iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

高速にMP4を動画圧縮する方法

Youtubeなどの動画投稿サイトや、多くのデバイスやソフトが対応している動画形式ファイルとして、MP4ビデオがあります。 MP4は非常に使いやすいファイル形式であり、高画質な上ファイルサイズも比較的抑えることが可能です。 しかしMP4が主流になって多くの人がこの形式を使用しているからこそ、動画や作成者によってはとても大きなファイルサイズとなってしっまう場合もあります。 ファイルサイズの大きなMP4動画を取り扱うと、パソコンの動作が不安定で重くなりますし、ハードディスクの保存領域も占領してしまいます。 外出時にスマートフォンなどの携帯端末でMP4動画を視聴する場合にも、容量が大きいと不便です。 動画投稿や知人に動画を送ろうなどと考えている場合も、投稿や添付にはファイルサイズの制限があるため、サイズの大きい動画だと引っかかる可能性もあります。 このように、MP4動画のファイルサイズの大きさは様々な面で影響を及ぼしますので、できる限り圧縮して小さく収めたいものです。 そこで今回は、Wondershareの「スーパーメディア変換!」を使用したMP4動画の圧縮方法をご紹介します。

■MP4動画の圧縮に最適なソフト「 スーパーメディア変換!」の特徴

1.自由に出力設定できます

解像度、ビットレート、フレームレートなどの出力設定を自由にカスタマイズ可能

2.動画編集機能も充実

動画の分割、結合、回転、ズーム、シーン切り抜き、ファイルの結合など、動画編集機能も充実

3.分かりやすい操作性

分かりやすいインターフェイスと簡単な操作で、品質を損なうことなくMP4動画を圧縮できます。

4.高速で圧縮可能

他の動画圧縮ソフトと比べて変換速度が高速

■MP4動画の圧縮方法

1.スーパーメディア変換!を起動し、左上の「メディア」から、もしくはドラッグ&ドロップで圧縮したいMP4動画を読み込みます。

メディア追加

2.「変換」タブの動画一覧の右側にある「編集」ボタンを押し、編集画面の「トリム」→「トリムを追加」にて不要シーンをカットします。

編集

トリム

3.画面右下の「詳細設定」にて、ビデオの「エンコーダー」「解像度」「フレームレート」「ビットレート」、音声の「サンプルレート」「ビットレート」などを設定します。

詳細設定

詳細設定

※動画を圧縮するためには、元動画よりも低い数値の設定にする必要がありますが、あまり低い設定にすると視聴に耐えられない画質になってしまいますので、容量と画質のバランスを見ながら調整しましょう。

4.「変換」タブの動画一覧でソースファイルと変換後ファイルのサイズを比較し、良さそうなら画面右下の「変換」ボタンで圧縮を実行します。 ※変換後のファイルサイズはあくまで目安ですので、実際に変換した後でファイルサイズを確認することを忘れないでください。

編集

サイトマップ

Top