m4aをwavに変換する方法

m4aとwavの違いは?

m4aは音声ファイルの拡張子です。m4aはMPEG-4規格の一部で、よくAAC(Advanced Audio Coding)規格で圧縮され、主にApple社のiTunesに採用されています。wavも音声ファイルの拡張子ですが、主にWindowsで使われています。wavは無圧縮で、音質は理論的にm4aより良いと言えます。

音声の形式を変更するって一見すると難しくて複雑に考えられますが、簡単に変換できるソフトとしておすすめなのが「スーパーメディア変換!」です。このソフトはm4aからwmvへ最小限のステップで変換できますし、その他ビットレートなどの設定もできます。編集作業やDVDの作成などもこれ一つで行うことができます。 さらに動画の変換もできますし、オンライン上の動画サイトなどからのダウンロード機能も備わっているので、メディアに関するあらゆる作業ができるのです。 無料体験版が配信されているのでまずはこれをダウンロードするのがおすすめです。

早速「スーパーメディア変換!」を使って、m4aをwavに変換する方法をご紹介します。

m4aをwavに変換する方法

STEP 1:変換したいm4a形式(.m4a)のファイルを選択して追加します。

スーパーメディア変換!」を無料ダウンロードしインストールします。

ソフトを開いて、インターフェースにm4a動画ファイルをドラッグ&ドロップするか、左上側の「+メディア」をクリックしてm4aファイルを追加します。

m4aファイル追加

STEP 2:wav形式を指定します。

「▼」→「音声」→「wav」を順次クリックして、wavファイルを指定します。また、下の検索欄に直接wavを入力して検索してwavが出てきます。

wavファイル形式指定

STEP 3:変換ボタンをクリックして完成。

右の「変換」ボタンをクリックすると、m4aをwavへの変換が開始します。

ヒント:下の高速変換モードのボタンをクリックすると、より早くm4a形式(.m4a)のファイルからwav形式(.wav)のファイル変換できます。また、出力先も指定できます。

m4a変換wav

必要に応じて、wavファイルを出力する前に、簡単にm4aの音声カット、抽出も可能です。

m4a変換編集

そして出力wavファイルのエンコーダ、ビットレートなどのパラメータも設定可能です。

wav設定

まとめ

以上、m4aをwavに変換する方法でした。実際にやってみると、思ったより簡単で素早く変換ができました。また、wavをm4a形式へ逆変換することも可能です。やり方は基本的に以上のステップと同じです。m4aとwavはもちろん、mp3/mp4/wmv/webmなど、1000種類以上の形式に対応しています。動画・音声変換機能のほかに、DVD作成、web動画ダウンロード、画面録画などの機能も充実しています。この一本のソフトで様々な機能を実現でき、大変満足しています。Macユーザーの方は「スーパーメディア変換!(Mac版)」をご利用ください。

マークしてPCで無料体験する :

関連記事

mp3をwavに変換する方法

お使いのmp3音楽をPCのオープンニング音にしてみませんか?その場合、mp3をwavに変換しなければなりませんね~ここで、mp3をwavに変換する方法を分かりやすくご紹介!

24.10.2018 もっと見る

MacでWAV変換方法

Macでwavファイルを読み込みたい際には、どのようにすればいいでしょうか。ここにはMac で音声ファイル(wav)に変換する方法をご紹介します。

24.10.2018 もっと見る

WAVをMP3に変換する方法について

『wav mp3 変換』は音楽ファイルの相互変換(wmaファイルをmp3ファイルへの変換など)がお得意なソフトです。

24.10.2018 もっと見る
Top