【無料】WEBPをJPG、PNGなどに一括変換フリーソフト

Jul 02,2020 11:03 am / カテゴリー:他の動画変換 /

webpはグーグルが開発した新しい画像ファイルフォーマットです。 可逆圧縮されていてPNG画像ファイルよりも26%も小さくなっていて、JPEG画像ファイルよりも25%から34%ほど小さくなっています。
しかも、画質がよく、ネット上の評判はとても良いです。

Webブラウザでサポートされていますが、歴史の浅い画像フォーマットなので、各種グラフィックツールで直接利用できないこともあります。 webpというのはグーグルができるだけファイルサイズを少ないような状態で、データを格納しておくことができます。
webp形式を変換するための公式コマンドラインツール「cwebp」と「dwebp」が存在します。 実行形式のファイルを直接ダウンロードできるだけではなく、macOSやLinuxではパッケージ管理ソフトを利用してインストールすることもできます。

webp変換におすすめのソフト

スーパーメディア変換!というソフトは視覚的な操作で画像ファイル変換をしてくれるソフトです。 変換できる入出力ファイルの種類も豊富です。画像変換だけではなく、動画ダウンロードや画像変換もできるようになっています。 実際に画像ファイルを変換して出力までの流れを紹介します。

簡単にWEBPをJPG/PNGなどに変換できるソフト:スーパーメディア変換!

  • 無劣化で動画・音声形式を変換
  • 4K動画にも対応
  • ほかのコンバーターより30倍の速さ
  • 変換された動画・音楽を再生、スマホへの転送、DVD・CDに書き込むことが可能

スーパーメディア変換!ソフトの起動と画像ファイルの読み込み

まず、変換したい画像ファイルを読み込みます。 起動すると右上の「ツールボックス」をクリックし、使える機能一覧のアイコンが表示されるので、画像変換をクリックして画像変換画面を表示します。 読み込みたい画像ファイルをドラッグして編集画面の中央でドロップすると読み込めます。

画像変換

動画ファイルの変換出力

読み込んだ画像をjpeg、png、bmp、TIFF形式のいずれかに変換出力を右上の出力形式一括指定で選びます。 一括で読み込んだファイルを変換したいときは、全てのファイルを選択状態にするために上部メニューの「すべてを選択」をクリックして全ファイルを選択状態にします。
あとは右下の「変換」をクリックすると変換出力を開始します。 間違って読み込んでしまった場合は、読み込んだファイルのアイコンの上で右クリックをすると、プルダウンメニューが表示されるので、その中の「削除」を選択します。

画像変換

まとめ

webpというサイズが小さくなり画期的なファイルフォーマットであることが分かったのではないでしょうか。
ファイル変換ソフトの中でもおすすめのスーパーメディア変換!ソフトに関する機能紹介とファイルの読み込みから変換出力までの流れを紹介してきましたが、非常に操作が簡単でいろいろな編集を行ってあら変換できる優れものですので、ぜひ一度利用されてみてはどうでしょうか。

渡辺

著者

コメント(0)

関連記事

gif作ってTwitterに投稿しよう!

gif動画を作成すると、Twitterにも簡単にアップロウ度できて、無限再生ができるため、見る人も飽きさせないで視聴できます。

18.03.2020 もっと見る

pngからjpegに変換する無料サイト一覧

pngからjpegに変換する無料サイトのまとめです。

18.03.2020 もっと見る

動画をgifに変換するおすすめのサイト

ツイッターなどのSNSではファイルサイズの制限が厳しくて、ちょっとした動画でもアップロードできないというデメリットがあります。そこで考えられたのが動画をアニメーションgifに変換してファイルサイズを小さくしたものをサイトにアップロードするという方法です。

16.04.2020 もっと見る
ホーム > 製品活用ガイド > 動画・音楽変換 > 他の動画変換 > WEBPをJPG、PNGなどに一括変換フリーソフト
Top