iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

汎用性大のAVI動画をクロップしましょう

AVIフォーマットは元来、アップルのQuick timeに対抗するために開発されたものだけに、 一部の古いコーデックではWindows Media Player で再生可能となっています。

では現在どうかというと、AVI 自体はコンテナと化して、各MPEGデータやFLV、H.264、MP3などのコーデックでエンコードされたデータを格納しています。再生には、そのデータに適したコーデックでないと再生できない事態になりかねませんが、そこも今は、一括でフルセットのコーデックをダウンロードできるようになったので、扱いが楽になってきました。

そのため、一般に動画データとして目に触れるのはデジタルビデオカメラで撮影された映像の場合が多いと思います。

そうなると、家庭旅行の映像や業務上記録動画を撮影し、それを報告用に加工したり紙の資料に落とし込む元データにしますと、AVI データの使途は公私ともに幅広くありますね。そんな時に、手軽にそれなりの機能があって使いやすいソフトとしてお勧めできるのがWondershare「動画編集 プロ」です。

win版ダウンロー Mac版ダウンロード

マークしてPCで無料体験する :

動画編集 プロで「クロップ」する手順

このソフトは、取り込める素材データのフォーマットとして、AVI フォーマットはもとより、AVCHDカメラやHDV/HDカメラで撮影したデータやiPhoneやアンドロイドスマートフォン、デジタルカメラなどからのファイルも簡単に取り込めるんです。取り込んだあとの編集も、タイムラインとストーリーボードを軸に、直感的な操作で簡単に行えます。

撮影された動画には、そのままの映像を単に繋げて効果をつけて出来上がり、なんてことはなく、周囲の写り込みを消したり、特定の所だけをクローズアップした映像にしたりと、メリハリある仕上がりにしたいですね。そのための操作として「トリミング」もしくは「クロップ」を行うのですが、次の手順で作業を行います。

1.素材となるデータを取り込みます。

素材となるAVIフォーマットのデータを、ドラッグアンドドロップでメディアライブラリー(画面左上)にもっていくだけで取り込んでくれます。事前の難しいデータ変換など不要です。

動画クロップ

2.メディアライブラリーからタイムライン(画面下)にドラッグアンドドロップします。

動画クロップ

3.タイムライン上で、クロップしたい動画データを選択(ハイライト)し、鋏マークをクリックするか、右クリックして「クロップ」を選択します。

動画クロップ

4.レイアウト枠が現れますので、それを画面上で必要な個所のみを囲うようにサイズを調整します。この時に、最終的に出来上がる動画データのアスペクト比を考慮しておいてください。

動画クロップ

5.プレビューして問題なければクロップ作業完了です。

このように、データの取り込みからクロップ作業、プレビューと、一連のこの作業が数回のクリックで簡単に出来上がります。

最終的にAVI形式の動画データとして保存・出力していくわけですが、画面右下にある「作成」をクリックして出力のための画面に移動し、AVI形式を選択し、ファイルの名前と保存先を設定し、解像度を必要に合わせて「詳細設定」から調整します。さらに、保存したAVIフォーマットの動画をiPhone、iPad等のデバイスに取り込んだり、YouTubeやFacebookで直接公開することができます。

ヒント:メニューには「形式」「デバイス」「YouTube」、「Facebook」、「Video」、「DVD」があり、AVI形式で出力するには、「形式」を選択して、AVIの選択、ファイル名、保存場所の指定と進みます。

動画クロップ

すべて、画面を見るだけで自分がしたいこと、すべき操作が見えるので、とても簡単です。

 

win版ダウンロー Mac版ダウンロード


ホーム > 製品活用ガイド > 動画や音声の加工編集 > 動画エフェクト・加工 > 汎用性大のAVI動画をクロップしましょう

サイトマップ

Top