iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

MOV動画を圧縮する方法紹介

動画の圧縮と言うと、人によってはzipやrarなどの圧縮ファイルへの変換を思い浮かべるかもしれません。 しかし動画ファイルというものは、たとえ圧縮ファイルに変換したとしても、思ったよりファイルサイズを小さくできないものです。 そのため動画のファイルサイズを小さくしたい場合は、動画変換ソフトや編集ソフトを使って動画形式に手を加えるのが一般的です。 とは言え動画の形式は数多くありますので、それぞれ適した圧縮方法というものが存在します。

今回はその中からMOVファイルの圧縮方法を説明したいと思います。 ちなみにMOVファイルとは、Apple社のQuickTimeで扱われるメディア形式のため、Windows標準搭載のメディアプレイヤーでは再生ができないファイルです。 しかしウェブ上の動画配信などでよく利用されている形式でもありますので、使う機会は意外と多いです。(Youtubeの動画投稿にも対応しています) もちろんiPhoneやiPadでも再生可能な形式ですので、MOVファイルの容量を小さく抑えてiPhoneに保存することで、外出先などで沢山のMOV動画を視聴することができるようにもなります。 また併せてMOVファイルから他の動画形式へ変換する方法も紹介しますので、MOVに非対応なデバイスやソフトで圧縮した動画を再生したいという人も参考にしてみてください。

■MOVファイルの圧縮に最適なソフト「スーパーメディア変換!

・シンプルなインターフェイスと簡単な操作性で、品質を損なうことなくMOVファイルを圧縮できる
・解像度、ビットレート、フレームレートなどの出力設定を自由にカスタマイズ可能
・必要に応じて他の様々なファイル形式にも変換可能
・動画の分割、結合、回転、ズーム、シーン切り抜き、ファイルの結合など、動画編集機能も充実
・他の動画変換ソフトと比べて変換速度が速い

■MOV(QuickTime)ファイルの圧縮方法

1.スーパーメディア変換!を起動し、左上の「メディア」からか、もしくはドラッグ&ドロップで圧縮したいMOV動画を読み込みます。

メディア追加


2.「変換」タブの動画一覧の右側にある「編集」ボタンを押し、編集画面の「トリム」→「トリムを追加」にて不要シーンをカットします。

編集


トリム


3.画面右側の「出力形式」にて、「フォーマット」→「ビデオ」→「MOV」と選択します。

MOV


※MOV動画から別の形式の動画に変換・圧縮したい場合は、お好みで任意のフォーマットを選択してください。 例えば、「フォーマット」→「ビデオ」→「MP4」と選択すれば汎用的なMP4形式の動画に変換できます。

4.画面右下の「詳細設定」にて、ビデオの「エンコーダー」「解像度」「フレームレート」「ビットレート」、音声の「サンプルレート」「ビットレート」などを設定します。

詳細設定


詳細設定


※動画を圧縮するためには、元動画よりも低い数値の設定にする必要がありますが、あまり低い設定にすると視聴に耐えられない画質になってしまいますので、容量と画質のバランスを見ながら調整しましょう。

5.「変換」タブの動画一覧でソースファイルと変換後ファイルのサイズを比較し、良さそうなら画面右下の「変換」ボタンで圧縮を実行します。

変換

※動画一覧に表示される変換後ファイルのサイズはあくまで目安ですので、実際に変換した後でファイルサイズを確認しましょう。

ホーム > 製品活用ガイド > topic > 動画・音楽変換 > MOV動画を圧縮する方法紹介

サイトマップ

Top