動画追加

ステップ2:ビデオ編集(強力かつ簡単な動画編集機能を持っています)

追加された動画の下にある三つの「編集」ボタンを選択すると編集画面になります。例えば、いかなる動画セグメントをカット、動画フレームをクロップ、動画にウォーターマークを追加、複数のファイルを結合、解像度を変更などを調整することができます。  

編集

例えば、真ん中の編集ボタンを押すと、部分拡大、エフェクト、透かし、字幕、音声などを調整することができます。 

編集画面

ステップ3:出力形式を選択

様々な動画ファイルをiPad用動画MP4に変換します。

WMA、WAV、OGG、APEなどをiPadで再生できるAAC、M4A、MP3に変換します。
動画ファイルから音声を抽出し、AAC、M4A、MP3音声ファイルに変換します。
注意:右側の逆三角形「▼」→「デバイス」→「Apple」で、直接的でiPadデバイスに変換こともできます。ご希望の動画や音声形式を自由自在に設定することができます。

出力設定

全ての設定を完了すれば、画面の右の「変換」をクリックして、変換プロセスを始めます。

上記のとおり、簡単な手順で手持ちの動画をiPad用に変換完了です。

これで変換した動画を新しいiPad(iPad Pro、iPad mini 4)などで思う存分に楽しめます。

スーパーメディア変換!(Win版)』は動画変換、音声変換、DVD変換、DVD作成、Web動画ダウンロード、ビデオ録画の6大機能を一本のソフトに凝縮しています。まず、無料お試し版を利用して見ましょう。

関連記事

DVD iPad変換:DVDをiPad用に変換する方法

Wondershare「スーパーメディア変換!」はiPadでサポートされている動画ファイルにDVDを変換することができる大変便利なiPad用のソフトです。

30.10.2018 もっと見る

iPadの互換性に関する問題解決

iPadの互換性に関する問題解決策をご紹介します。

23.11.2017 もっと見る

売るためにMacでiPadのデータを消去する方法

売るためにMacでiPadのデータを消去する方法を紹介します。

16.09.2015 もっと見る
Top