iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

MacにてWMV動画を変換するやり方

WMV動画はマイクロソフト社が開発した動画形式として、windows系のパソコンにて汎用されますが、QuickTimeにて再生できません。Mac(マック)でWMV形式の動画を見たい場合、MOV、或いはMP4に変換する必要があります。それでは、WMVをMacにて見れる動画形式に変換するため、動画変換ソフト「スーパーメディア変換!」をご紹介します。

Wondershare『スーパーメディア変換!(Mac版)は簡単操作により、WMV形式(.wmv)のファイルをMP4形式(.mp4)、 MOV形式(.mov)に変換できます。特に、Macにてwmv動画を編集したい方に、mov形式に変換することをお薦めします。
また、iPhone6s、Androidなどデバイスにwmv動画を入りたい場合、mp4に変換することをおすすめです。

さて、Macにてwmv動画を変換する方法を紹介いたしましょう。

Mac版ダウンロー   win版ダウンロー

『スーパーメディア変換!(Mac版)』の使い方

wmvファイルをMacで見れる動画形式に変換する場合、三つのステップだけで完成できます!

wmv変換 mac

(1)変換したい拡張子wmvをドラッグ・ドロップして読み込みます。

wmvファイル追加

(2)変換したいファイル形式を指定します。

出力形式で「デバイス」や「編集する」や「HD&3D」や「Webで共有する」や「ビデオ」や「音声」など選択可能です。
ここでは、Macで絶対見れる形式movに指定しましょう!

出力形式を選択

(3)「変換」ボタンを押すと変換が始まります。

右下の「変換」ボタンをクリックして、MACでWMV動画からmov動画への変換開始します。

macでwmv変換mov

変換が完了したら、

「出力を開く」を押すと、変換したファイルが表示されます。

変換完了

また、Mac(OS X El Capitan含め)にて他の動画形式に変換したい場合も『スーパーメディア変換!(Mac版)』が役に立ちます。

ヒント:詳細設定と編集

下記の画面ご覧ください。

①.詳細設定。ビデオと音声など詳細設定することができます。

②.編集ボタンをクリックして、編集画面になります。

詳細設定と編集

編集画面で「クロップ」調整や、透かし追加や字幕など機能を搭載します。

使いやすいソフトで、試しましょう。

クロップ

「効果」画面で、多彩エフェクトを搭載します。「四季」や「古い映画」や「雪」などエフェクトを利用して、編集作業もらくらく!

効果画面

WMVとは

WMV形式(.wmv)とは、Microsoftが開発した映像圧縮符号化方式(コーデック)の名称であり、 WMV形式によって圧縮変換された音楽ファイルには”.wmv”の拡張子が付いています。Windows標準のメディアプレーヤーである「Windows Media Player」が標準でサポートしている形式の一つです。

Mac(マック)でWMV形式の動画を再生する方法

「Mac(マック)を使っているのですが”.wmv”という拡張子が再生できません。どうすれば再生できるようになりますか?」

Mac(マック)では動画は基本的にQuickTime Playerで観ることになりますが、WindowsではWindows Media Player(ウィンドウズメディアプレイヤー)で動画を観ることになります。Mac(マック)のQuickTime PlayerではデフォルトのままだとWMV形式(.wmv)の動画が見れませんが 『Flip4Mac』というソフトをインストールするとWMV形式(.wmv)の動画も再生できます。 また、動画の再生機能を持っているVLC 、iSquint、GOM player 、k-lite code pack も利用できます。

Mac版ダウンロー   win版ダウンロー
マークしてPCで無料体験する :

 

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。>>

サイトマップ

Top